Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

インドネシア:ついに10万台達成! 寄贈先は5年間で30カ国、131団体・機関に

写真_インドネシア寄贈式典.jpg

2018年1月30日(火)、パナソニックはインドネシアにソーラーランタン5,004台を寄贈しました。これにより、累計寄贈台数は102,716台に到達し、2013年からスタートしたプロジェクトの目標を達成しました。

2013年2月にスタートした本プロジェクトは、パナソニックの創業100周年にあたる2018年までに合計10万台のソーラーランタンを無電化地域に届けることで、各国・地域における社会課題の解決に寄与できるよう活動してきました。今回の5004台のインドネシアへの寄贈により、5年間の累計寄贈台数は102,716台、寄贈先は、合計30ヶ国、131団体・機関となりました。

ジャカルタで開催された式典には、 インドネシア政府、在インドネシア日本大使館の方など約80名が出席し、10万台の寄贈達成への祝辞が寄せられるとともに、依然多くの課題が存在する無電化地域の暮らし改善に対するパナソニックのさらなる貢献への期待が述べられました。

パナソニックでは、今後も引き続き無電化の地域に暮らす人々に明かりを届ける活動を継続します。これまで本プロジェクトでは、国内のパナソニック社員が社内福祉制度を通じた寄付により寄贈活動に参加してきましたが、これに加えて、2018年4月より新たにクラウドファンディングでの運用をスタートします。Webを通じてグローバルに誰でも参加でき、小額から手軽に寄付することができる仕組みを取り入れることで、一般の方にも参加いただき、活動の輪をさらに広げてまいります。

本プロジェクトのこれまでの軌跡をまとめた特設サイトと映像を,ぜひご覧ください。

特設サイト: http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/trajectory


KWNグローバルサミット2017を日本で開催 グランプリ2作品を発表

ブログ用ロゴ.png




図1.jpg

8月2日(水)~4日(金)の3日間、パナソニックセンター東京をメイン会場とし、KWNグローバルサミット2017が行われました。グローバルサミットの様子をご紹介します。
KWNグローバルサミット2017とは、18カ国から集まった約50名(26学校を8グループに編成)のキッズジャーナリスト達が、「食・衛生」「スポーツ」「環境」「伝統と革新」「多様性理解」「クールジャパン」「異文化の理解」「環境」「都市開発」といったテーマで、日本での社会体験を行います。その後、グループ討議を経て「未来社会への提言」という形で発表会を行います。共生社会の実現に向け、子ども達の社会性向上を目指す次世代育成のプログラムです。

今回のサミットに参加したのは、以下の国々の子ども達です。
小学生:インドネシア、カナダ、タイ、タンザニア、中国、ドイツ、日本、ベトナム、香港、マレーシア
中高校生:アメリカ、インドネシア、オーストリア、オマーン、スロバキア、タイ、タンザニア、チェコ、ドイツ、日本、パナマ、ブラジル、ベトナム、マレーシア、UAE

図2.png

◆8月2日(水)フィールドワーク/「日本の社会体験」
時間:13:00〜17:00 場所:パナソニックセンター東京を出発し、各コースへ
8グループに分かれたキッズジャーナリスト達が、日本(東京)の街を取材(社会体験)しました。
■「食・衛生」:築地料亭(日本のMottainaiの精神)、ごみ処理場
■「スポーツ」:有明(東京2020参画プログラム、ボッチャ体験)、スポーツVR体験
■「環境」「都市開発」:日本橋、下水処理場
■「伝統と革新」「異文化理解」:有明 日本科学未来館、浅草(外国人浮世絵師)
■「多様性理解」:渋谷、原宿、明治神宮
■「クールジャパン」:有明 日本科学未来館、秋葉原、東京(新幹線)

図3.png

◆8月3日(木)/グループ討議
時間:9:00〜14:00 場所:パナソニックセンター東京
フィールドワークで取材した内容を基に、世界の未来社会への提言を共有し、キッズジャーナリスト達の間でディスカッションを行いました。ここで討議し、まとまった内容・メッセージ・成果物を8月4日に発表します。
ディスカッション後には、東京スカイツリーを社会科見学しました。

図4.png

◆8月4日(金)/子ども達による「未来社会への提言」発表会/KWN表彰式
時間:10:00〜11:00 場所:パナソニックセンター東京
より良い未来社会について2日間でまとめた提言を8グループ全てが発表しました。
発表会には、国際連合、2020大会組織委員会、教育関係者などに出席いただき、子ども達による提言について講評を頂戴しました。

サミットのプログラム終了後、KWN受賞作品の発表、表彰式が行われました。

図5.png

小学生部門のグランプリは北京カイデン・ワンチュエン小学校(中国)
作品名「One day of Beijing Kids」

図6.png

中学生・高校生部門のグランプリは福島県立磐城高等学校(日本)
作品名「Open.」

図7.png

表彰式の最後には全員で記念撮影を行いました。

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

【フィリピン】ソーラーランタンをフィリピンで活動する14団体へ寄贈

ソーラーランタン10万台プロジェクトの一環として、2017年2月14日、フィリピンで活動する14団体に、合計3900台のソーラーランタンを寄贈しました。

同国への寄贈は今回で4回目となり、累計での寄贈台数は9714台となりました。

寄贈式典後には、現地で活動する団体の皆様と現在の社会課題などについて情報交換ができ、今後の活動の参考にしてまいります。

日本:NPOサポートファンド for アフリカ「2016年成果報告会、広報に関する勉強会」開催