Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 デザインの力による伝統産業の振興

英語ブログ

日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 デザインの力による伝統産業の振興

Social Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像1.JPG

3月7日(水)、大阪京橋のパナソニックタワーにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。
関西地区で働く社員を中心に、地方の文化や伝統産業などの社会課題に興味がある方々52名が集まりました。

日 時:2018年3月7日(水)
場 所:パナソニックタワー内 会議室
参加者:52名
講 師:株式会社和える 代表取締役 矢島 里佳 氏

株式会社和える 代表取締役 矢島 里佳氏.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、日本の伝統や先人の智慧を私たちの暮らしの中で活かし、次世代につなぐことを目指して、日本の伝統産業の技術を用いた赤ちゃん・子供向けの商品の企画・開発・販売に取り組んでおられる(株)和えるの矢島さんをお招きしました。矢島さんからは、働くうえで大切にされている「三方良し」の精神についての考えや、社会の中での文化が果たす役割などをお話頂きました。また、企業を「息子」、従業員を「お兄さん、お姉さん」など家族に例えて呼んでおられたり、小売業でありながらも「モノ」を売るのではなく「伝統を伝える」ことを重視されており、その結果モノを買って頂けているという考え方などが特に印象的でした。

Social Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像4.jpgSocial Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像3.jpg参加者からは、「社会課題解決型ビジネスの作り込みや考え方に感動した」、「文化的貧困を解決したいと思うようになった」、「地元の伝統工芸品に目を向けてみようと思った」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。


ページの先頭へ