Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

KWNワークショップレポート 2017~富良野市立富良野西中学校~

ブログ用ロゴ.png





図1.jpg

1015() 富良野西中学校にてKWN 映像制作ワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:10月15日(土) 9:00~12:00
場 所:北海道富良野市立富良野西中学校
参加者:同校10名
指導者:梅木先生

今回は、北海道富良野市立富良野西中学校にて、KWN映像制作ワークショップを実施しました。ワークショップには、同校の生徒会に所属する中学1、2年生の生徒10名が参加してくださいました。

初めに、KWN講師より自己紹介と今回のワークショップの流れをお話いただき、ワークショップがスタートしました。生徒たちが、一度も撮影機材に触れたことがなかったため、基礎の座学からスタートしました。座学では、シナリオや構成づくりの基礎、撮影スタッフの役割、専門用語について詳しく学びました。その後、実際にカメラ(DVX200)を出し、三脚の立て方やセッティングの仕方を学びました。初めて見るカメラに生徒たちは盛り上がっていました。楽しそうな雰囲気のなか、ディレクターや音声、カチンコなど、役割を決めてデモンストレーションを行いました。

図2.png

残りの時間を使い、カットバック方式での30秒の映像づくりにチャレンジしました。生徒会長の進行のもと、生徒たちは話し合いを行いながら、ストーリーを考え、撮影する映像のアイディアを出し合っていきました。全体の構成が決まり、撮影に入ると、チームワーク発揮されて撮影はとてもスムーズに進みました。

図3.png

講師が編集作業を行う合間に、事務局よりKWNの様々なプログラムの紹介を行いました。STD2020参加校が制作した映像などもご覧いただきました。
編集が終わり、完成した30秒の映像を上映すると、先生や生徒たちからは拍手と歓声があがりました。
ワークショップで学んだことを活かして制作に取り組んでみてくださいね。

作品の完成を楽しみにお待ちしております!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

KWNワークショップレポート2017 ~東京都立立川ろう学校 第3回~

ブログ用ロゴ.png




図1.jpg

1016() 東京都立立川ろう学校にてKWN 映像制作ワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:10月16日(月) 10:55~12:40
場 所:東京都立立川ろう学校
参加者:同校5名
指導者:長南先生

今回は、東京都立立川ろう学校にて、KWN映像制作ワークショップの第3回目を実施しました。ワークショップには、同校の高校3年生の生徒5名が参加してくださいました。
今回も担任の長南先生に同時通訳(手話)をしていだきつつ、ワークショップを進めていきました。
まずは、前回までのワークショップで進めていたコンテストのシナリオについて、修正案の内容の精査を行いました。その後、撮影体験として、カットバック方式での30秒の映像づくりにチャレンジしました。制作にあたり、カットバック方式でのサンプル映像の他、他校がワークショップで作成した映像を視聴しました。
撮影する映像のお題は、コンテスト作品の予告編となるような映像です。
生徒達は突然出されたお題に戸惑いながらも、すぐにミーティングを行い、イメージされる撮影シーンについて話し合い、内容を固めていきました。

図2.jpg

撮影中、同じシーンの寄りと引きの画をおさえたり、その都度、講師からカメラマンの生徒へのアドバイスがおこなわれました。生徒達は、互いに手話で連携を取りながら、スムーズに撮影を行い、想定していた時間よりも早い時間で撮影を終えることができました。

図3.jpg

講師が編集作業を行う合間に、事務局よりKWNの様々なプログラムの紹介を行いました。STD2020の参加校の制作した映像などもご覧いただきました。生徒たちは、他校の作品の出来栄えにとても驚いた様子でした。講師の編集が終わり、完成した30秒の映像を上映しました。ワークショップ全体を通し、みなさん照れながらも、楽しそうに取り組んでいたのがとても印象的でした。最後に、撮影本番に向けてのシナリオの修正を講師のアドバイスのもと確認し、この日のワークショップは終了となりました。


《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

KWNワークショップレポート2017 ~札幌市立陵北中学校~

ブログ用ロゴ.png





図1.jpg

1014() 札幌市立陵北中学校にてKWN 映像制作ワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:10月14日(土) 10:00~16:00
場 所:札幌市立陵北中学校
参加者:同校6名
指導者:平塚先生

今回は、北海道札幌市立陵北中学校にて、KWN映像制作ワークショップを実施しました。ワークショップには、同校の中学12年生の生徒6名が参加してくださいました。
初めに、KWN講師より自己紹介と今回のワークショップの流れをお話いただき、ワークショップがスタートしました。
午前中の部では、シナリオや構成づくりの基礎を学ぶ座学を行いました。
座学の内容は、「起承転結」や「5W1H」について、中でも、Why(なぜ)の重要性について詳しく説明がありました。座学後、昨年度の提出作品を見直し、具体的な改善点について講師より指導がありました。

図2.png

午後の部では、撮影技術編としてカットバック方式での30秒の映像づくりにチャレンジしました。
生徒たちは、その場で話し合いを行い、ストーリーを考え、撮影する映像のシーンを決めていきました。
はじめは、役者を担当する生徒の照れなどもあり、なかなかスムーズに進みませんでしたが、1カット撮影が終わると、そこから一気に撮影は進み、時間内に撮影を終えることが出来ました。

図3.png

講師が編集作業を行う合間に、事務局よりKWNの様々なプログラムの紹介を行いました。STD2020の参加校の制作した映像などもご覧いただきました。
編集が終わり、完成した30秒の映像を上映しました。映像の出来栄えに、生徒たちはとても満足そうな様子でした。
最後に、ワークショップ全体での質疑応答を行い、ワークショップは終了となりました。

みなさんお疲れ様でした!作品の完成を楽しみにお待ちしております。


《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

KWNワークショップレポート2017 ~エスコーラ・オプション~

ブログ用ロゴ.png






図1.png

10/11(水)茨城県常総市のエスコーラ・オプションにて、KWN 映像制作ワークショップを実施しました。
当日の様子をご紹介します。


日 時:10/11(水) 10:30~13:30
場 所:茨城県常総市 エスコーラ・オプション
参加者:同校の生徒15名

今回のワークショップには、エスコーラ・オプション(在日ブラジル人学校)の生徒中学生・高校生合わせて15名が参加してくださいました。
ワークショップは、撮影する映像のテーマの話合い、使用する機材(AG-DVX200)の説明が中心となりました。
撮影テーマを決めるにあたり、今年度参加している他校を例に挙げ、自分達は何を撮りたいのかを話し合いました。話し合いのなかで、講師から「日系ブラジル人だからと、それにまつわる内容を撮る必要はない。撮りたいものを作るべき」ということを伝えられると、様々な意見が飛び交い、コメディーを撮ることになりました。

図2.png

機材の説明時には、昨年のコンテストに参加していなかった生徒たちが機材のカメラにとても興奮している様子でした。カメラの取り合いになる場面もありました。
操作方法を講師が詳しくレクチャーしていき、生徒たちも実際に機材を操作しました。

図3.png

また、ワークショップ中、一部の生徒たちが騒ぎ出すと、それを大きな声で注意する生徒や、カメラマンをやりたい!と立候補する生徒がいたりと、映像制作への生徒達のやる気を感じることができました。ワークショップの最後には、出演する主役なども決定し、早速テスト撮影を行っていました。

今後も制作のフォローをすることを約束し、ワークショップは終了となりました。

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

KWNワークショップレポート2017 ~東京都立立川ろう学校 第2回~

ブログ用ロゴ.png

図1.png

9/25(月)東京都立川市の立川市立ろう学校にて、KWN 映像制作ワークショップ(2回目)実施しました。当日の様子をご紹介します。

日 時:9/25(月) 10:55~12:40
場 所:東京都立立川ろう学校
参加者:同校 生徒5名(高校3年)
指導者:長南先生、斎藤先生

2回目となるKWN映像制作ワークショップに、立川ろう学校の高校3年生5名が参加してくださいました。
今回も、担任の長南先生、斎藤先生に同時通訳をしていだきつつ、ワークショップを進めていきました。

図2.png

ワークショップ前半は、事前に送っていただいた生徒達の作成した脚本の精査作業を行いました。
講師は、脚本を一行一行読み上げて、おかしなところ、不自然なところを指摘し、なぜこう書いたのか、指摘されてどう思うかなど、意見を交わしました。
ハッキリとダメな箇所を指摘しましたが、担任の長南先生は「ろうあ者は圧倒的に入ってくる情報が少なく、知識があまりないので、今回指摘されていい機会になった」とおっしゃっていました。

図3.png

ワークショップ後半は、撮影の基礎講座を予定していましたが、生徒から脚本の組立て方をもっと学びたいと要望があったため、スライドを交えながら詳しくレクチャーを行いました。
また、講師は、会話に頼り切っていた生徒たちの脚本を考慮し、カット割りだけでも状況説明、ストーリーの流れを表現できるとアドバイスを行いました。

次回のワークショップでは、完成予定の脚本の精査、撮影の基礎講座、撮影技術の指導などを予定しています。

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2017年10月 アーカイブ