Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~燕市教育委員会~

英語ブログ

日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~燕市教育委員会~

ブログ用ロゴ.png





図1.png

88日(火)新潟県燕市にて、KWNワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:8/8(火) 9:30~15:00
参加者:新潟県 燕市の学校から集まった小学6年生 計16名
場 所:燕市教育委員会「長善館学習塾」
講 師:今井雅彦さん

今回は、新潟県燕市の燕市教育委員会「長善館学習塾」でKWN映像制作ワークショップを実施しました。燕市教育委員会は、毎年KWN日本コンテストに参加してくださっています。
今回のワークショップに参加してくれたのは、燕市の学校から集まった小学6年生16名です。

まずは、KWN講師の今井先生より自己紹介と今回のワークショップの流れを説明させていただきました。
そして、いよいよワークショップのスタートです。
今回は全員が映像制作未経験ということで、映像制作の基本から学んでいきます。
はじめに今井先生から座学にて映像とはシーンの積み重ねで出来ているということの説明がありました。そして、シナリオの作り方の説明に移りました。シナリオ、ストーリーを考える時に「なぜ」が最も大切だという話になりました。
児童たちは集中し講師の話を聞いてくれました。


図2.png

また、講師からはストーリーのテーマを選ぶ時には広くなりすぎず、具体的に絞り込むことが大切ということ、ストーリーを考えるときには「起承転結」が大切というアドバイスがありました。
座学後、燕市役所を「起承転結」の4コマで表現しよう!ということで、さっそくストーリー作りを始めました。
今回は16人をA班、B班の2チームに分け、一つの映像作りに挑戦しました。
学んだことを思い出しながら、1コマ1コマを「起承転結」に当てはめストーリーを考える児童たち。ストーリーが出来上がったら、班にわかれて撮影を開始しました。
市役所のいいところを燕市民の方にインタビューしていました。こちらの取材交渉も、児童自ら行いましたよ。インタビュー緊張したでしょうか?

図3.png

撮影後、今井先生がワークショップ時間内に編集した映像をみんなで視聴しました。短時間で映像を作り上げる難しさ、楽しさを実感できたのではないでしょうか。

最後に全員で記念撮影をし、今回のワークショップは終了となりました。
今回のワークショップで学んだことを活かし、作品を作ってみてくださいね。
KWN日本コンテストへの応募作品の出来上がりがとても楽しみです!


《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ