Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:第36回 Panasonic杯 「ちびっ子サッカー大会」 を開催を開催~コネクティッドソリューションズ社仙台工場~

キッズスクールロゴ.jpg

04.png

7月8日(土)・15日(土)の2週間にわたり、宮城県名取市にあるCNS社仙台工場グランドにて、地元の小学生を対象とした「第36回 ちびっ子サッカー大会」を開催しました。

仙台工場は1974年4月に設立し、1982年に第1回ちびっ子サッカー大会を始めて以来、サッカーを通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、名取市教育委員会や名取市サッカー協会のご支援をいただき、PCNS労働組合東北支部、仙台工場、仙台工場サッカー部が一体となり運営しています。

今回は高学年14チーム・低学年14チーム・計28チームで、選手300名とそのご父兄含め地域の方々約1,000名以上の方々が参加されました。

梅雨の真っただ中、大会前にサッカー部は雨の合間でのグランド整備を行っていたが、大会当日の2日間は快晴。太陽が照りつけ、非常に暑い中、子供達は元気にプレー、雨は降ることなく、準決勝・決勝が実施出来ました。

02.png

03.png

大会中は子供達の元気な声に加え、チームお揃いのTシャツを着用したお母様方の歓声や指導される声が大きく響き渡っていたのがとても印象的だった。

子供達は優勝を目指し、日頃の練習の成果を大いに発揮し、声を出し合い、一生懸命にボールを追い掛けていた。
今年はPK戦になるなど、熱戦が続いた。

04.png

結果
・高学年の部  優勝  ゆりが丘FC スポーツ少年団

07.png

・低学年の部  優勝  増田サッカースポーツ少年団

08.png表彰式では金・銀・銅メダルを授与され、嬉しそうな表情の子供達。

閉会式が終わると、突然、名取市サッカー協会 大久理事長がマイクを使い、サッカー部・事務局を前に並ばせ、「大会を開催してくれた仙台工場サッカー部、事務局の皆様に感謝をします」とお話をされ、選手を代表し、高学年優勝チームのゆりが丘FCスポーツ少年団 主将 佐々木颯汰君が御礼の言葉を語ってくれた。

仙台工場サッカー部・事務局とも、子供達が怪我なく無事に大会を終えたことに安堵している中、突然の出来事に感動をし、引き続き、地域との交流を深め、少しでも地域復興に役立つ様、地域社会貢献活動を行っていこうと思った。

日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~東京都立立川ろう学~

ブログ用ロゴ.png






図1.png

7/3(月)東京都 立川ろう学校にて、KWNワークショップを実施しました。
当日の様子をご紹介します。

日 時:7/3(月) 10:55~12:40
参加者:東京都立 立川ろう学校 高校3年生5名
場 所:同学校
指導者:長南先生、斎藤先生

今回は、東京都の東京都立 立川ろう学校でKWN映像制作ワークショップを実施しました。参加してくれたのは、立川ろう学校の生徒さん5名です。
ろう学校は、聴覚に障害があるお子さんのための学校です。立川ろう学校には幼稚部・小学部、中学部高等部普通科・高等部専攻科が設置されており、とても緑豊かな学校でした。

図2.png

今回のワークショップでは、主に映像の構成、シナリオについてKWN講師よりレクチャーしていただきました。
ワークショップの内容を担任の長南先生、斎藤先生に同時通訳をしていだきつつ、
KWN講師はスケッチブックに文字を書き、生徒たちに見せながらワークショップを進めていきました。

図3.png

みなさん集中して頷きながら、KWN講師の話を追っていました。
途中、生徒同士手話で意見交換する場面もあり、とても活気あるワークショップとなりました。
また、生徒たちが以前制作した学園祭用のホラー短編映像をみせていただきました。
そちらの映像のクオリティーにKWN講師も驚いていましたよ。
これから制作するコンテスト作品の完成がとても楽しみですね!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール




ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2017年7月 アーカイブ