Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~森村学園初等部~

ブログ用ロゴ.png






001.png

6/23)神奈川県 森村学園初等部にて、KWNワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

002.png日 時:6/23(金) 08:50~12:00
参加者:森村学園初等部 6年菊組 40名
場 所:同学校 6年菊組教室
指導者:榎本先生
特別講師:東京藝術大学 大学院教授 伊藤 有壱氏

<プロフィール>
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、日本アニメーション協会理事、東京藝術大学 大学院映像研究科アニメーション専攻教授、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授、クレイアニメーター、CMディレクターとしても活躍。
伊藤有壱先生の公式ホームページ

今回は、KWN日本・グローバルコンテストの審査委員でありクレイアニメーター、CMディレクターとしてもご活躍されている東京藝術大学 大学院教授 伊藤 有壱氏をお招きし神奈川県の森村学園初等部クレイアニメーションのワークショップを実施しました。参加してくれたのは森村学園初等部菊組の児童40です

003.png

初めに、事務局よりKWN日本コンテストついての説明、伊藤先生の紹介が行われました。その後、 「アニメーションの世界と、その魅力」と題したパワーポイントにより座学が行われました。伊藤先生がこれまで携わった作品の紹介や制作過程など、貴重なお話をお聞きすることができました!
制作にかかった時間を聞いて菊組の皆さんは「え~!」と驚いていました。

004.png

休憩を挟み、いよいよ児童たちが実際にクレイアニメーションを作成するワークショップが始まりました。
作成するクレイアニメーションのテーマは、 KWN日本コンテストの作品で取り組んでいるコミュニケーション・スポーツ・環境の3つから一つを選びます。選んだテーマから発想した5文字の言葉へモチーフをメタモルフォーゼしていきます。菊組さんは40名のため、まず5名1グループになってもらい、どんな5文字の言葉にするか話し合いでアイディアを出してもらいました。その後、1人1つ好きなモチーフ(りんごやイヌなど)を作成してもらいました。

005.png

モチーフ作り、皆さん熱中していましたよ!次に作成したモチーフを2台の撮影セットの上へ配置していきます。ウェブカメラで俯瞰撮影を行うので、セットにぶつからないように慎重に並べる児童たちは真剣そのものでした。配置したモチーフを10回の撮影で文字へメタモルフォーゼさせていきます。撮り直しができないため、上手くできるかドキドキしましたね!

006.png

完成したアニメーションをクラス全員で鑑賞し、児童から伊藤先生への質問が行われ、今回のワークショップは終了となりました終了後、なんと生徒さんからスタッフへ歌と映像のプレゼントをいただきました!
すてきな歌声をありがとうございます!!
最後に伊藤先生からポストカードのプレゼントがありました。
今回作成した2グループの作品は下記よりご覧いただけます。

                      ABCD班     EFGH班

~ワークショップを終えて~

【伊藤有壱先生の感想】
6年菊組40名からは、KWNに複数回応募している経験からくる自信と積極性が感じられ、講義・上映・体験ワークショップの3要素を、集中を途切らせることなく楽しみながら体得してゆく手応えが感じられました。授業時間内で10回動かすのにグループ毎のローテーションに苦労しましたが、みな指示に従って見応えある画面が完成しました。
終了後、学生達によるムービー上映と合唱による「御礼」パフォーマンスがあり、今まで作った作品ダイジェスト映像からは、身につけてゆく技術の進化と、子供達自身の成長に驚きと感銘を受けました。学校のご理解と、指導された榎本先生のご尽力、お人柄にも感謝したいです。
彼らの、映像を自分の言語として発信してゆく未来に大いに期待しています。

【サポートスタッフの感想】
夢中になって造形したり、撮影している様子をみてこちらも完成をわくわくしながらサポートしていました。
皆さんの勢いとパワーに負けないように、撮影の時に声かけをしながらフォローすることを心がけていました。
最後に歌のプレゼントまで用意していただきありがとうございました。これからの作品制作応援しています!

【榎本先生の感想】
今回のワークショップでは「伝えたい事を具体的なイメージにして映像化する」という明快なテーマを持って伊藤先生がお話しをして下さったおかげで、六年生の子ども達にも自分たちの作品にフィードバック出来るような素晴らしい経験をさせてあげることが出来ました。また、一コマにかける伊藤先生とスタッフの方々の情熱が子ども達の作品製作に対するモチベーションアップにも繋がったようです。本当に貴重な機会を与えて頂き、有り難うございました。

【参加した男子児童の感想】
伊藤先生の授業で、ぼくは一ヶ所一ヶ所丁寧に心を込めて作る大切さを教わりました。また、伊藤先生の作品の奥深さにも気づきました。例えば「ハーバーテイル」という作品では謎の形をした生き物が泡のようなものを吸い込むシーンがあります。目にも見えないような小さな古い建物などを吸い込んで文明が発達していくことを映像にしているシーンです。観ていても気づかないような部分までこだわっていることに、ぼくは驚きました。一つの作品に対する想いに気づかされました。色々なことを伊藤先生に教えて頂いた、充実したワークショップでした。

【参加した女子児童の感想】
優しい伊藤先生から、私たちは色々なことを学ぶことが出来ました。
一つ目はクレイアニメの大変さです。普段テレビで見る何てこと無い数秒を作るのに、大勢の人が小さい工夫を重ねて作ります。本当に大変な世界です。でも完成したときの達成感は私にはまだ経験のない嬉しさだと思います。二つ目は伊藤先生の謙虚さです。素晴らしい実績のある方なのにすごいことです。私もそんな謙虚な人になりたいです。
今回の授業で色々なことを学べたと同時に楽しかったです。この最高の機会を何かしらの形で私たちの作品に活かしたいです。勿論この機会を下さった先生、様々なことでフォローして下さったスタッフの皆様にも感謝です。


《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2017年6月 アーカイブ