Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:【被災地支援プロボノ】「まちづくりNPO新町なみえ」に最終提案を実施

20170115タイトル.jpg

2017年1月15日に福島県二本松において、「まちづくりNPO新町なみえ」の神長倉理事長にウェブサイトリニューアルの最終提案を行い、更新手続きについてまとめた引継書を納品しました。

これまで「被災地支援プロボノ」としては、2012年に宮城県のNPO「石巻復興支援ネットワーク(やっぺす)」に営業資料の作成をサポートしたのを皮切りに、2013年に岩手県のNPO「サンガいわて」のマーケティング調査、そして2014年、2015年と福島県のNPO 9団体に1泊2日のスタイルでプロボノ支援を実施してきました。そして2016年に取り組んだのが「まちづくりNPO新町なみえ」へのウェブサイト再構築プロジェクトです。

東日本大震災と、それに続いて発生した福島第一原子力発電所の事故により、浪江町は全町避難を強いられ、町の皆さんは全国に離ればなれになってしまっています。

20170115 山崎さん.jpg「まちづくりNPO新町なみえ」は、町民の絆をつなぎとめるための活動や、ふるさとの伝統文化、芸能活動の継承を目的とした活動、ワークショップなどを通して浪江町を想う気持ちを持つ人が夢と希望を持って暮らせるような復興ビジョンを町に対して提言していく活動を行っています。

ホームページやSNS 等を活用して情報発信に取り組まれていますが、ホームページを改善することによって、町の復興に向けた最近の取り組みを見ることができるようにすること、そしてあわせて、新たな寄付者・支援者の獲得につなげることが求められています。

20170115 提案発表.jpgプロボノチームは2016年9月下旬のプロジェクト発足以来、約4ヶ月をかけてウェブサイトの課題、NPOを取り巻くステークホルダーへのヒアリング、サイト構成の概要について取り組んできました。

サイト構成にあたっては、「浪江町のことが分かる」「思いが伝わる」「サイトの更新を楽しむ」をコンセプトに新しいウェブサイトを提案しています。
提案にあたっては、「浪江町への熱い思いを分かりやすく、どう伝えていくかに知恵を絞った」「これからもウェブサイトに思いを乗せて、発信してほしい。そして浪江町の人はもちろんのこと、全国の人に見てほしい」との思いを込めて、各メンバーより発表しました。

20170115 神長倉さん.jpg神長倉理事長からは、
「今まで素人ながらウェブサイトを制作していたが、こうして系統立ててコンセプトなどを考えウェブサイトの構成を構築しているのが、さすがプロだと思った。見る人の目線で作られており、これまではたくさんの伝えたい情報があちこちにちらばっていたので、そこが今までと一番違うと感じた。新しいウェブサイトに恥ずかしくない活動をしていきたい」とのコメントをいただきました。

本プロジェクトの模様は読み物風の記事にまとめて、3月にパナソニックのウェブサイトでご紹介します。

<プロボノメンバーの声>
●キックオフミーティングで神長倉さんと直接お会いでき、熱い思いを直に感じられたのが良かった。ストレートにいろんな質問ができて、こちらも迷うことなくプロジェクトを進めることができた。

●2017年4月の帰還に向け、神長倉理事長の浪江の人々に伝えたい熱い思いに寄り添いながらここまで来ました。これからも思いをのせて、ウェブサイトで発信してほしい。
●今回のプロジェクトでロゴマークを公募したが、浪江町の人々への思いを表したものが数多くあった。伝わっている人には思いが伝わっており、今後ますますウェブサイトが重要になってくる。これからもお手伝いしていきたい。

パナソニックはこれからも被災地の復興に向けて取り組むNPOを、社員のビジネススキルを活かした"プロボノ"で応援してまいります。

20170115 集合写真.jpg

◆関連情報

▼プロボノの取り組みが「東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」で特別賞を受賞

▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

▼【被災地支援プロボノ】「プロボノTO ふくしま 2014」~スキルを活かして福島のNPOを応援 パナソニック社員23人が挑んだ一泊二日~

▼【被災地支援プロボノ】パナソニックプロボノチームで「石巻復興支援ネットワーク やっぺす」の営業資料を作成

日本:オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム~初芝立命館高等学校による授業~

新オリパラロゴpng.png

2017オリパラ教育1月1.jpgパナソニックでは、2020年東京大会に向け、学校での実施が加速されると考えられているオリンピックおよびパラリンピック教育の動向を見据え、2015年に「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を独自開発し、学校への提供を開始しました。
今回紹介するのは、初芝立命館高等学校の「体育科」で行われたユニークな実践事例です。
「課題解決のプロセス」や、「課題を解決するための技術」を考えるというプログラムの主旨をうまく体育科の授業と組み合わせていました。以下、実践の様子を詳しく紹介していきます。

《概  要》
―実施プログラム: オリンピックとパラリンピックを題材にした教育プログラム―
プログラム③ 「テクノロジー&イノベーション」
日    時: (1時間目)  2016年11月 9 日(水)、 (2時間目)  2016年11月 16 日(水)実 践 者: 初芝立命館高等学校 今井秀晃 先生
教    科: 「総合的な学習の時間」
対    象: 高校2年生 36名(体育科選択の生徒)


本プログラムでは課題の設定や問題解決を行うワークを取り入れています。その中の1つに「東京2020大会を楽しむための技術を考える」というものがありますが、今井先生は体育科の生徒に合わせて「オリンピックに限らず、自分たちが行っている競技の課題とそれを解決するための技術を考える」という設定にしました。普段行っているスポーツについて考えるということで、生徒たちは意欲的にワークに参加していました。さらに、先生は「大会だけでなく普段の練習で感じる課題でもいいぞ」とご自身が顧問を務めている陸上競技の練習で感じる課題と解決のための技術を例として提示しました。大会や試合に焦点を当てていた生徒たちは課題をより身近な練習で考えることで、多くの意見が出るようになりました。

 2017オリパラ教育1月2.png   2017オリパラ教育1月3.png
同校の体育科の生徒は「野球部」「サッカー部」「剣道部」「陸上部」のどれかに所属することになっています。そのためワーク中は同じ競技をしている仲間たちで課題について意見を交換し、どうすればいいか活発に議論している場面が見られました。

野球をしている生徒からは、ピッチングやバッティングの際に大切な重心の移動に着目して、どんなバランスで体重がかかっているかを分析してくれる「分析機能付きマット」をピッチャーマウンドやバッターボックスに設置するというアイディアが出ました。剣道をしている生徒からは、剣道の審判がビデオを使わず人の目で行っていることから起こる「誤審」に目を付けて、正確な判断をするための「審判正確カメラ」を作るというアイディアを出していました。また陸上競技をしている生徒からは、走る際の踏み込みの力や体の動きを電気エネルギーに換える「全動作電気転換機」というというシート状の機械を陸上競技のトラックや選手のユニフォームなどに埋め込むことで、運動エネルギーを会場の照明などの電気に転換するというユニークでエコなアイディアを出してくれました。他のアイディアもその競技を毎日のように行っているからこそ考え付くことができる、専門的でユニークなものが多くありました。


2017オリパラ教育1月4.png2017オリパラ教育1月5.png

今井先生も「なかなかおもしろい意見をだしてくれたね」と生徒の発想力に改めて驚いていました。「体育科」の生徒の特色を引き出した大変参考になる授業でした。授業を実施してくださった今井先生、初芝立命館高校の生徒のみなさんありがとうございました。 これからも様々な学校から当社のオリパラ教材を活用した様々な実践事例を紹介していきます。


<関連サイト>
パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援
動画でわかる「教育プログラム」概要
パナソニックの企業市民活動
パナソニックセンター東京の「オリンピックやパラリンピックに関するイベント情報」

日本:オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム~東京都中央区立晴海中学校での授業~

新オリパラロゴpng.png

2017セミナー1.pngパナソニックでは、2020年東京大会に向け、学校での実施が加速されると考えられているオリンピックおよびパラリンピック教育の動向を見据え、2015年に「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を独自開発し、学校への提供を開始しました。

今回紹介するのは、中央区立晴海中学校で実施された、現在パナソニックで開発中のプログラム「多様性と共生社会」の授業です。このプログラムは、社会には多様な個性の人々がいることを理解し、特に「障がい」に焦点を当て、「共生社会」実現のために自分には何ができるかを考える構成になっています。

同校では、東京都のオリンピック・パラリンピック教育の重点校として年間を通じて、「障がい者理解の促進」をテーマに学習計画をたてて、実践を行っていましたので、今までの学習内容に応じて、主任教諭の上田先生がワークシートや指導案などをアレンジし授業に取り入れてくださいました。また、それらをもとに、さらに各学年の先生方が工夫し、グループワークなどをより取り組みやすいようアレンジしてくださいました。以下、実践の様子を詳しく紹介していきます。

《概  要》
実施プログラム: オリンピックとパラリンピックを題材にした教育プログラム
プログラム「多様性と共生社会」

日    時: 2016年12月 19 日(月)
教    科: 「総合的な学習の時間」 2時限分活用
対    象: 中学1~3年生 407名

1時限目
授業冒頭、先生が、「共生社会とはどのような社会だろう?」と質問。「みんなが充実した社会!」、「差別なしで、みんな同じレベルで共に生活できる社会!」、「みんなが助け合える社会」など、生徒からたくさんの意見がでました。

次に、「実際に、障がいのある人とない人が共に働いている共生社会の縮図ともいえるパナソニック吉備の映像を見て、工夫をしていることや、大切にしていることを観察しよう!」と先生からワークの指示が入りました。生徒は、教材映像を視聴し、「特別視しない」、「得意・不得意を補い合う」、「気軽に声をかけあえる関係づくりが大事」など、障がいのある人もない人も皆が過ごしやすい環境づくりの工夫やその上で大切にしていることを活発に意見交換しました。


2017セミナー2.png2017オリパラ教育1月修正.png

2時限目
2時限目の授業では "共生社会の実現にむけて日本で起こっている問題" について考えました。共生社会の実現のために働いている3人の専門家~自治体職員、電気機器メーカー の社員、福祉機器メーカーの技術者~それぞれが感じている社会の問題を資料の読解を通じて理解した上で、自分たちにできることは何かを考えました。まずクラス全体ですべての資料を音読し、その後さらにグループごとに担当を決め、社会にある問題点について話し合いを行いました。

<障がい者が住みやすい街づくりに取り組む、市職員の担当グループの考察>
・視覚、聴覚障がいのある人は、ない人に比べて受け取る情報量が少ない
・電車の急なトラブルに対応できない

<空港から街へのアクセシビリティの向上に取り組む、会社員の担当グループの考察>
・障がい者が安心して外出できない
・身体能力や言語の差によりやりたいことが自由にできない

<障がい者の義肢・装具をつくる、技術者の担当グループの考察>
・障がいがあることに対して「かわいそう」「気の毒」と同情する
・「守らなくては」「手助けしなければ」という特別扱いをしなければならない存在としてみている

上記の考察を元に生徒たちが考えた「自分たちにもできること」
・安心して公共施設を利用できるようにする
・特に電車の急なトラブルなどの時に困っている人がいないか注意する
・手話や点字を学んで障がいのある人に情報を伝える
・特別扱いするのではなく、健常者と同じように困っている人がいたら声をかける
・意識をせずに自然に接する

  2017セミナー4.png 2017セミナー13.png

授業最後に、先生から「"特別視しない"ってどういうことだと思う?」、「エレベーターに車いすの人が並んでいたとした場合、あなたならどうする?」と生徒たちをゆさぶる質問がありました。これには、生徒も「はっ!」とした様子です。
生徒からは、「特別視しないっていう観点からすると、普通に自分たちが乗るのがいいかな?」「え、そんなの先に譲らないとかわいそうじゃない!」、「あれ、このかわいそうというのが、まさに社会にある問題点では・・・・」などの意見が出され、最後に授業内容をもう一度ふりかえりました。

2017セミナー6.png2017セミナー7.png

晴海中学校では、上田先生をはじめ、各学年の担任の先生方が生徒の学びや現状を考慮し、工夫を凝らして全学年で実施してくださいました。今回いただいた先生方の意見やアレンジも参考にしながら、本プログラムは2017年4月にリリース予定です。これからも他プログラムも含めて、当社の教材を活用した様々な実践事例を紹介しますので、楽しみにしてください!

<関連サイト>
パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援
動画でわかる「教育プログラム」概要
パナソニックの企業市民活動
パナソニックセンター東京の「オリンピックやパラリンピックに関するイベント情報」

日本:『親子でつくろう!ハートフルLEDランタン』に協力企業として参加 しました~ES社

キッズスクールロゴ.jpg

教室全景.JPG2016年12月10日(土)、11日(日)に東京スカイツリー でクリスマスイベントの一環として開催された『親子でつくろう!ハートフルLEDランタン』に協力企業として参加しました。
1日2回、計4回開催で各回10組20名(子1・親1)定員の予定でしたが、各回ともにお子様の定員を超すお申し込みがあり、また、スカイツリーという場所柄石川県や滋賀県など関東以外の方にもご参加頂き、大盛況となりました。(合計33組77名参加)

イベントは2部構成で、1部のあかりの勉強タイムではあかりの歴史やLEDの仕組み、身近な利用例などをお話し、お子様のみならず、保護者の方も真剣にメモを取る様子が伺えました。

       講義中①.JPG  講義中②.JPG

2部の工作タイムでは、細かい作業や難しい工程は親子で協力し、ランタンの飾り付けは子供たちが主に担当。東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんのシールや、モミの木や星形の切り紙を思い思いに貼り付け、個性あふれる作品が仕上がりました。

              作品①.JPG  作品②.JPG

終了後、LEDの色の組合せ次第でランタンの色が変わることへの驚きや、暗いところで見る明かりの美しさへの感動、少し難しい工作をやり遂げた達成感など、子供たちから多くの感想をいただきました。

LEDを光源とした「あかり工作」にてLEDの特徴や光る仕組を学び、直接手で触れることでLEDに親しみを持ってもらい、「あかり文化」「環境意識」を啓発することを目的として実施していますが、工作を行っているときのお子様たちの真剣な様子や完成したランタンに明かりをつけたときの嬉しそうなキラキラした顔はなにものにもかえがたいものです。
今後も是非こういった活動を続けていきたいと思います。
    集合写真①.JPG  集合写真②.JPG

【参加者の声】
・楽しかった。またやりたいです。ちょっとむずかしかった。LEDのしくみなどがよく分かった。
・むずかしかったけど達成感があって楽しかった。またあったらやってみたいです。
・LEDのことをべんきょうになりました。本当にたのしかったです。ランタンはきれいにできました。本当に楽しい一日でした。工作もうまくできました。
・シールなどのかざりつけもたのしかった。最初から(いちから)つくったのがいいけいけんになった。きてよかったと思った。
・いろんな形の和紙をはってきれいにつくれました。またLEDの色を赤とみどりの組み合わせがみつかってよかったです。たのしかったのでまたやってみたいです。

※たくさんの声を頂いた中の一部を抜粋いたしました

《関連サイト》
エコソリューションズ社
あかりの教室 
キッズスクール
学びえの支援

【インドネシア】初の社員ボランティア特派員がランタン活用現場を視察しました

「ソーラーランタン10万台プロジェクト」では、選考によって選ばれた有志社員2名が、
インドネシアの東ヌサ・トゥンガラ州を訪問しました。

初めて目にした無電化地域の生活、そしてソーラーランタンの活用状況をレポートしました。
皆様によって寄付されたランタンが現場で活躍しています。ぜひ、ご覧ください。

<ご参考>ソーラーランタン10万台プロジェクトサイト http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2017年1月 アーカイブ