Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2016年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~八王子市立下柚木小学校~

英語ブログ

日本:2016年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~八王子市立下柚木小学校~

ブログ用ロゴ.png





s_01.png

12/16(金)八王子市立下柚木小学校にて、KWNワークショップを実施しました。当日の様子をご紹介します。

日 時:12/16(金) 10:40~12:15/13:40~15:15s_02.png
参加者:下柚木小学校 5年生 61名
場 所:同学校 図工室
指導者:尾池先生
特別講師:東京藝術大学 大学院教授 伊藤 有壱氏
<プロフィール>
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、日本アニメーション協会理事、東京藝術大学 大学院映像研究科アニメーション専攻教授、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授、クレイアニメーター、CMディレクターとしても活躍。

今回は、KWN日本・グローバルコンテストの審査委員でありクレイアニメーター、CMディレクターとしてもご活躍されている東京藝術大学 大学院教授 伊藤 有壱氏をお招きし、八王子市立下柚木小学校でクレイアニメーションの特別ワークショップを実施しました。参加してくれたのは、下柚木小学校51組、2組の児童の皆さん61名です。ワークショップはクラスごとに分かれ1クラス4グループ、計8グループで実施しました。

初めに、事務局より今年度のKWN日本コンテストについての状況報告など説明が行われました。そして、早速、伊藤有壱先生による、クレイアニメーションの特別ワークショップが始まりました。

s_03.png

最初に、伊藤先生がデモンストレーションを行いました。児童たちは、机の周りに集まり、伊藤先生の手元に釘付けになっていました。先生のデモンストレーションの作品に、児童たちは「お~」と歓声をあげていました。

s_04.png

続いて、グループごとにアニメーションを作成することになりました。今回の作品のテーマは、エコロジー(環境)に関するタイトル文字です。各グループでエコロジー(環境)から連想できる文字に、キャラクターをメタモルフォーゼしていきます。惑星に住むオリジナルキャラクターをそれぞれ考え、チームみんなで相談し、粘土の動かし方を考えていきます。

s_06.png各グループ、チームワークばっちりです。
8グループそれぞれ違った発想がとても素晴らしかったです!

s_05.png

最後に、作成したアニメーションをクラス全員で鑑賞し、今回のワークショップは終了となりました。出来上がった作品に、どのグループからも拍手が起こりました。とても素晴らしいワークショップとなりました。

そしてワークショップ終了後、伊藤先生からオリジナルポストカードがプレゼントされました。先生にサインをお願いする女の子たち。サイン入りのポストカード、宝物になりましたね!

今回作成した8グループの作品は下記よりご覧いただけます。

グループ1 グループ2 グループ3 グループ4
グループ5 グループ6 グループ7 グループ8

~ワークショップを終えて~
【伊藤有壱先生の感想】
最後にタイトルをつくるという目標がありながらも時間内に終えたのは、さすが5年生ですね。ワークショップで大事なのは映像の完成度ではありません。皆に楽しいという断片的な記憶が残れば、大成功だと思います。

【尾池先生の感想】
子どもたちも私たちも楽しいクレイアニメの時間をすごさせて頂きました。ありがとうございました。伊藤先生がアニメを作られるところを、目の当たりにでき、大変勉強させて頂きました。

参加した児童たちの感想
・ニャッキをつくった人がきてくれてうれしかった。
・とても楽しかった。
・サインをもらいたかった。
・チョウを作りました。うまくできました。楽しかったです。
・ニャッキの先生を初めてみてうれしかった。
・コマどりは2回目だったけど、すぐにうごいてしまうものをつかってやるのは、たいへんだった。
・今日はねんどで作れて良かったです。ほかのグループがすごかった。
・アニメがつくれてよかった。たのしかった。
・ねんどでつくるのがたのしかった。
・DSでぱらぱらマンガは、やったことがありましたが、ねんどで作ったのは、はじめてでとてもたのしかたです。
・みんなで相談して色々つくれてたのしくできた。
・ニャッキをつくっている人がきてすごかった。
・みんなで協力していい作品ができたのでよかった。
・自分だけのキャラクターで、みんなでたのしめた。
・ニャッキはこんな地道な作業だとはおもわなかった。また見てみたいですです。
・アニメを自分たちでつくることができてよかった。
・みんなでアニメをつくるのがたのしかった。
・久しぶりにねんどで作品をつくれ楽しかったし、みんなで協力してアニメを作るのも楽しかったです。
・意外にかんたんだった。
・ニャッキのようなすごいビデオがつくれなくてざんねんです。
・あまりできないきちょうな体験だったので、できてよかった。

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ