Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:Teacher'sセミナー実施(8/30)~野田市教育委員会での実施~

英語ブログ

日本:Teacher'sセミナー実施(8/30)~野田市教育委員会での実施~

20161003ロゴ.png

201610野田1.jpg

パナソニックでは、2020年東京大会に向け、学校での実施が加速されると考えられているオリンピックおよびパラリンピック教育の動向を見据え、2015年に「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を独自開発し、学校への提供を開始しました。  

また、2016年度からは、教員のみなさんと一緒により良い授業のあり方を考える「Teacher's セミナー」をスタート。今回は、パナソニックが主催するゴルフトーナメント「パナソニックオープン」が4月に千葉県野田市で開催されたことをうけ、野田市内全11校の市立中学校に電子黒板を寄贈させていただくことと併せて、8月30日(火)野田市教育委員会主催の教員向け研修会を実施しました。

―<概要>―
研修タイトル: 電子黒板 及びキャリア教育プログラム研修
主 催 : 野田市教育委員会
日 時 : 2016年8月30日(火) 9:00~11:30
場 所 : 野田市役所
参加者:市内全市立中学校から各校代表者11名

1. 冒頭挨拶・概要説明
研修会の主催者である野田市教育委員会より、電子黒板の寄贈と研修会実施の経緯とねらい、今後の活用についての説明がありました。

201610野田2.jpg2.「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」の説明と体験
教育プログラムに関する研修では、最初に本プログラム作成に至った経緯とともに、プログラムの概要説明をさせていただき、その後、実際の授業を体験いただきました。グループワークでは、最初はどのグループも遠慮がちな様子でしたが、グループ内でイメージマップのアイデア共有をしていくうちに、新たな気づきやマップの意外なつながりなどがみつかり、活発に議論や共有が行われていました。
また、本教材を使った実践事例などの紹介では、熱心にメモを取られる先生がいらっしゃるなど、学校での活用を想定されている様子がうかがえました。

 

201610野田3.png

◆参加された先生方の声
・機器の用い方の実践を通して紹介してくださり、よかったです。
・電子黒板の基本的操作や、キャリア教育に使えそうな教材の授業方法について学べた。
・電子黒板の使い道や、教育プログラムの利用法がよく理解できた。
・パナソニックの取組みや技術を知り、それらをどう教育に活かすか考えられました。
・アイデアにもよるが、授業に活用できれば幅が広がると感じた。

<関連サイト>
パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援
動画でわかる「教育プログラム」概要
パナソニックオープン
パナソニックの企業市民活動
パナソニックセンター東京の「オリンピックやパラリンピックに関するイベント情報」


ページの先頭へ