Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:NPOサポート ファンド 子ども分野 成果報告会を開催

英語ブログ

日本:NPOサポート ファンド 子ども分野 成果報告会を開催

成果報告会 子ども TOP.jpgNPO/NGOを対象とした助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」の子ども分野成果報告会を2016年2月26日にパナソニックセンター東京で行いました。2015年に助成を行った子ども分野の課題に取り組む11団体が助成事業の成果を報告しました。
このプログラムの特徴は、組織マネジメントや財政基盤、広報力の強化や人材育成促進といったNPOの「組織基盤」の強化に対して支援することです。各団体は、応募当時の団体が抱えていた課題、組織基盤強化・組織診断の目標を紹介し、1年前の助成事業開始時の状況を振り返りました。

「明確なミッション・ビジョンがない」「スペシャリスト集団でありすぎて代わりがきかない」「海外事業の質を高め、コストを削減し受益者を増やしたい」など様々な課題がありました。組織診断では、第三者の協力を得て、当初考えていた課題から、さらに深堀りし、優先課題を抽出しました。
そして、組織基盤強化策を立案し、着実に行っていくことで、組織が変わっていきました。時には、「話せば話すほど団体が築いてきた事業の必要性を実感し、今の事業を続けていく(変わらない事)方向に戻ってしまいそうになる。」が、「1年目の組織診断の結果の気づきを思い出しながら」進めていったとの発表もありました。
その結果、「サポーター獲得キャンペーンで目標達成率132%」、「中期計画策定後、行動プランを作成し実施し、進捗状況を確認し団体内で共有るようになった」、「規定の明文化や業務ノウハウの共有、部門間連携を図る施策を実施することで、法人全体の発展へとスタッフの視点が変化した。」などの成果がでてきています。

また、組織診断のみの助成団体もできるところから積極的に組織基盤強化策を実施し、成果に結び付けている事例が複数あり、組織基盤強化が団体に根付いていく様子が伺えました。

成果報告会 子ども 団体.png成果報告の後、質疑応答、選考委員の講評、交流会を行い、他団体の事例の理解を深め、互いに健闘を称えながら親交を深めていきました。

 【発表団体】
 ・特定非営利活動法人 花の森こども園
 ・特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス
 ・特定非営利活動法人 ピープウ・ラボ
 ・特定非営利活動法人 長野サマライズ・センター
 ・特定非営利活動法人 フリースクールみなも
 ・特定非営利活動法人 ソルト・パヤタス
 ・特定非営利活動法人 はちのへ未来ネット
 ・認定特定非営利活動法人 みやぎ発達障害サポートネット
 ・特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS
 ・特定非営利活動法人 市川子ども文化ステーション
 ・認定特定非営利活動法人 エンパワメントかながわ

◆助成団体のアンケートコメント
・多くの実践例を聞かせていただき、NPO活動の幅の広さを感じることができた。特に、他団体についての選考委員の講評の中にたくさんのヒントがあり、非常に勉強になった。
・他団体の事例を詳しく聞くことがとても参考になりました。昨年の報告会に来ればもう少し進んだのではと反省しました。
・どの団体も外部の第3者(コンサルタント)の知見が入ることで事業が整理され明確になっていることはよく分かりました。
・中期計画作成の後、行動プランを作っておられるのは参考になりました。また、人材育成のため研修を重ねておられるところを是非うちでもと思い刺激になりました。

成果報告会 子ども 選考委員.png

 【選考委員】 ※委員長
 ・NPO法人子ども劇場東京都協議会   森本 真也子常任理事 ※
 ・認定特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン  片山 信彦常務理事・事務局長
 ・特定非営利活動法人 東京シューレ  中村 国生事務局長
 ・パナソニック CSR・社会文化部  福田 里香部長

 【全体講評】
 ・NPO法人子ども劇場東京都協議会   森本 真也子常任理事
 ・特定非営利活動法人 市民社会創造ファン  山岡 義典運営委員長

◆パナソニックの取り組み
2015年には、今年から2030年までの新たな国際目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、今後、社会課題解決の促進に不可欠なNPO/NGOの活動が、さらに重要性を増すこととなります。
パナソニックは引き続き、組織基盤強化の取り組みを通じて市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

組織基盤強化について

Panasonic NOPサポート ファンドについて


ページの先頭へ