Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2015年度 キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~札幌市立陵北中学校~

英語ブログ

日本:2015年度 キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本)ワークショップレポート ~札幌市立陵北中学校~

ブログ用ロゴ.png

2015陵北1.png11/12(木)北海道にある札幌市立陵北中学校にて、2015年KWNワークショップを実施しました。当日のワークショップの様子をご紹介します。2015陵北2.jpg


日 時:11/12(木)15:00~18:00
参加者:札幌市立陵北中学校
講 師:今井 雅彦さん、大友 奈美さん


今回ワークショップに参加してくれたのは、陵北中学校の放送部に在籍している生徒の皆さん。なんとこの日は期末試験の最終日!皆さんどこかホッとした表情で放送室に集まり、談笑していました。試験終了直後にもかかわらず、1年生から3年生まで、熱意ある生徒さん達が参加してくれました!

2015陵北3.png講義内容は前後半に分かれ、前半は映像作品を制作する際のテーマ設定や構成について、後半は実際に撮影を行うときの技法や撮影手段について、生徒さん達の意見を取り入れながら、実戦も踏まえつつ学んでいく流れです。試験直後の疲れも見せず、真剣な面持ちで話を聞いている生徒さんたちの様子をみて、講師のお二人も気合が入っていました。

2015陵北4.pngまずは、大友先生のストーリー構成に関するワークショップからスタート。映像制作を始める前に考えておきたい5W1Hやテーマについての説明から、実際にプロの現場で使用されているシナリオ(脚本)の書き方まで、映像作品を構成するストーリーについて深めていきます。最初は壁際に密集していた生徒たちも、少しずつ画面に近づいて各々が自由なスタイルで講義を聞いていました。時より講師の先生から出される練習問題に顔を突き合わせながら考え、発言していました。講義の最後には放送部の顧問である平塚先生へ「感謝の気持ちを起承転結を意識したストーリーにして発表してみよう」という難しいお題が!皆さん照れながらも真剣に話し合い、先生に向けて感謝の気持ちを伝えてくれました。身近な人に気持ちを伝えることは、映像作品を通して『伝える』ことの練習になるという話に、生徒さん達もうなずきながら理解を深めてくれました。簡単な質疑応答の後、一旦休憩時間に。

2015陵北6.png今回のワークショップは生徒達の城である「放送室」で実施しました。広くて素敵な放送室。放送用という枠を超え、まさに「スタジオ」。ホワイトボードに目をやると、今年度のKWNコンテストへの意気込みが書いてありましたよ。『目指せ全国No.2! 』 なぜ、No.2なのか?? の理由も教えてもらいましたよ。参加校それぞれ様々な事情があるようですが、No.1目指していきましょうね!!

2015陵北7.png続いて、今井先生の実践的な撮影技術に関するワークショップが始まりました。ホワイトバランスや逆光といった、「光」に関する話から始まり、音のとり方やインタビューをする際に気をつけることなど、撮影をする上で意外と意識されていない細かな注意点を丁寧に説明されていました。「パン」や「チルト」など、撮影に関する共通言語を持つことについての講義の際は、生徒の皆さんも目をキラキラ輝かせながら、実際にプロの方が使う言葉を楽しく学んでいるようでした。質疑応答のときには、実際にインタビューを行う際のカメラワークや機材の使い方を質問する生徒さんもいて、撮影技術を習得したいという純粋な思いが感じ取れました。

2015陵北8.jpg今回のワークショップで、たくさんのことを学べて大満足の様子。最後は、講師の今井さん大友さんと一緒にみんなで集合写真。陵北中学校の生徒達は、今年はどんな作品を考えてくれるのでしょうか。テーマはすでに決まっているようなので、今日のワークショップで学んだことを活かして、撮影がんばってくださいね!!

【ワークショップ参加者の感想】
-参加した子ども達-
・今回のワークショップで、僕が知らなかったことをたくさん教えていただき、ありがとうございました。僕は、このワークショップで、放送で使う用語だったり、カメラの使い方など、いろいろなことを勉強するいい機会だと思いました。また機会があればやって欲しいです。

・まずは、途中からの参加になってしまったのが、本当に残念...もっとたくさんのことを教えてもらいたかったです...!展開が変わるきっかけとなる物語や言葉を考えたりするのが大変だったけど、楽しかったです。あと、ドキュメンタリー番組を作るときの取材の画(カメラのアングル)を学べたのが良かったと思います。今回のKWNでも、それぞれ伝えたい目的に沿ってカメラの方向を決めていく作戦をとってみたいです。すごく役立つ情報やテクニックを丁寧に教えて下さって、本当にありがとうございました!!
・今回、シナリオのことや、撮影に関することを聞かせてもらって、さらにこのような作業というのが好きになれました。説明も聞いていてわかりやすく、頭の中に自然と説明が入ってきました。途中で練習問題があって、それをやるとさらにわかりやすかったです。お話を聞いていると段々興味がわいてきて、さらに知りたくなってきました。今回のワークショップを通して、コンテストや日頃の撮影に生かして、頑張っていけるような気がしました!!短い時間でしたけど、プロの方々のお話を聞けて、楽しかったです。ありがとうございました。
・自分が知らないことがたくさんあったし、すごく話がわかりやすかったので今回の先生方のお話を聞けてとても良かったです。また、物語の作成のコツが特に印象に残っていて、「桃太郎で裏切りを見ている人に伝えるには?」という内容で、最初は困っていたけど、みんなと話し合っているうちにだんだん
話がみえてきて、話が完成したときの達成感があって、嬉しかったです。今回は、先生方の貴重な時間を使い、私たちに色々なことを教えてくださり、ありがとうございました。次回も、このような機会があれば、よろしくお願いします。
・シナリオの作り方、カメラワークが本当に本格的で、勉強になりました。得に自分は、カメラワーク等の技術がないので、これから今日教わったことを活かしていけたらと思いました。
・今回、来てくださった人達はとてもわかりやすく教えてくださり、いい経験になりました。メモをとるのが大変になるくらい、ためになる重要なことが沢山あり、すごくためになりました。また、このような機会があると、とてもうれしいです。ありがとうございました。


― 参加した指導者-
・大変充実した実りある時間を過ごさせていただきました。私自身、放送関係の指導をもう20年も続けていますが、今回のワークショップでは、知らなかったことがたくさんあって、改めて映像の奥の深さを感じることができました。本当に、ありがとうございました。

----------------------------------------

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
パナソニックキッズスクール
きっと わらえる 2021


ページの先頭へ