Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:2015年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート ~新潟県燕市役所教育委員会

2015ロゴ.png

2015881.jpg

2015年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。
8月8日に燕市教育委員会にて、2015年KWN新規校ワークショップを実施しました。

今回でワークショップの参加は3回目 燕市教育委員会の5~6年生16名が、元気いっぱいワークショップに参加してくれました。

実施日:2015年8月8日
場所:燕市役所
対象:燕市教育委員会 16名(5~6年生男女)
ワークショップ実施場所:同市役所会議室
講師:井手 広法さん(映像作家)
概要:企画・立案・脚本・撮影・編集の指導
授業内容: 脚本を設定し、撮影し編集するまでの流れについて実習

201588t燕市2.png今回は、事前のヒアリングで希望が出ていた「ドラマ」を作ってみたい!という事で、講師の井手さんも気合が入りました。
ワークショップのスタートです。

201588燕市2.pngまずは、作ってみたい「ドラマ」の脚本作りから始めました。今回の子ども達がチャレンジするのは「いじめ」に関するドラマ制作です。今の学校では、もはや避けて通れない大きな問題の一つですが、この難しいテーマに、この子ども達はどんなストーリーを投影したいのでしょうか? 
井手さんも慎重に言葉を選びながら、シナリオを進めていきます。子ども達もどんどん意見を出しながら、話が進みます。時間の都合もあるので、今回はミニミニストーリーにしようということで、2つのシーンによる簡単な構成に落ち着きました 。

その後は、スタッフ選びと、キャスト選びです。目をキラキラさせながら、井手さんの声に反応していく子ども達。「主役やりたい人!?」の声にあちこちから「私やりたい!」「僕がやりたい!」と声が上がります。その数が余りにも多かったので、とうとうキャスティングを行って決めることになりました。

そのテストにも真剣にチャレンジしてくる子ども達。それを観ている子ども達の目も真剣そのものです。見事キャストの座を勝ち取った子どもも、それを残念そうにしながらも、スタッフとして役目を果たしたい!と気持ちを切り替える子ども達も、みんな立派です。
201588燕市3.png最初の撮影は室内から始めました。暗い状況の設定だったので、照明役は重要です。脚立を活用して、安全に気を配りながら撮影がスタートしました。
ここでのシーンは、イジメに合っている女の子が、友達から陰口を叩かれ、それを見てしまい、これまで友達だと思っていたのに、裏切られて呆然としてしまう、というシリアスな内容でした。
心の動揺と悲しみの演技を要求される主役の女の子と、その子の陰口をいう役のキャストたち。どちらも気持ちが入らなければ作品が嘘くさくなってしまいがちなこの大事な場面で、スタッフにも緊張感が漂います。監督の声に従って、撮影を開始しますが、なかなか上手くタイミングが合いません。井手さんの演技指導にも熱が入り、スタッフの真剣さも頂点に達した時、イジメられ役の女の子には、いつしか涙が光りだしました。演技に命が灯りだしたのです。その瞬間を逃さず撮影をするスタッフ。キャストとスタッフみんなの心と体が一体になった瞬間でした。演技が終わり、カットの声がかかると、安堵の笑顔と拍手が鳴り響きました。


201588燕市4.pngシーンは変わり、今度は外での撮影です。その日は日差しも強く、熱射病にも気をつけなければならないほどの陽気でしたが、一度団結力を発揮したチームは、もう迷いもなく、撮影を進めていきました。

クランクアップを迎え、撮った映像をみんなで観ました。
自分が映って、演技をしているカットが出ると、恥ずかしそうにしながらも、その目はしっかりとスクリーンに向けられていました。 撮影を支えてくれたスタッフの子ども達も、照明がうまく効果を発揮しているところを観た時、誇らしげにしてました。


201588燕市6.png自分が撮った、演じた映像を、興味津々で観ている子供たち。自分たちで物語を創りだす喜びを味わって頂いた様でした。今回は仮の制作でしたが、これをきっかけにして、KWNのコンテスト本番に向けて頑張って欲しいですね。


201588燕市6.jpg【ワークショップ参加者の感想】
-参加した子ども達-
A:東京から井手さんに来ていただいてビデオ作製をした。カチンコを鳴らしてから見えないところ
によけるのが難しかった。」
B:「すごく楽しかった。役だと分かっていても泣きそうになった。いじめは絶対しちゃいけないと思った。」
C:「とても貴重な体験ができました。楽しくて疲れました。」
D:「照明の役をしました。照明を長時間もつことがとても大変なんだなと思いました。」
E:「いじめのビデオをつくりました。いじめられる子側の子がかわいそうでした。」

― 参加した指導者-
ビデオ撮影講習会で子ども達に御指導いただき感謝いたします。
子ども達のあんな真剣な表情は初めて見ました。
きっと本物に触れる楽しさを実感していたのだと思います。
井手様の子ども達への言葉かけもすばらしく、教師の立場としてもとても勉強になりました。
子ども達だけでなく、私たち担当にとっても大変実のある講習会でした。ありがとうございました。

----------------------------------------
《関連サイト》

KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
パナソニックキッズスクール
きっと わらえる 2021

日本:AVCネットワークス社「仙台工場40周年記念イベント」を開催

仙台工場は1974年4月8日設立、昨年4月で40周年を迎えました。
地域住民の方々や関係者、OBの皆様などの暖かいご支援ご理解があっての40周年!
「皆様へ感謝」を込めて、9月12日(土)AVC社仙台工場にて『仙台工場40周年記念イベント』を開催致しました。

大雨特別警報が発令されている中での事前準備、開催自体も危ぶまれましたが、イベント前日午後から雨も上がり、当日は快晴で夏を感じる程の暑さとなりました。
受付開始前から地域の皆様がお越しになり、最終来場者は832名。

テーマ:「地元の皆様と共に歩んで40年 強い絆と復興魂で未来へ進もう!!」 

   40周年1.png

40周年2.png初めに主催者、木谷工場長や佐々木委員長より挨拶を行い、続いて名取市からのご来賓として、名取市佐々木市長、名取市商工会 小島会長より、日頃のパナソニックの社会貢献活動等に対する感謝のお言葉等をいただきました。

40周年3.png

40周年5.png40周年4.pngその後、イベントがスタート!
従業員が作成した「仙台工場と名取市 40年のあゆみ放映」や「閖上太鼓保存会による演奏」「全員で!じゃんけん大会!!」「名取市増田中学校吹奏楽部演奏」「名取こどもミュージカル」などのイベントや芋煮、地元名産物の無料提供なども行いました。

40周年6.png仙台工場従業員が全員運営側にまわり、駐車場誘導や出店、受付、片付けを行ったことにより、豪華景品の準備が出来、イベント最後には「お楽しみ抽選会」!

特賞は『40V 4Kテレビ』、1等『電動自転車』、2等『BDレコーダー』
特賞はご家族で来られていた方へ、1等はワンちゃん連れのご夫婦に当たりました!

ご来場者からは「我が家のテレビはパナソニックですよ」とお言葉をいただくなど、大人から子どもまで笑顔が弾け、会場は大いに盛り上がり、40周年記念イベントを無事に終えることが出来ました。
今後、45年・50年と「地元の皆様と共に歩んでいこう」と心新たな気持ちとなりました。

日本:大 阪・花博記念公園 鶴見緑地保全活動 ~エコリレージャパン主催活動~

logo1.jpg

大阪・花博記念公園集合.png

2015年9月12日(土)、大阪府大阪市鶴見区にある「花博記念公園 鶴見緑地」で144回目となる保全活動を開催しました。

パナソニックグループの社員とその家族、定年退職者の会メンバー、他企業の皆さんを含む総勢80名で園内の整備作業(草刈りなど)を行いました。



大阪・花博記念公園1図1.png大阪・花博記念公園.png

鶴見緑地公園保全活動ブログ
 
この公園は、パナソニック エコリレー ジャパンの前身組織である「松下グリーンボランティア倶楽部(MGV)」発足の地でもあります。
(平成5年(1993年)11月18日に発足総会をし、記念植樹をしています。)

 

大阪・花博記念公園2.png植樹するだけではなく、少しでも公園管理のお手伝いができればと 翌年平成6年(1994年)から毎年(3~7回)、園内の保全活動を実施継続しています。

大阪・花博記念公園3.jpg 植樹した木は、こんなに大きくなっています。


参考

花博記念公園 鶴見緑地は、大阪市鶴見区に位置する都市公園です。平成2年(1990年)に国際花と緑の博覧会(花の万博)が開催され、会場跡地の広大な敷地内(約126ha) では、花と緑がおりなす豊かな自然を満喫できます。

《関連サイト》
エコリレージャパン
花博記念公園鶴見緑地

日本:キッド・ウィットネス・ニュース日本 2015年度 指導者向けワークショップ実施報告

キッズスクールロゴ.jpg

ピックス.jpg


指導者研修会.png

2015年度 キッド・ウィットネス・ニュース日本 指導者向けワークショップを 本年度も東京と大阪の2会場で、テーマを「映像スキル向上」と題し開催しました。
また、プログラムにご参加いただきを2年連続KWN日本コンテストで最優秀作品校に選ばれ グローバルコンテストにも参加された、福島県いわき市立勿来第一中学校 亀岡点先生を特別講師としてお招きし実体験を元に作品完成までのプロセスや、工夫、かかわりかた等をお話いただきました。

また今回は共通の絵素材を使いそれぞれが思うままに編集を体験する作業も実施。同じ絵素材なのに編集の仕方でまったく違う雰囲気の作品になるのが本当に面白かったです。

◆2015年8月3(月) 会場:パナソニックセンター大阪内 24階 会議室
講師:いわき市立勿来第一中学校 亀岡 点 先生 (※2014年度 最優秀作品賞受賞校)
映像講師:近畿教映 清野 正久氏
◆2015年8月5(水) 会場:パナソニック 東京本社 汐留ビル 5Fホール3
講師:いわき市立勿来第一中学校 亀岡 点 先生 (※2014年度 最優秀作品賞受賞校)
映像講師:近畿教映 清野 正久氏、いまココ 井手 広法氏

指導者2015大阪.png

指導者2015東京.png

【実施内容】:教員(指導者)目線での亀岡先生による講義と、Adobeの編集ソフトとフリー音源などを活用しながら、編集について学びました。
         映像講師のサポートを受けながら、サンプル(共通映像)作品を使い 講習会に参加された指導者の方々にも、編集作業を体験していただきました。
 【大阪参加者】:東海大学付属仰星高等学校 阿部 守勝先生(大阪)、鈴鹿市立鈴峰中学校 鳥井 仁史先生(三重)
 【東京参加者】:大熊中学校 水科 努先生(福島)、横浜市立中山中学校 佐々木 武先生(神奈川)、
          東京都立青井高等学校 坂本 峰紹先生(東京)、横浜市立大岡小学校 大金 美希子先生(神奈川)、
          横浜国立大学教育人間科学部付属 鎌倉小学校 鈴木 遼輔先生(神奈川)


◆参加者の感想
【大阪参加者の感想】:短時間でこんなにも学べることができて感謝です。次年度は、東京の講習会に参加して他校の先生方とも交流も深めたい。
【東京参加者の感想】:編集ソフトを普段使用する機会もあるが、いままで不明だったことや、聞けなかったことが、今回の講習会で解決できたりして、とても良い機会となりました。早々に、KWN映像講師の方々に子ども達の映像ワークショップを実施してもらいたい。

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2015年9月 アーカイブ