Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:京都・美山 かやぶき保存会 茅場保全活動 ~エコリレージャパン連携推進~

英語ブログ

日本:京都・美山 かやぶき保存会 茅場保全活動 ~エコリレージャパン連携推進~

logo1.jpg

三洋の森作り1.jpg

2015年8月21日(金)、京都府美山町で「かやぶき保存会」が主催する茅場保全活動に参加しました。

全国各地で草葺民家が消えていった今日、美山町は日本の中でも最も多く草葺民家が残っているといわれています。

三洋の森作り2.jpgこれらの集落は住民にとってかけがいのない故郷の歴史的景観であるということのほか、日本の故郷という意味を背負っている。心の安らぎを求め、失われた日本の原風景を提供する必要がある。保存にあたっては、集落景観の保存と生活の調和、周辺環境と一体となった保全などの必要性を述べ、また、茅葺屋根保存への課題としては、茅場と茅の確保、茅保存庫の設置、茅葺き職人・技術者の確保、手伝いの確保が上げられています。
※伝統的建造物群保存対策調査報告書、美山町・美山町教育委員会(1990)より引用

この地域とパナソニックとの関係は、もともと「三洋の森(森林保全)」の取り組みとして、2007年から地元地域の皆様と共に活動継続してきたことにあります。諸般の事情により、森林保全活動はできなくなったのですが、地元地域の要望もあり、「茅場保全」として継続しています。

※三洋の森づくりワークキャンプ in京都美山の様子
 

具体的な作業内容としては、年3回、12月初旬に茅の刈り取りを行い、4月下旬に収納、7月下旬に草刈りといった作業です。
 

  三洋の森作り3.jpg  三洋の森作り4.jpg    

※茅刈り作業の様子


  三洋の森作り5.jpg  三洋の森作り6.jpg    

※刈り取った茅の収納作業


  三洋の森作り7.jpg 三洋の森作り8.jpg           

※茅に巻きつく草の除去作業


 茅場では、外来植物(セイタカアワダチソウなど)の増加により、確保できる茅の量が減少しているようです。そのような中、茅場の保全活動は、京都府で準絶滅危惧種となっている「カヤネズミ」の保護にもつながることから、生物多様性保全の取り組みとしても、継続して行きたいと考えています。

参考HP
参考ブログ

《関連サイト》
エコリレージャパン


 


ページの先頭へ