Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 第15回 東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県大熊町立熊町小学校/大野小学校で開催~

英語ブログ

第15回 東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県大熊町立熊町小学校/大野小学校で開催~

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg

201507大熊町1.jpg

東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、7月9日に大熊町立小学校(大野小学校・熊町用学校)で実施しました。今回で20・21校目の開催となります。原発事故から4年が過ぎ、西に100㎞離れた会津若松市に避難してきて、旧河東第三小学校の校舎を借りて2つの小学校が一緒に学校生活を送っています。本来の大熊町の小学校で過ごした経験のあるのは、今回参加する6年生だけとなっています。 「きっと わらえる 2021」は、子ども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウイットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。
こちらの学校では、2012年1月に当時の6年生に本プログラムを実施しており、今回2回目の実施となります。


20150大熊町2.jpg 日程 : 2015年7月9日(木)8:25~15:20 
◇ 場所 : 福島県 大熊町立小学校(大野小学校・熊町小学校)
◇ 参加人数 : 6年生 19名
◇ スタッフ : 【撮影講師】 井手、大沢 【編集】 須永
         【特別授業講師(ワイルドナイツ)】北川選手、野口選手、三輪選手
         【パナソニック サポートスタッフ】 新井、松本 
         【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾 (敬称略)


2グループに分かれて撮影された子ども達の 「今、つたえたいこと」のメッセージ映像はコチラ

201507大熊町3.png8時20分に体育館で6年生19名とスタッフが対面。たくさんメディアのカメラが並んでいて、子ども達は少し緊張気味かな。まずは、映像講師とサポートするメンバーの紹介をしました。

201507大熊町4.png続いて、監督・カメラ・音声・録音・カチンコ・・・撮影の役割分担をデモンストレーションを兼ねて、講師の井手さん、大沢さんからみんなに説明をしてもらいました。いよいよ本格的な機材を使っての撮影が始まります。今回も「今、つたえたいこと」「未来へのメッセージ」の2本を子ども達の手で撮影していきます。

201507大熊町5.png早速2グループに分かれて撮影場所へ移動です。井手さんチームは外に移動し、「映像制作にはチームワークがとても大事」ということ説明してくれています。大沢さんグループは、体育館に残り、まずはみんなの伝えたいメッセージの整理を念入りにしているようです。

201507大熊町20.pngいよいよ撮影開始です。初めはなんだか照れ気味だった子ども達も、だんだんと慣れてきた様子。最後までしっかりと役割を果たしていました。しっかりとメッセージも話せていましたね。

201507大熊町6.jpgおやおや、こちらは、レフ板を背中に乗せて動かないように固定してますね。小学生ならではのアイディアですね~☆

201507大熊町7.pngなんだか、まるでプロの撮影チームのような雰囲気で、みんなとっても楽しそうですね!


201507大熊町8.png午前中の撮影が終了し、昼食タイムです。スタッフも子ども達と一緒に給食を頂きました!!この日のメニューは、「ごはん、春雨スープ、チンジャオロース、豆腐シューマイ」でした。子ども達とお話をしながら、とても楽しい時間を過ごしました。

201507大熊町9.png特別授業はパナソニックワイルドナイツの北川選手、野口選手、三輪選手の3名が「夢を叶える」をテーマに授業をしてくださいました。ラグビーとの出会い、ラグビーの魅力、夢を叶える為にどんなことをしてきたのか、それぞれの選手からお話が聞けました。

201507大熊町10.pngそしてお待ちかね、カラダを目一杯使っての特別授業が始まりました。3人の選手の間をタグを取られないように走り抜ける通り抜けタグや、ラグビーボールパスなど、みんな終始笑顔で楽しみました。タグ取り鬼ごっこでは、みんな校庭を力いっぱい走り回っていましたよ。

201507大熊町11.pngチームの罰ゲームは「キラキラ・キラキラ」と言いながら大の字でジャンプします。初めは恥ずかしそうだったのに、だんだん面白くなってきて最後には楽しそうに「キラキラジャンプ」してましたね。この日の授業で使用したラグビーボールとタグセットはパナソニックワイルドナイツの選手の皆さまから学校に寄贈いただきました。有り難うございました。

201507大熊町12.pngいよいよ午前中、子ども達が撮影した「今、つたえたいこと」の上映会です。上映会には校長先生や、他の先生方も参加してくれました。もちろん、ワイルドナイツの選手も一緒に鑑賞です。メッセージ映像が流れ始めると、子ども達や先生方は映像に集中。時々流れるNGシーンには笑いもあり、全19名のメッセージ映像が終わると、会場には拍手が沸き起りました。北川選手や野口選手から、感想もいただきました。

201507大熊町13.png撮影を体験した子ども達や、校長先生からも、出来上がったみんなの「今、つたえたいこと」のメッセージ映像の感想をいただきました。子ども達の頑張りに、校長先生も驚いてくれていましたね。

201507大熊町14.png最後に映像タイムカプセルに封印した、子ども達が撮影したもう一つの映像「未来へのメッセージ」が、三輪選手から児童代表に進呈されました。10年後に、みんなで集まって今日の映像を楽しんでもらいたいですね。
201507大熊町15.jpgワイルドナイツの選手からサイン入りチームのうちわや、クリアファイルなどをいただき、これですべてのプログラムが終了となりました。大熊町立小学校(大野小学校・熊町小学校)の皆さん、一日本当にお疲れ様でした。

【チャンネルパナソニック】 はコチラ


【参加者の感想】
-参加した子ども達の感想-

「今回、本格的なカメラで動画を撮りました。初めは使い方がわからなかったけれど、なれてくるとわかるようになりました。カメラの前で感想を言うのは緊張したけれど、自分の気持ちを言えてよかったです。午後の上映会では、みんなの気持ちが伝わってきました。なので、今回のことを忘れずに、今後も頑張っていきたいです。」

「最初は、ちゃんと撮れるか心配だったけれど、ちゃんと撮れたので良かったし、今伝えたいことを伝えられたのでよかったです。」

「うまくできるか不安だったけれど、班の人と協力してやったからこそうまくできたんだと思いました。とてもいい経験ができたと思い、とても楽しかったです。」

「最初はうまく機械をつかえなかったけど、やっているうちに使えるようになりました。そして、今伝えたいことを伝えられてよかったです。ラグビーの選手たちと活動ができて楽しかったです。最後に、できた映像を見ると、とてもよくできていてよかったです。」

「4時間かけて映像を作り、めっちゃ疲れたけど、良い経験になったので、すごく楽しかったです。5時間目にラグビーの選手と一緒にスポーツをやってみんなと楽しく過ごせました。6時間目は、上映会ということで、映像をみんなで見ました。みんなで協力したので、あんなによい映像ができました。またやってみたいと思いました。」

「カメラの操作が難しかったけど、きれいに撮れたし、貴重な経験になったので、とても楽しかったです。」

「慣れないカメラ機材を使い、友だちと協力して映像を撮ることができ、貴重な経験ができて本当に良かったと思いました。また、自分の想いや夢についてきちんと伝えることができてよかったです。10年後に、この映像を見るのが楽しみです。」

「カメラや音声などの機材を使って自分たちで取り組んだことがなかったので、貴重な経験ができました。10年後、撮ったものを見たいです。」

「動画撮影は、楽しかったです。伝えたいことも伝えられました。将来の自分へ話したことを10年後に見るのが楽しみです。」

「初めて自分たちで撮影をして、話す内容を忘れてしまうくらい、うまく伝えられるか緊張したけれど、みんなと話したり、黒板に絵を描いたりすると、少しずつ楽しく撮影ができました。カメラやマイクの使い方もわかったし、今伝えたいことが言えたので、とても楽しかったです。」

「初めて本物の機械を使っての撮影がとても楽しかったです。いい経験になりました。」

「初めてさわったカメラ。本格的に撮影できてすごいと感じました。10年後の未来に見るのがとても楽しみです。」

「カメラマンとかマイクマンとか初めての経験だったけど、何度かやるうちに慣れてきました。楽しく活動ができ、またやりたいと思いました。」

「カメラマンみたいになって映像を撮って楽しかったです。ラグビー選手とも運動ができて楽しく活動ができました。」

「撮影をしてみて、みんなで協力して撮影ができたのが楽しかったです。」

「見たことはあるけど、使ったことのない機材を使って自分たちで最初から最後までやれたのが楽しかったです。」


― 先生の感想―
「大変お世話になりました。子ども達も、普段とは違う一面や新たな発見を今回の活動を通して感じたようです。今回、みんなで協力し合い、話し合いながら、一つの作品を作成することができたことが深く印象に残ったようです。活動の最後に自分たちで撮影した作品をその日のうちに見る事ができたのもよかったようです。将来の夢を見る事もとても楽しみにしています。」

----------------------------------------
《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

KWN(キッド・ウイットネス・ニュース)

パナソニックワイルドナイツ


ページの先頭へ