Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本: 2014年度 日本国内での学校教育支援活動レポート ~地域に根ざした活動展開~

英語ブログ

日本: 2014年度 日本国内での学校教育支援活動レポート ~地域に根ざした活動展開~

2015CSR21.png

パナソニックでは、持続可能な社会の実現のために、「次世代育成支援」を企業市民活動の重要なテーマであると考え、特に日本では、学校向け教育プログラムの提供に力を入れて取り組んでいます。

●パナソニックグループ横断活動「エコ・モノ語(がたり)」

2015CSR22.jpg

次世代育成支援の中核をなしているのが、CSR・社会文化部が推進する「エコ・モノ語」です。
本プログラムは、小学校5年生の社会科単元「工業生産を支える人たち」と連動した環境教育プログラムで、①出前授業、②教材提供の2つのスタイルで学校を 支援しています。

2015CSR23.png

学校への整備が進められている電子黒板やタブレットPCを活用した授業づくりも学校と一緒に研究しています。

2008年からスタートした本活動は、2015年3月で、累計2,000校、約11万人を超える児童が受講。
従業員講師として活動に参画した社員数は、延べ389人になります。

2014年度は376校、25,000人へ実施。製造・販売・修理・ ビジネスサポート部門など様々な部署から70名を超える従業員が講師として参画しました。このように各地の工場や事業場で地域貢献の素材として「エコ・モノ語」が活用され、従業員参加型の企業市民活動として定着しています。

2015CSR24.png

出前授業講師として活動に参画する社員の取り組みは下記の通りです。
授業デビューまでの奮闘を紹介しています!
【動画レポート】エコ・モノ語|先生はパナソニック社員



●社内カンパニーでの活動
商品を実際に製造・販売しているカンパニーでも、それぞれの商材を使った出前授業を展開しています。
2014年度、エコソリューションズ社では、LEDをテーマとした「あかりのエコ 教室」と「エコと太陽光発電教室」を、従業員ボランティア(講師18人、サポート58人)で約200校、14,000人へ実施しました

2015CSR25.png【関連動画】あかりのエコ教室の取り組みについて(藤沢市で実施した授業レポート)

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社のエナジーデバイス事業部では、電池をテーマとした「出張・遠隔電池教室」を、2014年度は、約90校、7,000人へ実施しました。2015CSR26.png1995年より開始した電池教室は現在、インターネットを利用した遠隔教室も展開。海外との交流授業も実施しています。       


2015年度も4月1日よりプログラム実施校を募集中で、今後もこれらの活動を通じ、次代を担う子ども達の育成をグループ全体で推進してまいります。


学校向けプログラムの概要はこちらから

《関連サイト》

次世代育成支援


ページの先頭へ