Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:博多湾で1500本の黒松松苗植樹活動 ~エコリレージャパン連携推進~

英語ブログ

日本:博多湾で1500本の黒松松苗植樹活動 ~エコリレージャパン連携推進~

エコリレー.png



2015エコリレー0307集合.jpg

2015年3月7日(土)、博多湾(国営海の中道海浜公園)で松苗植樹を実施しました。パナソニックグループ社員とその家族、松愛会・松九会のOBの方々、PSNU福岡支部、九州パナソニックファミリー会、パナソニックサイクルテック労組からも協力をいただき、総勢65名が参加して1500本の黒松の松苗植樹を行いました。この博多湾での松苗植樹の取組みに当社は2001年から取組んでおり、今年で15年目の環境活動となります。この日は天候にも恵まれ、パナソニックグループからの参加者65名に加えて、学生ボランティア、市民ボランティアを含めて総勢約200名で実施しました。
参加者は植樹する松苗の株主として500円の参加費を支払い、九州大学名誉教授(農学博士)に植樹方法を指導いただいて、この日一日だけで、総数1500本の黒松の松苗植樹を実施することができました。

20150307エコリレー1.jpg植樹活動終了後、松苗への水遣りを給水車からのバケツリレーで実施しました。

2015エコリレー03072.jpgこの15年間の取組みで、パナソニックグループ社員が博多湾で植樹した黒松は2万3千本を越えており、地域に貢献すると伴に環境を守る活動として高く評価をされています。この博多湾での松苗植樹と松林の保全活動は、350年前の江戸時代(黒田藩の取組み)から続いており、先人達から受け継いだこの取組みを、我々は次世代の子ども達にも継承していきたいと考えています。
海岸線に松を植樹することにより、日本人の心の原風景の復活と継承を図るとともに、土地や農作物、山の森を潮風から守ることができています。この松林をつくり松原を守る環境活動の取組みを、パナソニックグループとして今後も継続していきたいと考えています。

《関連サイト》
はかた夢松原の会
ブログ参照
エコリレージャパン


ページの先頭へ