Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:東日本大震災追悼 ボランティア100名がAVC社仙台工場で絵灯籠を作りました

仙台工場タイトルpg.jpg

震災発生から4年を前に、2月28日(土)一般ボランティアが当日の追悼式典で使用する絵灯籠作りをパナソニックAVC社仙台工場で行いました。
仙台工場は地域の復興活動に参画しており、当日は場所の提供・ボランティアの受入、絵灯籠作りの指導を実施しました。

仙台工場2.png当日午前中は被災地である名取市閖上地区を訪問、午後からの絵灯籠作りには小さい子供から地元高校生、年配の方など地域のボランティアが100名以上参加。

仙台工場3.png昨年仙台工場が開発・製作し名取市に寄贈した2500基の電子絵灯籠に、あらたに全国から寄せられた追悼の思いが込められた絵を、参加したボランティアの人達が1枚1枚差し替えを行いました。また紙の絵灯籠2,000基も作成し、全部で約4500基の絵灯籠を完成させました。

仙台工場5.png絵灯籠は今月8日に閖上小学校で、11日には閖上中学校で開かれる追悼式典で点灯、閖上地区に『光の道』を作り、犠牲者の鎮魂と復興を願
います。

《関連サイト》

昨年の模様はこちらから

日本:六甲山系防災樹林帯の整備活動 ~エコリレージャパンと連携推進~

エコリレー.png

201503植樹1.jpg

この活動は、パナソニック電工 阪神地区 松寿会 フォレスター松寿(以下、フォレスター松寿)が、六甲山系グリーンベルト整備事業の森の世話人として、2009年10月から行っている活動です。

2015年2月14日(土)、2014年度第10回目となるフォレスター松寿主催の植樹活動が開催されました。
総勢43名の参加で「クリ」や「サクラ」などの苗木36本を植えました。

20153植樹3.jpg詳細は、フォレスター松寿ブログ参照

20153植樹2.jpg六甲山系は、平成7年1 月17日に発生した兵庫県南部地震により風化した花崗岩に緩みが生じ、多くの新たな斜面崩壊、亀裂等が発生しており、山麓に広がる市街地の安全の確保が地震後の緊急の課題でもありました。

六甲山系グリーンベルト整備事業は、この課題に対応するため、国土交通省と兵庫県が事業主体となり、六甲山麓地域の土砂災害に対する安全性を高める為に、市街地に接する山麓から山腹に至る斜面に一連の防災樹林帯を整備するものです。

参考資料

フォレスター松寿HP

エコリレージャパン


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2015年3月 アーカイブ