Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:東北復興支援 味の素グループとパナソニックが協働 被災地からのメッセージを発信

味の素ロゴ.png KWN_logo.jpg

味の素201521.jpg

「味の素グループ 東北応援ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」(健康・栄養セミナー)の模様をパナソニック「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)」参加校の勿来第一中学校の生徒を中心としたメンバーに取材・撮影してもらいました。

■ 主 催:社会福祉法人 富岡町社会福祉協議会(おだがいさまセンター)
■ 協 力:味の素グループ パナソニック(株)
■ 開催地:富岡町泉玉露応急仮設住宅(いわき市泉応急仮設住宅)仮設住宅の集会所
■ 日  時:2015年2月1日(日) 9時~12時   「健康&栄養セミナー」
■ 参加人数:いわき市泉応急仮設住宅の皆さん 10名
■ メニュー:アンコウのリゾット/高野豆腐の焼肉まき/小松菜ともやしのレンジナムル  
■ キッズレポート:KWN日本参加校 いわき市立勿来第一中学校(2013年度最優秀作品賞受賞校

味の素201522.png今回は、富岡町泉玉露応急仮設住宅(いわき市泉応急仮設住宅)で実施となりました。
9時00分、まずは食材の下準備からスタートです。味の素さんから頂いた、パンダのバンダナ(パンダナ)を頭に巻いてみんな気合が入ります。生徒達は慣れない手つきで、一生懸命にお手伝い。


味の素201523.png管理栄養士の角川さんからアドバイスをみんな真剣な表情で頂きながら、着々と準備を進めていきます。

15味の素2015.png10時00分、いよいよ仮設住宅にお住いの皆さんが集まってきました。早速、生徒からのインタビューを開始です。快く、インタビューにも答えていたきました。


24味の素2015.png今回、参加している全スタッフの紹介と共に、仮設住宅にお住いのみなさんへご挨拶。子ども達は少し緊張気味かな?みなさんと一緒に料理作りを体験し、たくさんお話ができるといいですね。


味の素20154.pngいよいよメニューの発表です。参加者の皆さんも、メニューをしっかりチェック。今日は、子ども達からの提案もあり、地元の食材(あんこうと高野豆腐)を使った料理です。いよいよ料理教室と健康・栄養セミナーのスタートです。

味の素201525.png子ども達は4グループに分かれて、参加者の方々とコミュニケーションを取りながら、料理をお手伝い。
料理を進めながら、健康や栄養に関するする大事なポイントでは、管理栄養士の角川さんが都度アドバイスをしてくれます。作る料理は3種類!! みんな頑張って。


味の素201526.png仮設住宅にお住いの皆さんにとっては、ちょうどお孫さんの年齢と同じくらいの生徒達。段々と打ち解けはじめ、いろいろ会話ができたようです。料理を作りながら楽しそうでした。


味の素201527.pngグループもバッチリ料理が完成したようです。出来上がった料理を、一緒に盛り付け作業。
会場には、美味しそうな、いい香りが!!

味の素20159.jpgみんな揃って、いよいよ実食タイムです。みんなの表情が、とてもGOODですね☆「いただきま~す!」


味の素201528.pngみんな、頑張って作った地元の食材を使った料理の数々。「あんこうのリゾット」「高野豆腐の焼肉巻」「小松菜ともやしのレンジナムル」など。どれを食べても、おいしさ抜群でしたね!


味の素201510.pngどのグループも、参加者の皆さんと生徒達との距離は縮まり、笑顔で談笑タイムでしたね。


味の素201511.png仮設住宅にお住いの参加者の皆さんに、今日の感想をインタビュー。皆さん、嬉しそうに一問一答してました。一日楽しく過ごしていただけたようで本当に良かったです。


味の素2015212.png東北応援ふれあいの赤いエプロンプロジェクトに携わる方々にもインタビューもしました。それぞれ、今日の取り組み、福島の復興について、思い思いのメッセージを話していただきました。


味の素2015213.jpg最後は、参加者の皆さんとスタッフ全員で記念撮影。皆さんいい笑顔ですね。パナソニックと味の素との協働企画は、始まったばかりです。子ども達が取材・撮影した映像は、これから編集作業をおこない、3月14日(土)にこちらの仮設住宅にお伺いし、上映会を開催いたします。その時、また参加者の皆さんとふれあい、皆さんの笑顔が見れることを楽しみにしています。


※AJINOMOTO NEWS (https://www.facebook.com/ajinomoto.news)

※いわき市立勿来第一中学校の皆さんが制作する作品は以下のサイトで近日公開を致します。お楽しみに!

東北復興応援「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクールキッズTV
東北復興支援「きっと わらえる 2021」

《関連サイト》
東北復興応援「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール
東北復興支援「きっと わらえる 2021」

日本:「NPO組織基盤強化フォーラム」~組織診断を取り入れた組織基盤強化を考える~を開催

20150122F タイトル.jpgパナソニックは社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPO/NGOの組織基盤強化が必要であるとの認識のもと、2001年に「Panasonic NPOサポート ファンド」を設立しました。以来、一貫してNPOの組織基盤強化を応援し、242件2億9千万円の助成をしています。
現在は助成テーマを「客観的な視点を取りれた組織基盤の強化」とし、NPOの組織基盤強化において、第三者の多様で客観的な視点を取り入れることを重視しています。さらに組織基盤強化の具体的な取り組みのみならず、組織全体の現状を分析し、課題を抽出する「組織診断」のところから応援しています。

今回の組織基盤強化フォーラムでは、NPOの「組織診断」をテーマに、NPOサポート ファンドの助成を受けて組織診断に取り組んだ団体、組織診断を行う専門家、地域の支援センターが独自に実践している取り組みと成果、課題について発表いただきました。
20150122F パネラー.jpg

■事例発表者■
ホールアース研究所 代表理事 山崎 宏 氏
杜の伝言板ゆるる 代表理事 大久保 朝江 氏
社会的認証開発推進機構 専務理事・事務局長 平尾 剛之 氏

■聞き手■
日本NPOセンター 常務理事 田尻 佳史 氏

20150122F 田口さん.jpgまたフォーラムの冒頭で、パブリックリソース財団の田口由紀絵氏より、NPOの持続的発展に組織基盤強化が有効かどうか、NPOサポート ファンドの有効性の調査結果を報告いただきました。
パブリックリソース財団には、昨年、2012年にNPOサポートファンドの助成を受けた団体を対象に、「組織診断の効果」や「助成後に組織運営上の課題が解決されたかどうか」、「組織基盤強化によって団体の本来事業のアウトカム、インパクトが改善・向上されたかどうか」の調査をしていただいています。

▼【NPOサポート ファンド調査レポート Vol.4】
「組織診断のプロセスが組織基盤強化につながる」

フォーラム後半には、参加者間で組織診断を受ける側、行う側、それぞれの取り組みを聞いての意見交換を行いました。

20150122F 今田さん.jpgフォーラムの最後に、日本NPOセンター常務理事の今田克司氏より、
「『組織診断は当たり前で、診断なくして強化なし』
健康診断と一緒で、自分の健康状態が分かってはじめて強化ができ、組織基盤強化は健康維持増進活動に似ています。NPOは活動がメインであり、その活動と組織基盤強化のバランスを意識しながら取り組むことが大事です。
NPOのマネジメントはそもそも難しく、取り組んでいる人は時代のフロントランナーであるという気概をもって取り組んでいただきたい」
と挨拶がありました。

当日の詳細レポートは、2月中旬に「Panasonic NPOサポート ファンド」のウェブサイトに掲載します。

20150122F 感想.jpg

▼Panasonic NPOサポート ファンド

◆関連情報◆
▼パナソニックのNPO/NGOの組織基盤強化支援
▼Panasonic NPOサポート ファンドとは
▼【ブログ】Panasonic NPOサポート ファンド 2014年募集事業贈呈式

第14回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県南相馬市立原町第二小学校で開催~

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg

南相馬集合1.jpg

東日本大震災で被災した子どもたちを対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、1月28日に福島県南相馬市立原町第二小学校で実施しました。今回で19校目の開催となりました。 「きっと わらえる 2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウイットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。
撮影は6年生(震災当時2年生)が4グループに分かれて行われ、支援に対する「感謝の言葉」や「復興への想い」「故郷福島への想い」をしっかりメッセージで伝えてくれました。


南相馬原町2.jpg◇ 日程 : 2015年1月28日(水)8:20~16:00 
◇ 場所 : 福島県 南相馬市立原町第二小学校
◇ 参加人数 : 6年生 34名
◇ スタッフ : 
   【講師】 鈴木(パナソニック)、井手、大沢、朴 【編集】 須永 
   【パナソニック サポートスタッフ】 福田、高橋、磯田 
   【サポートスタッフ】阿久津 【全体管理】横尾  (敬称略)

《原町第二小学校制作「今、つたえたいこと」》

南相馬原町3.png8時20分に多目的教室で6年生34名とスタッフが対面。子ども達は少し緊張気味かな。
まずは、映像講師とサポートするメンバーの紹介をしました。続いて、監督・カメラ・音声・録音・カチンコ・・・撮影の役割分担をデモンストレーションを兼ねて、講師の井手さんから説明をしてもらいました。
いよいよ本格的な機材を使っての撮影が始まります。
今回も「今、つたえたいこと」「未来へのメッセージ」の2本を制作します。早速4グループに分かれて思い思いの撮影場所へ移動です。

南相馬原町4.png各グループが移動し始める中、講師の朴さんグループは、手を重ねて気合を入れてました!チームワークが映像制作には非常に大切なのです。講師の大沢さんグループは、撮影場所を念入りに検討しているようです。


南相馬原町5.png屋上や校庭、子ども達の教室など、撮影場所はさまざま。風が強くて、寒かったけど、最高の青空の下、子ども達は最後までしっかりと役割を果たしていました。橋本先生も助っ人に登場ですね!!

南相馬原町6.png終盤には、子ども達も慣れてきて、それぞれのポジションでの恰好がバッチリ決まってますね!!

南相馬原町7.jpgこちらは撮影が無事終わり、余った時間でオマケ映像を撮影中。「みんなで繋ごう、二小の輪~☆」


南相馬原町8.png午前中の撮影が終了し、昼食タイムです。スタッフも子ども達と一緒に給食を頂きました!!子ども達とお話をしながら、とても楽しい時間を過ごしました。


授業1.pngさあ、午後の特別授業がスタートしました。講師はパナソニックで広告を担当する社員です。テーマは「広告を作るお仕事」について。
広告ってなんだろう? 広告の作り方などをCMなどを観ながら授業は進みました。
授業の最後は、「みんなで自分のキャッチコピーを考えよう!!」です。


南相馬原町16.png子ども達はみんな真剣に悩み、スケッチブックに思い思いのキャッチコピーを描きいれました。笑顔もたくさん見ることができました。面白いキャッチコピーもありましたね!

南相馬原町12.jpg全員のキャッチコピーを掲げて、みんなで記念撮影。これにて、特別授業は終了!!講師の鈴木さん、ありがとうございました。


南相馬原町17.pngいよいよ午前中、みんなが制作した「今、つたえたいこと」の上映会です。上映会には校長先生や、他の先生方も参加してくれました。思い思いのメッセージが流れ始めると、子ども達や先生方は映像に集中。時々流れるNGシーンには笑いもあり、全34名のメッセージ映像が終わる会場にはと拍手が沸き起りました。

南相馬原町15.jpg最後に映像タイムカプセルに封入したもう一つの作品「未来へのメッセージ」が児童代表に進呈されました。


子ども達から、お礼の挨拶をしていただき、すべてのプログラムが終了となりました。原町第二小学校の皆さん、一日本当にお疲れ様でした
―担任の橋本先生の感想―
出来上がった映像を見て、改めて震災に向き合って考えをまとめることができて本当に良かったと思います。子ども達にとっては、至福の1日になったようです。卒業前にあんな素晴らしい1日をプロデュースして頂き、本当に幸せな子供たちだと思います。もちろん私も、貴重な経験をさせていただきました。翌朝のHRで、みんながお世話になった方たちが、どれだけ手間をかけてくださったのか、そして普段は大きな仕事をしている素晴らしい方ばかりだったことを改めて子ども達に伝えました。自分達がいかに貴重な体験をしたのかが、ジワッと感じられたように思いました。 

◆関連サイト


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2015年2月 アーカイブ