Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 札幌市陵北中学校で開催しました

英語ブログ

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 札幌市陵北中学校で開催しました

KWN2013.png

2014稜北1.png

2014年度キッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップが終了しました。
本年度は新規校を中心に13校にご参加いただきました。有り難うございました。40年ぶりの大雪の札幌で行われた本年度最後のワークショップの模様をレポートいたします。

2014稜北5.png■日 時:1111/14(金)15:00~18:30
■参加者: 放送部/生徒9名、教員1名
■講 師:映像作家 井手広法さん   パナソニック 熊沢

参加2回目の札幌市稜北中学校 放送部9人の生徒さんがワークショップに参加してくれました。
実際に取材で撮影した映像の確認と、評価、課題と解決について講義しました。

2014稜北2.png今回は、先生のご指導のもと、生徒さん達がかなり撮影を頑張って行っていたとの事で、実際にその素材を見てみると、かなりのカットが既に収録済でした。ただ、そこからの編集方法が技術的なことはさておき、「どうしたら作品になるのか?」そのノウハウを教えて欲しいという、熱いリクエストに出来る限りお答えしました。

2014稜北3.png編集の概念的な部分と、構成の大事さについて、例をあげながら説明して行きます。 どういう順番で、撮った映像をつないで行くのか?またその意味は、どうやって形にしていくのか?生徒さんたちの真剣な顔が印象的でした。

2014稜北4.png構成について考える時に、最も基本的で需要な事は、「いつ、どこで、だれが、なにを、どのように、どうした、なぜ?」の、5W1Hを編集上で再現してあげるという事です。その法則を絵コンテを書きながら説明して行きます。みんな真剣にメモをとりながら、また質問を投げかけながら進めて行きます。実技が中心のいつものワークショップではなく、こういった座学が中心のワークショップはあまり機会が無いので、生徒さんの理解が追いつくように確認しながら、注意深く進めました。途中で、ナレーター担当の生徒さんは別場所でそのコツを伝授されました。

《講師 井手さんの感想》
今回のワークショップで、皆さんにお伝えする際に、最も注意した事は、人間の「しりたい」欲求の大原則を「構成」を考える事で、例え短い作品でも簡単にお伝えする事が出来ると言う事でした。そうすれば、ただ撮影した映像をどうしたら形に出来るか?と悩んでもいても、ナレーションをベースに、物語の下地を作り、その上に撮った映像を置いて行く事で、説得力のある映像がどんどん構築されて行きます。
その意味を実例をあげて説明して行きましたが、実際にカメラをまわし、その事で悩んでいた生徒さん達だったので、長い座学の時間でも集中力を切らさず、ついてきてくれたのはさすがだと感じました。
撮って来た映像も、とても難易度の高い映像で、よく撮れていたので、これを構成してまとめて行くとが上手く行けば、日本のみならず、グローバルの国々の皆さんへも、印象度の高い作品になるのではないでしょうか。


皆さん。作品づくり頑張ってくださいね。楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ