Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 西町インターナショナルスクールで開催しました

英語ブログ

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 西町インターナショナルスクールで開催しました

KWN2013.png



西町.png2014年度キッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

西町1.jpg■日 時:10/30(木)・10/31(金)16:00~18:00
■参加者:西町インターナショナルスクール 1年生~6年生  合計22名
■講 師:映像作家 井手 広法さん

KWN初参加の西町インターナショナルスクールの子どもたちがワークショップに参加してくれました。
パソコンクラブのメンバー22名。西町インターナショナルスクールは、木曜日と金曜日のクラスにわかれて作品づくりに取り組みます。
今回のワークショップでは、金曜日がちょうどハロウィンパーティの日だったので、木曜日のワークショップの方に、金曜日のクラスの子どもたちも数名集まり大賑わいでした。

西町2.png

まずは、木曜日のワークショップがスタート。個性的な学校の中で、個性的な子どもたちを目の前にして、どんな授業を行うか、講師の井手先生は直前までいろいろと考えていましたが、いざ蓋を開けてみたら、みんなのキラキラした目に刺激を受けて、とてもいい雰囲気で始まりました。みんな、井手先生の言葉の一つ一つに目と耳をかたむけ、分からない事はスグに質問の手が挙がっていました。こういう雰囲気って、講師の先生たちにとってもヤル気が出るとても良い空気なんですよね。

西町3.png

いよいよ機材に触れていきます。まずは、スタッフ(役割)を決めます。井手先生がワークショップを行う時に必ず最初に言う事ですが、映像制作は独りでは出来ません。みんなそれぞれの役割をしっかりと把握し、行動しなければ満足な撮影は出来ません。チームとして機能する為のまずは役割分担と、機材の説明、そして実際の撮影のテストとして、インタビューの撮り方の説明を行いました。みんな機材を触りたくてウズウズしていましたが、一つ一つ教えて行くと、だんだんと様になっていきますね。

西町4.png

撮った映像はその場でチェックしてみます。このチェックがとても大事です。みんな自分たちが撮った映像のどこが良くてどこが悪いのか?をそれぞれ感じ、次の撮影に備えます。ここで大きな力を発揮する道具が「絵コンテ」です。プロみたいに上手に描く必要はありません。「いつ、どこで、だれが、なにを、どのように?」が分かるように、順番に撮影して行く為の料理で言う「レシピ」にあたるものが「絵コンテ」なのです。これがあることで、みんなが「次何撮るんだっけ?」と迷わずに進めることができます。

西町5.png

KWN受賞校の作品もチェックしましたね。みんな真剣な表情で見ています。最後に、井手先生が編集した作品を鑑賞です。一体どんな撮影が出来たのでしょうか? 最初はワイワイ、ガヤガヤでお祭りみたいな雰囲気でしたが、最後の方は講師の井手先生が手を出さなくても、ひとりでに撮影が進むような雰囲気になっていましたね。これからが本番、頑張って欲しいです。これにて木曜日のワークショップ終了。作品の完成が楽しみです!

西町6.png

翌日の30日、金曜日のワークショップがスタートしました。井手先生が編集した木曜日のワークショップの映像鑑賞から始まりました。楽しく、そして緊張した面持ちで進んでいく木曜日のドキュメント映像に、見ているみんなの目も、笑いながらも真剣そのもの。
さあ、自分たちは一体どんな映像をつくるんだろう?何が出来るんだろう?そんな気持ちが伝わってくる表情でした。

西町7.pngまずは、機材の使い方・テスト撮影を行います。みんな初めて使う機材なので、興味津々ですが、同時に緊張もします。でも道具は使いこなさないと始まりません。その道具である機材の使い方を一つ一つ伝えていきます。役割分担も行いましたが、不思議とそれぞれの役割に向いた人たちが出てくるんですね。カメラが好きな人はずっとカメラを触ってましたが、それで良いんです。あっというまにその使い方をおぼえました。スタッフが決定したら、早速テスト撮影を行い、その映像チェックを行います。さすが上級生、飲み込みが早い!どういう撮影が良い映像になるのか?そのコツを少しつかんだようでした。あとは実践あるのみです。

西町8.pngテスト撮影の後はどうしよう、、、そんな悩みを吹っ飛ばすようなアイディアが!
 「そうだ!今日はハロウィンパーティーを体育館でやっているから、その取材をしよう!!」 
というわけで、アポなしの、いきなり突撃取材をするため、体育館に移動します。会場はハロウィンらしく暗い状況でしたが、幸いライトで照らされた、まるで撮影ブースと言わんばかりのコーナーがあり、早速ここにカメラをすえてインタビューを開始しました。すると、あっというまにカメラに映りたい子どもたちが押し寄せて来て、撮影チームは大忙し。なんとこの撮影が、この会場の出し物の一つと間違われていたようでした。でもそんな錯覚を来場者に起こさせる程、みんなの態度が堂々としていたんですよね。

西町9.pngそして、また前日と同じように講師の井手先生の編集作業中に、過去のKWNの受賞校の作品を鑑賞しました。これは今後どのような作品づくりをしたら良いかの重要な手がかりになります。そのあとは、編集した作品をみんなで鑑賞しました。今回は会場で撮れたインタビューの数も多く、とてもバラエティに富んだ映像になりました。みんな感性が豊かで、思った事をすぐ行動にうつせるバイタリティにあふれてました。その力を是非作品づくりにいかしてほしいですね。期待度大きいです。これにて、金曜日のワークショップも楽しく終了となりました。

《参加者の感想》
-参加した子ども達-
◆浦島太郎
最初は、マイクが上手に使えるか心配だったり、責任が重くて緊張したりしていたのですが、ハロウィーンの取材で、マイクの仕事をした時に、上手に音声がとれていたので、自信がつきました。KWNの取材など、番組を作るときは、ぜひ、マイクを担当してみたいです。\(^_^)/

◆Nicholas
10月30日の授業は面白かったです。ぼくの友達とレフ板で出演者に光をあてて、井出さんがどうやってカメラで映像をとるかとか、どの角度でレフ板をあてるかとかを学べて面白かったです。ありがとうございました。これからは、いっぱい自然の映像をとりたいと思います。

◆まりりん
初めてのディレクターの仕事は緊張したけど、すっごく楽しかったです!今度は静かに素早くできるといいです。

◆とらさん
インタビューをする人になるのは一段と大人になった感じで嬉しかったです。今度は編集の仕事もしたいです。

◆Kak
最初「カメラで動画をとるとき上手にとらないと」と思いましたが想像より簡単でした。このような貴重な体験ができてとてもうれしいです。

◆doglover1020
とても楽しかったです。次はカメラマンをしてみたいです。

◆Mari
レフバンの光り方や、カメラのじゃまにならないようにするためにはどうすればよいか学べました。

◆LOLipop
プロのカメラを初めて使ったのでとても楽しかったです。とても難しいチャレンジでした。次は、ぜひマイク係をやってみたいです。

◆JEDI
ビデオカメラやマイクの使い方を学べて、とても楽しかったです。ためしにビデオをとれたのがうれしかったです。

◆iloveminecraft
わたしは、映像をつくったのが楽しいと思いました。YAY!

◆Yuki
一番楽しかったことは、わたしがカメラを使ったことです。

◆Minecraft
とても楽しくかったです。本物のカメラを見たので、すごくこうふんしてしまいました。試してわかったことは、とてもマイクが重かったことです。こんどやるときは、カメラマンさんをやりたいです。

◆Sena
カメラマンがかりのとき、本当のカメラの大きさをはじめてわかりました。そして光の当て方がわかりました。

◆Grass Block
コンピューター クラブで こんなことが できて楽しかったです。

◆Sus
コンピュータークラブに来て、ほんとうによかったです。

◆Rikaさま
私はカメラに写ることがとても好きでした。もっと楽しい演技をしたいです。

◆るっPー
コンピュータークラブでハロウィンのロケができてとても楽しかったです!今回はカメラ使えなかったので、今度は是非使いたいと思います!

◆Minecraft is awsome
マイク係になりました。音を聞くだけなのに、監督のような仕事ができて楽しかったです!!!

◆Will
I like being the mike guy, also i had lots of fun!

◆s
i had fan doing it.


― 参加した指導者-
子供たちが番組作りの構成を考えていくのに必要な要素を学べる大切な授業となりました。プロのカメラマンから、どんな機材をどのように使うかを教わるだけでなく、何のために映像を撮るのかを詳しく教えてもらうことは、子どもたちにとって新鮮でした。そしてそれが彼等のやる気に火をつけたように思います。これから子どもたちがどんな作品を作り上げるかとても楽しみです。
----------------------------------------
個性豊かな子どもたち。みんな積極的で目もキラキラと輝いてましたね!!皆さんのから作品、楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ