Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > キャリア大学 パナソニッククラスを東京と、大阪の2会場で開催

英語ブログ

キャリア大学 パナソニッククラスを東京と、大阪の2会場で開催

パナソニックは、次世代育成支援の取り組みとして「キャリア大学 パナソニッククラス」を東京(8月22日)、大阪(9月10日)の2会場で開催しました。

キャリア大学は、特定非営利活動法人キャリアクルーズが昨年から実施している教育支援プログラムです。大学1、2年生を対象に、将来の仕事について考えるきっかけを与えキャリア形成をサポートする内容です。
昨年参加した学生からは「昨年参加して、自分は変わった。みんなにも何らかのきっかけをつかんでほしい」との声もあがっています。
また当社のほか多くの企業がこの趣旨に賛同し、ワークショップを中心とした講座を提供しています。

今年のパナソニッククラスは、「明日の家電を通じてモノづくりを考える」がテーマ。東京、大阪会場それぞれ約45名の出席者が、「モノ作りを通じて人が生きる空間に新しい価値を提供する」ということを、講義やワークショップを通じて学びました。

1時限目は、「パナソニックのマーケティング概要を知る」と題し、海外における営業、企画、マネジメントに一貫して携わってきた社員が、パナソニックで実施されたマーケティングの成功例、失敗例を通し「お客様のくらしを価値あるものにする商品」を生み出すヒントについて講義をしました。
キャリア大学ブログ2.jpg


2時限目は、商品企画の基本である「商品デザイン」について、実際に現場で働く社員が、現地でのリサーチの様子をはじめとするデザイン現場の取り組みについて、講義をしました。

キャリア大学ブログ1.jpg


そして、3時限目では、グループワークを通し商品企画を実際に体験しました。全部で7グループに別れ、初対面同士、初めは戸惑いながらも最後にはしっかりとチームワークを高めて、「こだわり冷蔵庫」や、お年寄りの世帯を対象とした「冷e蔵庫」、ネット販売の普及における「サンプルプリンター」、「楽しく掃除(掃除にエンターテイメントを)」、介護や育児に忙しい主婦のための洗濯機「SHU風」、「一人暮らし用 食洗ラック」など、社会の変化に対応した多くの「新製品」を企画しました。

キャリア大学ブログ3.jpg


講師からは、それぞれのアイディアに、実用性、安全性、利点、利益の視点からさまざまなアドバイスがあり、「お客様のニーズを掴んで商品を考えることが重要。アイディア実現までの道が遠くても諦めず挑戦していってほしい」とのエールが送られて授業が終了しました。
キャリア大学ブログ5.jpg

~参加した学生の感想~

●商品作りはとても楽しかった。マーケティングに興味がもてた。
●デザインの奥深さについて触れることができて良かった。
●普段の大学の講義では中々体験できない面白いことがあった。様々な大学、学部の人と商品企画という目標のもと活動を共にするのは良い経験だった。
●やりたいことが漠然としているので、なにかきっかけになればと思って参加したが、よい経験ができた。
●モノを作ることの大変さを実感したが、同時に満足できるモノを作り上げてみたいという気持ちになった。


ページの先頭へ