Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ◆日本: 「エネマネ博士になろう」が「消費者教育資料表彰(企業対象)優秀賞」を受賞

英語ブログ

◆日本: 「エネマネ博士になろう」が「消費者教育資料表彰(企業対象)優秀賞」を受賞

キッズスクールロゴ.jpg エネマネ.jpg

6月20日、国民生活センター(東京)で「第9回 消費者教育資料表彰(企業対象)」の表彰式が行われ、当社のエネルギー・環境教育教材「エネマネ博士になろう」が「印刷資料部門」で優秀賞を受賞しました。本表彰は、学校における消費者教育の充実・発展に寄与することを目的に、15年前、公益財団法人 消費者教育支援センターが設置したもの。今回は、25点の募集より、文部科学省、消費者庁、大学の先生、学校現場の先生、企業、マスコミ等が審査員となり、学校現場で役立つ優秀な教材10点が「優秀賞」として選出されました。

●「第9回 消費者教育資料表彰」 受賞団体     ※GREE、花王、サッポロビールなど 当社含め10団体

「エネマネ博士になろう」は、 エネルギー教育に対する社会の関心の高まりや、教育現場からの声~「学校に設置された太陽光パネルを教育資源として活用したい」~をうけ、当社の「創・蓄・省エネ」事業のノウハウやリソースを活用し、開発しました。
日本が抱えるエネルギー資源や発電方法に関する課題とその背景、太陽光発電のしくみなど、子どもたちがエネルギーに対する知識を身につけ、エネルギー問題に対して自分の考えをもち、家庭や学校での実践につなげるプログラムとして構成されています。
  
エネルギー・環境教材「エネマネ博士になろう」の概要     

私たちのくらしや社会に欠かせない、エネルギーとのかかわり方を   「エネルギー編」、「創エネ・蓄エネ編」、「省エネ編」、「実践編」の4つのテーマで構成しており、   全9時間分の授業プログラムを提供しています。小学校4年~中学生まで、その発達段階や   学習 目的に応じて、必要なプログラムを組み合わせ活用できるようになっています。 
  
現在まで(2013年度末時点)、国内では、約300校の学校へ教材提供を実施したほか、2011年10月からは、グローバル環境教材(ELP)の「未来を変える創エネ・蓄エネ編」のモジュールとして、パナソニックにおけるグローバルな拠点で活用されています。パナソニックは、これからも、事業、および、企業市民活動を通じて、「環境」へ貢献して参ります。

エネマネ表彰2.png


エネマネ表彰4.png

《関連サイト》

「エネマネ博士になろう」
次世代育成支援「パナソニック キッズスクール」
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ