Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:社員プロボノ「CAPセンター・JAPANチーム」のウェブサイト再構築プロジェクトがキックオフ

英語ブログ

日本:社員プロボノ「CAPセンター・JAPANチーム」のウェブサイト再構築プロジェクトがキックオフ

20140601 キックオフ タイトル.jpg20140601 キックオフ 雰囲気.jpgパナソニックの社員が仕事のスキルや経験を活用して、チームを組んでNPOを支援するボランティア活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」。

2014年度の2つ目となるプロジェクトが発足し、社員プロボノ「CAPセンター・JAPANチーム」とNPOとのキックオフミーティングが、2014年6月1日に行われました。

▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラムの詳細はこちら

  

20140601 キックオフ チーム側.jpg「CAPセンター・JAPANチーム」はパナソニックの社員7名で構成し、子どもの人権が尊重され子どもへのあらゆる暴力のない社会づくりをめざしてCAP(Child Assault Prevention:子どもへの暴力防止)プログラムなどに取り組んでいる「NPO法人CAPセンター・JAPAN」のウェブサイトの再構築に約6ヶ月間取り組みます。

キックオフミーティングには、「NPO法人CAPセンター・JAPAN」の、理事・事務局長、事務局スタッフと、パナソニックプロボノチーム5名が初めて顔を合わせました。CAPセンターの取り組みや現状と課題について質疑応答、意見交換を通じて理解を深め、CAPセンターの思いを確認し、今回のプロジェクトの目的であるウェブサイトのリニューアルに向けて、何をどのように伝えていきたいのかなどについて共有をはかりました。

20140601 キックオフ NPO側.jpgNPOにとってウェブサイトは重要な情報発信基盤です。
必要な情報を読み手の視点に立って整理し、効果的に情報を伝えていく機能性と、人目を引くデザイン性を兼ね備えたウェブサイト構築を通じて、NPOの発信力を高め、様々なステークホルダーとのつながりをつくり、連携・協働の可能性を広げていきます。

パナソニックプロボノチームは中間提案に向けて、これから7月にかけてのマーケティングフェーズで、CAPプログラムの体感やNPOを取り巻く関係者へのヒアリング調査を通じて、ウェブサイトの役割、ターゲット、コンセプト、メッセージの方向性について検討します。


2014年度の「Panaasonic NPOサポート プロボノプログラム」では、パナソニック社員プロボノチームでNPO3団体の支援を予定しています。
今月、関西で「CAPセンター・JAPANチーム(ウェブサイト再構築支援)」「さをりひろばチーム(マーケティング基礎調査支援)」の2チームがNPOの事業展開力の強化に向けて本格的に活動を開始しました。さらに東京で1プロジェクトを発足させる予定です。また、7月末には福島県で復興支援に取り組むNPO5団体に短期集中型でプロボノ支援を行う「プロボノ TO ふくしま 2014」を実施します。

▼2014年度 プロボノ参加希望者向けに説明会を開催
▼2014年度プロジェクト:NPO法人さをりひろばへのマーケティング基礎調査PJ

20140601 キックオフ事前2 .jpg
--------------------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
--------------------------------------------------------------------
パナソニックは2011年度より「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。
社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。支援先は、NPOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で過去に応援した団体を中心に選定しています。
2013年度までの3年間で、81人の社員がプロボノに参加し、13団体の中期計画策定や、営業資料の作成、ウェブサイトの再構築、マーケティング基礎調査に取り組みました。13団体のうち10団体は、当社社員のみで構成されるパナニック社員プロボノチームで取り組み、支援先には被災地で活動するNPOも含まれています。


<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
▼2013年プロジェクト:「NPO法人ファミリーハウスの理想のハウス」づくりPJ
▼【活動レポート】プロボノ フォーラム TOKYO 2013


ページの先頭へ