Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:【被災地支援プロボノ】NPO法人サンガ岩手へ、パナソニック社員チ-ムがマーケティング基礎調査を支援

英語ブログ

日本:【被災地支援プロボノ】NPO法人サンガ岩手へ、パナソニック社員チ-ムがマーケティング基礎調査を支援

20140329 タイトル.jpgパナソニックの社員が仕事のスキルや経験を活用してチームを組んでNPOを支援するボランティア活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」。
東日本大震災直後に岩手県で活動を開始した「NPO法人サンガ岩手」のマーケティング基礎調査をパナソニック社員チームが応援しました。

 ▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
 

20140329 .手づくり品jpg.jpg「サンガ」とは、人が集まり繋がるという意味があります。
「サンガ岩手」では、「仕事づくり」「生きがいづくり」「仲間づくり」をキーワードに被災地における市民の生活自立支援を展開しており、傾聴ボランティア、心の相談室の開設なども行いながら心の伴走者として被災された一人ひとりに寄り添う活動を行っています。

今回のプロボノプロジェクトでは、「仕事づくり」「生きがいづくり」「仲間づくり」の拠点である手づくり工房で生み出される手作りグッズの商品・販売・持続発展性に関するマーケティング基礎調査をパナソニックの社員6名が応援しました。

パナソニックプロボノチームはプロジェクト発足後の12月に、メンバー4名が手作り工房のある岩手県大槌町に向かいました。そして現地でNPOとプロボノチームとのキックオフミーティングを実施し、NPOの現状を整理して今回のプロジェクトの目的、成果のイメージを共有しました。翌日には大槌町周辺を視察し、サンガ岩手に関わられている方々へヒアリングを実施しました。

20140329 現地訪問.jpg

現地訪問の後は、関東近辺でのヒアリングなど情報収集、分析を行い、2月に中間提案。その意見交換をもとにさらに深掘りをして4月に最終提案をしています。

20140329 最終提案②.jpgパナソニックプロボノチームからの最終提案では、これまでの調査から「経営全般」「マーケティング」「ITプロモーション」「組織運営」「財務」などのNPO経営全体に関わる提言と、今回のプロジェクトのメインである「販路・商品・プロモーション」について、短期で取り組めるものから中長期的なものまで具体的なイメージを添えて広く提案しました。そして、その提案を実現するための運営体制・資金調達についても課題を整理し、解決の方向性を提案しています。

20140329 吉田さん.jpg提案を受けて、サンガ岩手の吉田代表からは、
「震災以降、3年間思いだけで走り続けてきました。提案を受けて、本当にこの通りだなと思います。かゆいところにも手が届く、自分の想像以上の提案を受けて身の引き締まる思いです。ホームページでの見せ方などビジュアルで提案してくれたのでイメージしやすく、商品提案についても目から鱗(ウロコ)でした。提案をしっかりと受け止めていきたいと思います。」
との感想をいただきました。

提案を終えたパナソニックプロボノチームのメンバーからも
●被災地の状況下での提案ということで悩みながら進めてきました。
 チームでいろいろと考え難しかったが、自分たちの提案を喜んでもらえて参加した意義がありました。

●現地訪問に行けなかったので、現地の状況と提案にズレがでないか心配でした。
 また、提案が頭でっかちなものにならないよう気をつけて臨みました。 プロジェクト期間中、たくさんの人の刺激を受けてやって良かったです。

●NPOという非営利組織と接したのは初めてです。お金がない、人がいない、でも思いがたくさんある。その思いの強さと行動力に圧倒されました。
との感想が共有されました。

プロボノプロジェクトでの提案を受け、「サンガ岩手」ではできるところから実践いただいています。またプロボノチームのネットワークから新たな繋がりも生まれ、「サンガ岩手」の活動にますます広がりが出てきそうです。   ▼NPO法人サンガ岩手 ブログ

20140329 記念写真.jpg

--------------------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
--------------------------------------------------------------------
パナソニックは2011年度より「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。
社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。支援先は、NPOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で過去に応援した団体を中心に選定しています。
これまでに、81人の社員がプロボノに参加し、13団体の中期計画策定や、営業資料の作成、ウェブサイトの再構築、マーケティング基礎調査に取り組みました。
13団体のうち10団体は、当社社員のみで構成されるパナニック社員プロボノチームで取り組み、支援先には被災地で活動するNPOも含まれています。


<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

▼2013年プロジェクト:認定NPO法人ファミリーハウスの「理想のハウス」づくり計画立案支援

▼【活動レポート】プロボノ フォーラム TOKYO 2013


ページの先頭へ