Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ソーラーランタンを東アフリカ3カ国へ寄贈①

英語ブログ

ソーラーランタンを東アフリカ3カ国へ寄贈①

目録写真.jpg

パナソニックは、日本赤十字社を通じソーラーランタン3,337台をケニア、ウガンダ、ブルンジの3カ国へ寄贈しました。その寄贈式典が2014年3月26日、日本赤十字社・堀 組織推進部長をはじめとする関係者の方々ご出席のもと、東京にて開催されました。

これは、パナソニックが推進する「ソーラーランタン10万台プロジェクト」の一環として行なわれたもので、新興国・途上国の社会課題解決を目的とし、無電化地域に対して小型ソーラー照明器具を寄贈するものです。2012年度からスタートし、創業100周年を迎える2018年度までに合計10万台の寄贈を目指しています。

今回寄贈されるソーラーランタンは、病院へのアクセスが困難な農村部の診療所や難民・国内避難民キャンプで活用いただきます。堀部長からは「これらの地域は僻地で電力インフラが整備されていないため、これまで夜間の急な出産に際して、助産師が懐中電燈を口にくわえて介助をするなど、劣悪な環境でお産が行われていました。今回のプロジェクトは、赤十字が現地の人たちとともに国内に広いネットワークを展開し、支援の手が届きにくい僻地での困難な状況を解決する活動に大きな力となります」と謝意が述べられました。

パナソニックは、 "A Better Life, A Better World"を提供する取組みの一環として、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を展開し、本業の技術・製品・ソリューションを活かした企業市民活動を継続し、持続可能な開発、そして国連ミレニアム開発目標(MDGs)達成への貢献につながる活動を引き続き行ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ