Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > Panasonic NPOサポート ファンド 2013年募集事業 贈呈式を開催

英語ブログ

Panasonic NPOサポート ファンド 2013年募集事業 贈呈式を開催

贈呈式:記念撮影.jpgNPOの組織基盤強化を応援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の2013年募集事業の贈呈式を1月23日(金)にパナソニックセンター東京で開催。助成を受けるNPOの代表者をはじめ、選考委員、NPO関係者、他社の社会貢献担当者など100名が参加しました。

本ファンドは、持続可能な社会の実現に向けて、「環境・エネルギー」と「次世代育成支援」を重点分野として取り組んでいるパナソニックの企業市民活動の主要プログラムです。社会課題の解決促進に向けて市民活動が発展するには、NPO/NGOの組織基盤強化が必要との認識のもと、2001年に本ファンドを設立して以来、一貫してNPO/NGOの組織基盤強化支援に特に力を入れて取り組んできました。
「環境・子ども分野」では毎年プログラムを改善しながら、5年ごとにプログラムを大きく改定。設立10年目の2010年にプログラムの第三者評価を行い、現在の助成テーマである「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」を応援するプログラムへと進化しています。また2010年にはアフリカ諸国における社会課題の解決の促進に向けて、NPO/NGOの広報基盤の強化を応援する「アフリカ分野」を立ち上げています。
今回の贈呈式は、「環境分野」「子ども分野」「アフリカ分野」の3分野合同で開催し、北は青森県から南は宮崎県まで15団体が参加しました。

竹安さん.jpg贈呈式では、パナソニックのブランドコミュニケーション本部の竹安役員が、介護事業サービスに携わったことのある自身の経験をふまえ、
「社会を良くしたいという強い思いがベースにないと事業は成功しない。しかし思いだけではなく、思いが続くよう事業や組織の仕組みを作らないと長く社会に貢献できない。『思いと基盤』の両方が大事で、まさに基盤を応援するのがこのファンドの役割だと思います。皆様とこういう考え方を共有しながら、本ファンドを有効に活用いただき、ますますNPO活動が発展することを願っています」と挨拶しました。

続いて各分野の選考委員長が選考総評を述べ、各団体に助成通知書を贈呈しました。
 贈呈式:選考委員3名.jpg

贈呈式:田口さん.jpg環境・子ども分野では、助成事業が終了して1年が経過した時点で、事業評価のフォローアンケート調査を実施しています。贈呈式では2011年に助成した21団体のアンケート調査結果について共有しました。
3回目となる2011年助成先のアンケート結果からも、本ファンドの助成を受けて「組織運営上の課題が解決し、主要事業のアウトカム、インパクトが改善・向上」されていることが証明されました。

 

贈呈式:井川さん.jpg続いて、2009年、2010年に継続して助成したアジア日本相互交流センター・ICANの井川定一事務局長が、2年にわたる組織基盤強化の取り組みや成果、波及効果について発表しました。

   ▼助成事例:地方に存在することの強みを活かし、大きく成長
    

最後に、市民社会創造ファンドの運営委員長であり、日本NPOセンターの顧問でもある山岡義典様が助成先団体を激励。

贈呈式:山岡さん.jpg「これから自己変革に取り組む皆さんですが、すでに取り組みの3割近くは終わっていると言えると思います。最初の1割は応募企画書を書く段階にあり、真剣に自分達の弱点を企画書に書き、そのことを通じて1割の事業は終わってる。次の1割は、事業評価の報告があったように先輩団体の実績、成果が勇気になる。さらに実際の取り組み発表にもあってそれが1割。組織診断と言うのは『見たくないことを見て、聞きたくないことを聞いて、言いたくないことを言う』こと。このことによって組織の弱点が分かり、それを認めて真剣に議論ができるかどうかで組織基盤強化に取り組めるかどうかが決まります。そしてこの後のフォーラムや交流会で皆さん同士で話をすると仲間が出来る。これで4割近くになっているかもしれません。残りの6割がこれからの皆さんの地域に戻ってからの実践です。
その時に、今日お配りした『NPOのリーダーのための15の力』のテキストを読むことによって、組織基盤の背景、根底にある何かが見えてくると思います。これを側に置きながら組織診断、組織基盤強化に取り組んで、より一層、社会のために強力に役立つ組織になってほしいと願ってます」と力強いメッセージをいただきました。

贈呈式終了後、同会場で「組織基盤強化フォーラム ~組織基盤強化に第三者の力をどう取り入れるか~」を開催し、120名が参加。本ファンドがテーマに掲げている「客観的な視点を取り入れた組織基盤強化」について、NPOやコンサルティングの専門家、地域のNPO支援センターの実践例をもとに、多面的な角度から第三者を巻き込むことの意義、成果、効果について学びを深めました。また「アフリカ分野」は、別会場で昨年助成した団体の成果報告会、広報に関する勉強会を開催しました。当日の詳細は、読み物風の記事にして本ファンドのウェブサイトでご紹介します。

NPOサポート ファンド 2013年募集事業 助成先団体一覧
 ▼環境分野  ▼子ども分野  ▼アフリカ分野

【環境分野】選考委員長総評

【子ども分野】選考委員長総評

■関連情報
NPOのキャパシティビルディング支援

Panasonic NPOサポート ファンド

【助成事例レポート】
▼「NPO砂浜美術館」世代交代を機に「組織診断」。ミッション・ビジョンの明文化、中期計画策定、そして新しい事業の創造へ。
▼「かものはしプロジェクト」マーケティング的な発想を組織に定着させ、財政基盤確立へ


 


 


ページの先頭へ