Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 「2013年度 子どもたちの"こころを育む活動"表彰式」を開催

英語ブログ

「2013年度 子どもたちの"こころを育む活動"表彰式」を開催

「こころを育む総合フォーラム」(座長: 宗教学者  山折哲雄氏、事務局: パナソニック教育財団)は、このほど、「子どもたちの"こころを育む活動"」の2013年度受賞団体を決定し、12月17日(火)に表彰式を実施しました。

「こころを育む総合フォーラム」は、昨今のさまざまな社会事象から浮かび上がる"日本人の心の荒廃"にはどめをかけたいとの思いで2005年4月に設立されたもので、経済界や学界などの有識者16名で構成、設立以来、家庭・学校・地域・企業などの視点から討議を重ねています。また「子どもたちの"こころを育む活動"」を応援し、広げるための全国運動を呼びかけており、年に1度、他の活動の参考となる優れた事例を表彰しています。

 6回目となる今年度は、学校とかかわりながら取り組んでいる活動事例を募集し、173団体の応募から「全国大賞」1団体、「優秀賞」2団体、「奨励賞」1団体が選考されました。

 

 【全国大賞】

熊本市立出水南小学校 (熊本県熊本市)

   1000回の交流で育み続けるノーマライゼーションのこころ
   ~隣接する学校のメリットを生かした34年間の積み重ね~

 【優秀賞】

Wonder Art Production (東京都千代田区)

  Happy Doll Project

 みんなでつくる学校 とれぶりんか (大阪府枚方市)

  中学生と卒業生をつなぎ地域を変える子ども・若者の居場所づくり

 【奨励賞】

特定非営利活動法人チームふくしま (福島県福島市)

  福島ひまわり里親プロジェクト

 

表彰式では、山折座長が「今回受賞をされた団体は、子どもたちのこころを育む上で、学校、地域、あるいは家族などでさまざまなバリアや障害がある中、それを乗り越えるための知恵を絞り、地域全体で取り組みを進めておられます。その成果が著しいことに非常に感銘しました。卒業生や地域の人々、家族の人々が、いろいろな形で、ともに協力し合って、さまざまなネットワークを作り上げています。このネットワークの作り方も非常に重要で、これこそ、これからの日本の危うくなりつつある社会の在り方、家族の在り方、地域の在り方を立て直すにあたって極めて貴重なモデルになるはずです」などと総評を述べました。

●「こころを育むフォーラム」HP 

1312172.jpg


ページの先頭へ