Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 【参加者募集】「NPOマーケティング フォーラム 2013」を11月30日に開催

英語ブログ

【参加者募集】「NPOマーケティング フォーラム 2013」を11月30日に開催

【マーケティング】フォーラム1.jpgパナソニックは、NPOの「組織基盤強化支援」に特化して取り組んでおり、NPOサポートセンターと協働で、NPOの皆さんにマーケティング志向を身に付けていただく研修・実践プログラム「NPOマーケティング プログラム」を実施しています。

このたび、11月30日(土)に日本財団で"NPOマーケティング"をテーマに「NPOマーケティング フォーラム 2013」を開催します。

NPOの皆さんにとってマーケティングは、寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービスなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために、大変重要な活動です。

『NPOがマーケティング志向を身に付けると、何が変わるのか』
第1部では、今年NPOマーケティングプログラムを受講した5団体、第2部ではこれまでに受講した4団体が発表します。9団体の事例を通じて、明日の組織運営に活かす「ノウハウ」と「繋がり」をつくります。

NPOの関係者の方をはじめ、NPOの組織基盤強化に関心のある方など、"NPOマーケティング"をテーマに、「学び」「気づき」「ネットワーク」を得られる場です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

▼NPOマーケティング フォーラム お申し込みはこちらから
 
マーケ②:タイトル用1.jpg■開催概要

日時:2013年11月30日(土) (12:30開場)

   <第1部 13:00~15:15>
   「NPOマーケティングプログラム2013 成果報告会」
    新規事業展開、支援者獲得等に取組んだ5団体の
    NPOマーケティング導入"最新事例"を紹介します。

   <第2部 15:30~18:30>
   「実践を通じて見えた、次への展開に学び、交流する」
   マーケ②:高松さんプレゼン.jpgこれまでに受講した4団体のその後の展開を追うことで、
   マーケティング志向が組織運営にどう活かされるのか、
   テーマ別に参加者のみなさんと一緒に事例研究を行います。
   交流タイムでは、参加者同士の交流も深めます。

会場:日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)

対象:NPOの事務局長・スタッフの方、プロボノ・ボランティアの方、NPOの組織基盤強化に関心のある方、
    NPOに何らかの形で関わるきっかけを求めている方 など

定員:100名

参加費:2,000円(当日受付にてお支払いください)

◆お申し込みフォーム◆

主催:(特活)NPOサポートセンター 共催:パナソニック
協力:(公財)日本財団
後援:多摩大学総合研究所 、法政大学・連合協働研究所

■詳細内容
○――――――――――――――――――――――――――――○
 プログラム第1部 (13:00~15:15)
 「NPOマーケティングプログラム2013 成果報告会」
――――――――――――――――――――――――――――○

新規事業展開、支援者獲得等に取組んだ5団体のNPOマーケティング導入"最新事例"を紹介します。

◇事例解説:「今、何故マーケティング志向が必要なのか」
 NPOがマーケティング志向を身に付けると、何が変わるのか?
 発表団体の事例を自団体にどう活かすのか?
 NPOマーケティングプログラムの講師が解説します。

 講師:松本 祐一氏(多摩大学総合研究所教授)

マーケ告知:雰囲気.jpg◇2013年 NPOマーケティング導入団体5事例紹介(五十音順)

 1)FoE Japan
  「Friends of the Earth が集まる組織づくり会員分析から見えた
  次の一手」
 2)キーパーソン21
  「子どもたちの未来を支える会員増大プロジェクトの開発」
 3)Class for Everyone
  「フィリピンの子ども達の支援につなげるために
  パソコン寄付者の次のアクション促進」
 4)GRA(ジーアールエー)
  「宮城県山元町のミガキイチゴの販売促進ストーリーを通じた団体独自の"GRA メソッド"の確立」
 5)ビーンズ
  「障がい者の家族支援プロジェクトの開発」

○――――――――――――――――――――――――――――○
 プログラム第2部 (15:30~18:30)
 「NPOマーケティング ケーススタディ分科会」
  実践を通じて見えた、次への展開に学び、交流する
○――――――――――――――――――――――――――――○

これまでにNPOマーケティングプログラムを受講した4団体のその後の展開を追うことで、マーケティング志向が組織運営にどう活かされるのか、テーマ別に参加者のみなさんと一緒に事例研究を行います。
交流タイムでは、参加者同士の交流も深めます。

 ◆分科会1・2(15:30~16:30)
 1.「個人向けファンドレイジング獲得に向けたWebマーケティング」
    ・事例報告
     山内悠太(認定NPO法人NPOカタリバ 広報・ファンドレイジング部部長)
    ・コーディネーター
     渡邉文隆(ファンドレイザー)

 2.「施策ストーリーを仕組み化して普及拡大をめざすマーケティング」
    ・事例報告
     松井譲治(NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン マーケティングマネージャー )
    ・コーディネーター
     松本祐一(多摩大学総合研究所教授)

 ◆分科会3・4(16:30~17:30)
 3.「見えない顧客価値を発見するためのリサーチとマーケティング施策」
    ・事例報告
     高松美穂、佐藤亮(NPO法人エーピーエスディ(APSD)協働促進グループ)
    ・コーディネーター
     近内健晃(非営利活動のためのDoTank ミエルカ 代表)

 4.「ビジネスパーソンが活躍できる、NPOのマーケティングマネジメント」
    ・事例報告
     松浦貴昌(NPO法人ブラストビート 代表理事)
    ・コーディネーター
     加藤遼(株式会社パソナ 営業総本部 Dotank本部 ソーシャルインキュベーター)

 ◆分科会共有、修了式、交流会(17:30~18:30)  

-----------------------------------------------
「NPO マーケティングプログラム」とは
-----------------------------------------------
パナソニックとNPOサポートセンターとの協働で、2008年より行っているNPO支援プログラムです。
NPOがマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人のスキルに留まらせず組織全体で共有し活用して、組織が抱える様々な課題を自力で解決できるようになることを目指し、研修と個別支援を行っています。これまでに52団体が参加しました。

■NPOマーケティングフォーラム 2013 のお問い合わせ先
  特定非営利活動法人 NPOサポートセンター
  TEL:03-3547-3206 

■関連情報

Panasonic NPOマーケティング プログラム

【活動レポート】NPOマーケティングフォーラム 2012

【マーケティング導入事例】全国不登校新聞社
休刊の危機! 日本で唯一の不登校・ひきこもり専門紙『Fonte』元読者との対話深め、発行部数倍増へ

 


ページの先頭へ