Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:社員プロボノ「ソムニードチーム」がNPOへマーケティング基礎調査の中間報告

英語ブログ

日本:社員プロボノ「ソムニードチーム」がNPOへマーケティング基礎調査の中間報告

ソムニード中間提案タイトル図1.jpgパナソニックの社員が仕事のスキルや経験を活用してチームを組んでNPOを支援するボランティア活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」。2013年度はNPO3団体の事業展開力強化の支援に社員プロボノチームが取り組んでいます。
10月14日(日)は、「ソムニードチーム」がマーケティング基礎調査の中間報告会を行いました。

 ▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

ソムニード活動写真②.jpgNPO法人ソムニードは、今年設立20周年を迎える歴史のある国際協力NGOです。
主に、日本の飛騨高山、そして、インドやネパールなど海外の現場において独自の対話型ファシリテーションの方法を構築し、日本と海外の両方で地域づくり・人づくりに取り組んでいます。これまでにも海外で培ったノウハウを国内外の地域づくり・コミュニティ開発に活かすためファシリテーターの養成講座を不定期で実施していましたが、過疎が進む地域の再生や震災復興など国内においても「環境」と「コミュニティ」のバランスが取れた循環型社会の実現に向け、国内での人づくり(研修事業)の強化を考えています。
これまでの主だった現場は海外であったため、今回プロボノチームでは、不足している国内の市場調査、および事業化の可能性に関する考察を応援することになりました。

ソムニード中間提案 発表の様子.jpgプロボノチームは、7月中旬から活動を開始し、団体の現状把握、分析を実施。並行して「ファシリテーション」のスキルを研修として受講したいというニーズを持つターゲット像の設定や、調査方法の設計などを進めてきました。
9月からは具体的にこれまでの基礎講座受講者に向けた定量的なアンケート調査に加え、プロボノチームメンバーのネットワークを駆使して企業、自治体、個人など多様な属性に対してヒアリング調査を行いました。併せて研修事業のトレンドや競合などの情報収集など客観的な情報も持ち寄りながら整理、分析を進めてきました。

今回の中間報告は、これまでの情報収集の結果をNPOにお伝えし、最終提案に向けて方向性を確認をするものです。73ページに渡る報告書は、外部の視点からの貴重な情報としてNPOの皆さまにも喜ばれました。
中間報告では、SWOT分析によるソムニードの組織の現状、およびこの先目指そうとしている研修市場の現状について踏まえた上で、検討ターゲットの中から有力と思われる3つのターゲットが紹介されました。ターゲットが抱える課題やニーズに対して、ソムニードの持つ対話型ファシリテーションの手法、そして、国内外に地域づくりの現場を持つ、この二つの独自性の有効性が示された他、独自性の相乗効果を生み出せる事業展開についても触れられました。

ソムニード中間提案 NPOさん.jpgソムニードからは「想像以上に突っ込んだ提案をもらい、期待以上でした。今までもうすうす感じていた指摘や課題についてもはっきりと聞き取って頂いたことで研修事業の展開という枠のみならず、組織としてこれから社会に対して、自分たちの活動をどう打ちだしていくべきかを考える事にも繋がるたくさんのポイントが含まれていました」とのコメントや、「うすうす感じていたこと、もやもやしていたことが晴れた気がして、私の中の熱量があがって良かった」との感想をいただきました。 

プロボノチームは、今回の中間報告に対するフィードバック・合意を得たあと、来月の最終報告に向けて取り組んでいきます。

 

ソムニード中間提案 集合写真.jpg

------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
------------------------------------------------------
パナソニックは、社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を2011年4月から展開しています。
社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。

2013年現在、社員88名がボランティア登録をし、60名の社員がプロボノとして活動しています。これまでに12団体の中期計画策定や営業資料作成、ウェブサイト再構築などを支援しており、12団体のうち、9団体はパナソニックの社員のみで構成される「パナソニックプロボノチーム」で支援しています。支援先NPOは、パナソニックのNPO助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で支援した団体を中心に応援しています。

 ▼Panasonic NPOサポート ファンド

 関連情報
【プロボノ事例】パナソニックチームで環境NGOの事業計画立案を支援
【プロボノ事例】パナソニックチームで被災地NPOの営業資料作成を支援
【プロボノ事例】パナソニックチームで環境NPOのウェブサイトリニューアルを支援

「プロボノフォーラムOsaka 2012」活動レポート

Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

NPO法人ソムニード

 

 

 


ページの先頭へ