Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:夏休みハイブリッドカー工作教室イベントが日本全国各地で開催されました【最終回】

ロゴ.png

 

 

 

7/23~8/27の約1ケ月の夏休み期間において、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室が、総勢1200名以上の皆さんにご参加いただき、日本各地で開催されました。
このハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。子供たちは、車の仕組みを学びながら、楽しく工作を行い、専用コースで走らせると、会場は大盛況となりました!今回はいよいよ夏休み最後のレポートです。

20138八千代サムネル.jpg

■8/27 【千葉】八千代松蔭学園 八千代松蔭中学校 
夏休みイベント最後を締めくくるのは、八千代松蔭中学校でのイベントです。今回は対象が中学生ということで、エネルギーマネージメントの授業を一部取り入れ、創エネ・畜エネ・省エネについても学びました。22名の子供たちが参加し、「省エネに取り組もうと思った」「資源の大切さも学べた」等の声が寄せられました。

291308八千代1.png


 ◆八千代松蔭中学校 齋藤雅行 先生 談話八千代松蔭先生.jpg
パナソニックセンター東京で行われていた「手作り乾電池教室」に家族で参加し、パナソニックキッズスクール教育支援プログラムのことを知りました。
今回のハイブリッドカー工作教室を開催することで、生徒たちが将来や夢について考えるきっかけとなり、未来の可能性を引き出すことにつながったのでは、と思います。
社員の方に来ていただくことで、キャリア教育の一環として、自分の目指す職業や職種、求められる能力について考えたり、働く意義や自分らしい"行き方"を考える機会にもなりました。
生徒たちは、ハイブリッドの意味や仕組み、実際のハイブリッドカーがガソリンを節約して二酸化炭素や排気ガスを抑制していることで環境にやさしい、ということも理解ができたと思います。また、ソーラーパネルやコンデンサーを実際に見ることも非常によい体験になりました。
「エコ」という言葉について、色々と学べました、という生徒の感想からも、私自身もこれからの時代は、環境教育にも力をいれていかなくてはいけない時代であることを、実感できました。

◆ハイブリッドカー工作教室担当宮前さん.jpgよりひとこと
ブランドコミュニケーション本部の宮前裕子です。約1カ月で1200名を超える皆さんに、ハイブリッドカー工作教室に参加いただきました。
ご参加いただいた皆さん、運営にご協力をいただいた皆さん、本当にありがとうございました!

運営にご協力をいただいた皆さんに支えていただき、1200名を超えるたくさんの皆さんに、ハイブリッドカー工作教室を体験していただけたと思います。心より御礼申し上げます。
この工作教室が、皆さんの思い出の1つとなり、地球環境について考えるきっかけになっていただければ、とても嬉しく思います。

また、このブログを読んでくださった皆さんと、パナソニックキッズスクールでお会いできることを心より楽しみにしております。

《関連サイト》
ハイブリッドカー工作教室
パナソニックキッズスクール

日本:夏休みハイブリッドカー工作教室イベントが日本全国各地で開催されました【10】

ロゴ.png

 

 

 

 

7/23~8/27の約1ケ月の夏休み期間において、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室が、総勢1200名以上の皆さんにご参加いただき、日本各地で開催されました。
このハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。子供たちは、車の仕組みを学びながら、楽しく工作を行い、専用コースで走らせると、会場は大盛況となりました!各イベント会場の様子をお知らせいたします。

■8/20 【東京】野村ホールディング 
野村グループとパナソニックとの共催で、「夏休み親子教室」を開催、両社の社員の親子80名が集まりました。
まず、通貨や為替についてゲームをしながら楽しく学び、その後、ハイブリッドカー工作を楽しみました。
参加した子供からは、 「国によってお金のたんいがいろいろあることがわかった」「一番心に残ったことは、円安と円高の意味がわかったこと」、「(ハイブリッドカーの工作は)むずかしかったが、楽しかった。達成感があった。」「太陽光の光ってすごいと思った」などの感想が寄せられました。夏休み金融.pngまた、参加した社員からも「異業種コラボは、参加者にとって楽しみ2倍」「夏休みの自由研究にもなる」「金融やエネルギーへの関心が高まったようで、大人も子供も非常に有意義な時間だった」とのコメントがあり、異業種コラボの企画を大変喜んでいただきました。

《関連サイト》

・ハイブリッドカー工作教室

・パナソニックキッズスクール

日本:夏休みハイブリッドカー工作教室イベントが日本全国各地で開催されました【9】

ロゴ.png

 

 

 

 

 

7/23~8/27の約1ケ月の夏休み期間において、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室が、総勢1200名以上の皆さんにご参加いただき、日本各地で開催されました。
このハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。子供たちは、車の仕組みを学びながら、楽しく工作を行い、専用コースで走らせると、会場は大盛況となりました!各イベント会場の様子をお知らせいたします。

■8/10 【大阪】関西国際空港(主催:新関西国際空港株式会社)
「夏休み親子エコ体験教室@スマート愛ランド」に参加しました。1日2回のイベントを行い、展望ホールには90名を超える親子が集まりました。

「ハイブリッドカーの仕組みがよくわかった」「ここで習ったことを勉強に活かしたい」と、とても嬉しい声が寄せられました。
2回目は、大阪産業大学の「ソーラーカープロジェクト」とのコラボイベント開催ということで、ハイブリッドカーを作った子供たちは、次はソラえもん号の見学と盛りだくさんです。「学校や病院、マンションにもっとソーラーがあったらいいのに」と、ソーラーに対する期待の声が寄せられました。夏休み関空1.png

夏休み関空2.pngこんにちは、新関西国際空港株式会社コーポレートコミュニケーション部の高橋です。
私たちは多くの皆様に関西国際空港のエコな取組みを知って頂くため、様々なイベントを開催しています。
今回は、関西国際空港の2期島に建設中のメガソーラー(太陽光発電事業)の紹介と「ハイブリッドカー工作教室」とのコラボが実現したものです。
また「ハイブリッドカー」の応用について勉強してもらうため、大阪産業大学にご協力いただき、「ソラえもん号」というソーラーカーの走行見学会もコラボしました。

 

夏休み関空3.jpg

 今回の「夏休みエコ教室」を通じ、エコだけでなく自然エネルギーの大切さや活用方法、空港におけるエコな取組みについても興味を持ってもらいたいと考えています。

《関連サイト》

・ハイブリッドカー工作教室

・パナソニックキッズスクール

日本:夏休みハイブリッドカー工作教室イベントが日本全国各地で開催されました【8】

 

 

ロゴ.png

 

 

 

 

7/23~8/27の約1ケ月の夏休み期間において、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室が、総勢1200名以上の皆さんにご参加いただき、日本各地で開催されました。
このハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。子供たちは、車の仕組みを学びながら、楽しく工作を行い、専用コースで走らせると、会場は大盛況となりました!各イベント会場の様子をお知らせいたします。

夏休みスカイツリー.png ■8/6 【東京】東京スカイツリー
会場は、東京スカイツリーの5階、展望台に登った人たちが降りてくるエレベーターホールです。
夏休みで賑わっている展望台から次々と4機のエレベーターが到着し、たくさんの人がイベントの様子を見学していました。
日差しが降り注ぐ明るい会場で、1日に3回、70名の親子が参加しました。
 

《関連サイト》

・ハイブリッドカー工作教室

・パナソニックキッズスクール

日本:夏休みハイブリッドカー工作教室イベントが日本全国各地で開催されました【7】

ロゴ.png

 

 

 

 

7/23~8/27の約1ケ月の夏休み期間において、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室が、総勢1200名以上の皆さんにご参加いただき、日本各地で開催されました。このハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。子供たちは、車の仕組みを学びながら、楽しく工作を行い、専用コースで走らせると、会場は大盛況となりました!各イベント会場の様子をお知らせいたします。夏休みボーイスカウト3.png

 

8/2.3.5.6 【山口】山口県きらら浜 第16回日本ジャンボリー (主催:ボーイスカウト日本連盟)
このイベントはボーイスカウトの一員として参加されたパナソニックの木村さんからお伝えします。 


こんにちは、コーポレート情報システム社グローバル本部の木村です。
茨木第一団の団委員をしており、6年程指導者として参加しています。
ボーイスカウト活動は、青少年が自発的に活動することにより、心身の健康、社会に奉仕できる能力、人生に役立つ技能を体得し、自立心を伸ばす活動だと思います。

7月31日~8月8日の9日間、山口県きらら浜に、日本はもとより、世界各国のメンバー15000名集まり、集団キャンプを行いました。
 
昨年末頃、大阪派遣団プログラムの企画を考え、ふさわしい工作プログラムを探したところ、パナソニックセンター東京の「ハイブリッドカー工作教室」を見つけ、これだ!!と思いました。
単なる「楽しかった」で終わる遊び工作ではなく、環境教育を目的としている点が、ボーイスカウトの考えに共感できると考え、さっそく、運営事務局に問い合わせ、ハイブリッドカー工作教室を日本ジャンボリー会場で実施することができました。

夏休みボーイスカウト2.png4日間で1日2回合計200名程のイベントを予定しておりましたが、ハイブリッドカー工作教室は午前の開始20分後には午後の予約までいっぱいになる程の人気となりました。海外からの参加者も多く、急遽、最終日は1日3回のイベントを開催。英語説明による工作教室を2回実施しました。

夏休みボーイスカウト1.jpg

イベント中日の8/4、暴風雨でイベント会場のテントが倒壊!工作プログラムのない日で、本当によかったです。自然の中でのイベント運営の難しさ、課題を感じました。メンバーには自然の驚異も、よい経験となりました。夏休みボーイスカウト.png


工作の最後に子供たちに「自然エネルギーを利用した夢の家電」を考えてもらいました。
・太陽光のみを利用した家電。冷蔵庫とか、ケータイや、時計のバッテリーが永遠に切れないものがあったらなぁ
・ものを入れた瞬間1秒で温めてくれる電子レンジ
・走りながら蓄電できる車
・背にソーラー発電が有るパソコン。
たくさんの「あったらいいな」と思う夢に溢れるアイディアがたくさん寄せられました。
今回のハイブリッドカー工作教室を通じて、子供たちに地球環境について考えるきっかけ作りができたことは、大きな収穫だったと思います。
本当にありがとうございました。

《関連サイト》

・ハイブリッドカー工作教室

・パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2013年9月 アーカイブ