Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:第8回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県浪江町立津島小・中学校 安達太良高原で開催~

 ワンダーパナソニック.png  きっとわらえる2021.jpg    

津島コラージュ.jpg

2011年3月におきた東日本大震災の二次被害により、現在は福島県内をはじめ、他県にも避難生活をつづけてる福島県浪江町。その浪江町にありパナソニックの映像を通じた教育支援プログラム『キッド・ウィットネス・ニュース(以下、KWN)』の参加校であった浪江町立津島小学校も、立ち入り制限区域に指定され、学校は臨時休校扱いとなり2013年3月に休校となりました。 現在では県内、県外の別の小学校、中学校に通う子どもたち。バラバラになってしまった生徒達がリクレーションイベントの一環として久しぶりの再会、交流を行うこの機会に、東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を実施することになりました。

◆動画(チャンネルパナソニック)

        ■実施日
         2013年7月20日(土)~21日(日)
        ■会 場
         ふくしま県民の森 大玉村  フォレストパークあだたら 
         (住所:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68)

        ■参加人数 津島小学校・中学校生徒約35名 (現在小学校3年生~中学校3年生) その他保護者、教員約40名

※津島小学校・中学校は、浪江町全域が警戒区域などの避難指示区域に指定された為、2011年から2013年3月まで臨時休校、今年4月に休校が決定、在校生はそれぞれの避難地域に移り、バラバラに。今も避難生活が続いています。

    津島2.jpg  津島11.png   

7月20日。まずは教頭先生からお話しがあり講師の紹介が終わると、撮影方法のデモンストレーションが始まりました。皆はカメラや音声マイクに興味津々でした。

    津島12.jpg 津島20.jpg 津島21.jpg

3班に分かれて撮影開始。みんな役割分担をして、それぞれの撮影場所へ移動。久しぶりの再会でテンションがあがり、メッセージが上手に話せない子も。2時間かけて「今、伝えたいこと」と「2021年へのメッセージ」を無事収録しました。

津島19.jpg7月21日。家族と一緒に、みんなで作ったメッセージ「今、伝えたいこと」の上映会をしました。上映後、保護者の方からも「こども達がこんなにしっかり考えていることを知ることが出来た。良かった」と感想をいただきました。作品の出来上がりに、みんな満足気でした。

《こども達が制作した「今、伝えたいこと」》

 

津島15.jpgそして上映終了後、パナソニック(株)ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化グループ 理事の小川理子さんから「2021年へのメッセージ」が収録されたタイムカプセルが津島小学校の代表児童に進呈されました。受け取った代表児童は「10年後みんなで見るのが楽しみです」と笑顔で語ってくれました。

 

津島17.jpg  津島18.jpg

特別授業はパナソニック(株)ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化グループ 理事の小川理子さんが「夢を持ち続けることの大切さ」についてお話いただきました。そして今回 小川さんには映像制作で津島小学校・中学校の生徒たちが収録した「今、つたえたいこと」のメッセージを引用した歌詞に曲をのせた歌を作って頂きました。タイトルは皆で「WE LOVE津島」と名づけ、ハーモニカやタンバリン、コーラスも付けて、みんなで何回もこの歌を歌い特別授業を終了しました。こども達の「夢」や「希望」のたくさんこもったすてきな歌が出来ました。最後に先生方からも「校歌と同じように、歌い続けていきたい。受け継いで行きたい」とお話がありました。津島集合写真.jpg


 ―参加者からの感想として―
  新しい学校に転向し、辛いことがたくさんあるが今日皆にあえてホントにうれしい。
  新しい生活に慣れたけど浪江の生活も大切。悩んでいる。
  校長先生:帰る時には生徒・保護者から笑顔が消えていたのがとても辛い。みんなで頑張って乗り越えたい。
  担任の長谷川先生:出来た歌はこれから受け継いでいこうと思う。
  皆いろんな所に避難して、自分達の住んでいた地名を心苦しくて名乗れなかったが、こうして堂々と言葉にして大きな声で
  言えたのは、気持ち良かった。こども達の正直な言葉で作れたことは期待以上でした。
  保護者の方からも、「こどもがこんなに考えているなら・・私達も頑張らなくては・・」と改めて思いを共有する
  ことの大切さを感じました。

  ― など他の被災地とは違う、問題の大きさを改めて実感した第8回目となりました。

 次回は 9月25日 岩手県釜石市鵜住居小学校で実施いたします。

 

◆関連サイト

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

日本:KWN日本 2013年度指導者向け講習会を開催

KWN2013.png

 

 

 

 

2013年度の「キッド・ウイットネス・ニュース日本」参加校の指導者を対象に、7月31日と8月1日に東京と大阪で、指導者向けワークショップを開催しました。

大阪の講師は鶴見区横堤小学校の三島校長先生。東京の講師はいわき市立勿来第一中学校の亀岡先生にお願いをしました。参加いただいた先生方も、先ずは自分で映像を「撮る」を体験をしていただきました。

【大阪会場】2013指導者三島先生.png
日時:7月31日(水) 13~16時半
会場:パナソニックセンター大阪
講師:大阪市鶴見区横堤小学校 三島校長先生
    映像作家 井手法広さん
参加者:9名

 ◆講師プロフィール
大阪市鶴見区横堤小学校 校長三島由裕氏
元日本テレビ・ディレクター 
平成23年度公立小中学校任期付校長及び大阪府立学校校長の
公募にて2013年度より横堤小学校の校長に着任

2013授業風景3.png

■三島先生の感想
先生たちが皆、楽しみながら制作してくださったので、とても楽しい時間が持てました。
何よりも楽しみながら作ることを、子どもたちに指導してくださればと思います。
子どもたちの創造力は、大人を遥かに凌ぐものだと感じています。
その楽しさが伝わると、子どもたちの目つきが変わるのでは...と期待しています。

 

【東京会場】2013指導者亀岡先生.png
日時:8月1日(木 ) 13~16時半
会場:パナソニック東京汐留ビル
講師:いわき市立勿来第一中学校 亀岡点先生
    映像作家 井手法広さん
参加者:13名

 

◆講師プロフィール
いわき市立勿来第一中学校 教諭 亀岡 点氏
いわき市立磐崎中学校を率いて2007年度より「キッド・ウイットネス・ニュース」に参加。2007年音響賞、2008年アート賞、2009年脚本賞、2010年度 撮影賞2011年度最優秀作品賞を受賞し、昨年度日本代表としてロンドンで実施したグローバルコンテストに参加。見事「ベストインタビュー賞を受賞。2012年度は「よみがえる故郷の宝賞」で入賞。2007年から2012年まで連続受賞記録を更新中。

2013授業風景4png.png

■亀岡先生の感想
たいへんお世話になりました。私自身たいへん勉強になりました。このような機会を与えていただきましたことに感謝しております。
他校の先生方と交流する機会もなかなかないため非常に楽しい一日でした。
生徒たちはしっかりと今年度のKWN作品制作に向けて、取材や撮影のアポを取ってくれていました。引き続き作品作り取組んでいきます。

◆大阪会場・東京会場でテクニカルサポートをご担当いただいたKWNワークショップ講師井手広法さんの感想

2013年指導者WS井手さん.jpg昨年につづき講師を担当させて頂き、直接先生方とやり取りした結果感じた事はやはり、先生方も映像に関する知識や技術の体得を非常に重要視されているという事でした。

「カメラを使って、撮影や編集を行う事がいかに楽しいか」を生徒達に感じてもらう事がまず重要であり、その過程において「チームワーク」の大切さや「コミュニケーションの取り方」が、生徒達の間に浸透していく様子を実感された先生方が前年度のKWNのワークショップにおいて実感された先生方が多くいらっしゃいました。そういう意味で、この「映像制作」を学校授業の中で行う為に、生徒達を導いていくためには、まず自らが率先して、最低限の技術を体得しなければ始まらない。 その最初の一歩を踏み出す事がいかに重要か、という事が参加された先生方にもご理解頂けた結果だと感じました。

可能な限り先生方のご意見に耳を傾けましたが、「どこから手を付けて良いか分からない」という意見が多かったのも事実でした。そういう意味で「映像の読み解き」を指導者側に浸透させていく機会は極めて重要な事だと思います。

-ご参加いただいた先生方からの感想を一部ご紹介します-
(大阪会場)
・実際に自分たちで取り組むなど非常に実践的でおもしろかった。受けさせて頂いて非常にためになりました
・映像制作=画・音・ナレーション・音楽の組織(素材)=素材+調理を教えて頂いた。
・実際に作ってみたのでおもしろかったです。
・作品作りの流れが分かって非常に参考になりました。

(東京会場)
・60分で1分間で作品を実際につくるという活動を体験し、あらためて映像制作活動のすばらしさを実感しました。生徒たちのコミュニケーション能力やチームワークを高めるのに最適な学習活動であると思います。また是非取り組みたいと思います。
・初めて参加させていただき全く分からなかった映像の世界が少しわかるようになり、子どもたちと作っていくことの楽しさ、素晴らしさを感じました。これから一歩ずつ取組んでみたいと思います。
・何も分からずに毎日どうしようかと考えていたので、今日のワークショップで作品制作をすることができてイメージがつかめました。とても楽しかったです。

《関連サイト》
キッド・ウイットネス・ニュース日本
キッド・ウイットネス・ニュースグローバル
パナソニックキッズスクール

日本:パナソニックキッズスクールスポーツフェスティバルin万博のご案内

日本:「きっと わらえる 2021」と「コドモ里山ラボ東京森都心」が第7回キッズデザイン賞を受賞しました

きっとわらえる2021.png

 

 

 

集合写真.jpg東北復興支援プロジェクト「きっと わらえる 2021」が第7回キッズデザイン賞 奨励賞(キッズデザイン協議会会長賞)を受賞しました。また、キッズデザイン体験施設「コドモ里山ラボ東京森都心」は、連名応募で優秀賞 経済産業大臣賞を受賞しました。

「キッズデザイン賞」は、内閣府認証NPOキッズデザイン協議会が主催する、「子どもたちの安心・安全に貢献するデザイン」、「創造性と未来を拓くデザイン」、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」という理念を実現し、普及するため2007年に創設された顕彰制度です。今回は過去最高の383件の応募があり、211件が受賞。パナソニックは、全ての受賞者の中で最多の10件(うち2件は連名応募)を受賞しました。

第7回キッズデザイン賞上位受賞作品一覧(外部サイト)

キッズデザイン賞ロゴ.png

奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞(復興支援デザイン部門)に選ばれた「きっと わらえる 2021」は、東日本大震災の被災地の子ども達に映像制作を通じて笑顔と元気を取り戻してもらう復興支援プログラムです。パナソニックが長年取り組む映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用したものです。

審査評として、

被災地の子ども自身による映像制作プログラムであるが、企画力や伝達力を育む総合的な取り組みとなっている。現在と未来という時間軸を捉えたアイディアも秀逸で、10年後の自分へのメッセージを投げかけるなど継続性の視点も盛り込まれている。

-が挙がり、今回の受賞となりました。

7月29日には六本木ヒルズで、「第7回 キッズデザイン賞表彰式」が実施され、ブランドコミュニケーション本部 宣伝・スポンサーシップグループ コーポレート宣伝室 チームリーダーの宮崎謙彦さんが表彰式に臨み、キッズデザイン協議会会長 和田 勇氏より奨励賞「キッズデザイン協議会 会長賞」が贈られました。

 

 
【東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」の概要】

被災地の子ども達に映像制作を通じて笑顔と元気を取り戻してもらう復興支援プログラム。子ども達自身が撮影・演出・出演を行い「今、つたえたいこと」と「2021年へのメッセージ」をテーマに映像作品を制作しています。

「今、つたえたいこと」は、東日本大震災以降、口に出して言えなかった心の奥にある想いを子ども達がカメラの前で語ることで、塞ぎこんでいた心を整理し、開放するきっかけとなることを目的としています。撮影したメッセージは即日編集を行い、クラスメートや先生、保護者の方々へ向けた上映会を実施し、それぞれの想いを皆で共有します。

また、「2021年へのメッセージ」は、子ども達の心を明るい未来に向けさせ、10年後の自分に向けたメッセージとして夢や希望を語る姿を撮影。"10年後、地元に戻って当時の想いを振りかえって欲しい"という願いから映像をタイムカプセルにして、学校へ寄贈しています。
また同時に「夢を叶える」をテーマに、当社社員の体験談を通じて語る特別授業も実施し、社員による復興支援への参画も行っており、これまでに11校、約2,500人の子ども達が参加しています。

キッズデザイン賞.png

「きっと わらえる 2021」 詳細はこちら
 
なお、連名応募にて優秀賞 経済産業大臣賞(子どもの未来デザイン 学び・理解力部門)を受賞した「コドモ里山ラボ東京森都心」は、「子どもの行動心理」や「子どもの事故事例」から得た知見を活かし、当社のほか異業種4社(積水ハウス、アクタス、コクヨ、ジャクエツ)のコラボレーションで設計・企画されたキッズデザイン体験施設。表彰式では代表として、積水ハウス株式会社 設計部東京設計室 室長 藤崎史善氏に賞が贈られました。

・コドモ里山ラボ東京森都心の詳細はこちら
 
【その他の第7回キッズデザイン賞 当社受賞作品】

キッズデザイン賞②.png


《 関連サイト 》
KIDS DESIGNサイト

きっと  わらえる  2021

パナソニックキッズスクール

 

日本:【NPOサポート ファンド】組織診断をして、組織基盤強化に取り組んだ8団体の成果報告会を開催

成果タイトル.jpgPanasonic NPOサポート ファンドの助成を受けて「組織診断」に取り組み、継続して「組織基盤強化」に取り組んだ8団体の成果報告会を2013年7月19日にパナソニックセンター東京で開催しました。

▼Panasonic NPOサポート ファンド

NPOサポート ファンドは、設立10年目となる2011年に、プログラムに「組織診断」を取り入れ助成の仕組みを充実させました。
今回の報告団体は、2011年にプログラムをリニューアルした際の1期生にあたる皆さんです。
NPOがより戦略的に社会課題を解決できるようになるために、自己変革しながら持続的に成長できるよう、組織運営上の課題を抽出し解決の方向性を見出す組織診断の手法を活用して、「組織診断助成」「キャパシティビルディング(組織基盤強化)助成」の2段階で支援しています。

自己紹介.jpg当日は、助成先団体、助成先の組織診断に携わったコンサルタント、選考委員、事務局など22名が参加し、組織診断の結果や、1年間の組織基盤強化の取り組みと成果を共有しました。

 

環境分野、子ども分野が合同で行う成果報告会とあって、まず最初は自己紹介から行いました。
遊びゴコロを取り入れて、所属を名乗る前に自分自身の紹介をする形式をとり、参加者のユーモアあふれる自己紹介に場の雰囲気が和らぎました。




環境分野 プレゼン.jpg場がほぐれたところで、最初に環境分野の3団体が成果報告を行い、質疑応答のあと、選考委員である粉川一郎氏(武蔵大学 社会学部 メディア社会学科 教授)、木村真樹氏(コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)、冨田勝己氏(パナソニック モノづくり本部 環境・品質センター 次長)から講評をいただきました。

 

 

 

 


子ども分野 プレゼン.jpg次に、子ども分野の5団体が成果報告を行い、質疑応答と、選考委員である小川理子(パナソニック CSR・社会文化グループ グループマネージャー)が講評を行いました。

 

 

 

 

 

アドバイスシート.jpg今日の報告会では予め参加者にポストイットが配られ、成果報告を受けて「いいね!」コメントや、「アドバイス」を書いて団体ごとのボードに貼りました。
今日の報告会の内容を団体内で共有する際のお土産にしてもらおうという試みです。

 

 

 

 

 

山岡さん.jpg全団体の発表後には、本ファンドの協働事務局であるNPO法人 市民社会創造ファンドの運営委員長 山岡義典氏より全体総評をいただきました。
「今日の発表から、組織診断で気づいたことが次の展開につながっていることが分かりました。環境分野と子ども分野では、そもそもの組織課題が違います。非日常(ハレ)の環境分野と、日常(ケ)の課題に取り組む子ども分野と、それぞれの分野でその両方の要素をうまく取れいれながら活動していくことが必要です。前回、3月に開催した成果報告会では、発表の中から「モヤモヤ感」というキーワードが出ました。組織運営のモヤモヤ感が言葉によって説明できたとき、組織基盤強化につながっていくのだと思います。今日の発表では「ワクワク感」という言葉が出ました。「モヤモヤ感からワクワク感へ」これが組織基盤強化のキーワードではないかと思います」
との総評がありました。

 

交流会.jpg最後に参加者同士が交流できる時間を設け、成果報告会は閉会しました。
環境分野、子ども分野の助成先団体が分野を超え、また選考委員、コンサルタント、助成先団体が「組織基盤強化」をテーマに交流を深めた一日となりました。

<参加者コメント>
・各団体の課題と、それに対する取り組みから具体的な手法が学べました。分野が異なっても共感や学びが多くありました。
・同じテーマにチャレンジする団体の事例を聞くことができ、刺激を受けました。
・たくさんのキーワードをもらうことができ、今後の組織基盤強化の取り組みを考えるうえでのヒントになりました。
・他団体への指摘も自分達にあてはめて考えることができ、こうした時間が大変貴重に思えました。

■当日の詳細レポートは、8月初旬にNPOサポート ファンドのホームページで公開いたします。

■関連情報
Panasonic NPOサポート ファンド
環境分野 2012年キャパシティビルディング助成先団体
子ども分野 2012年キャパシティビルディング助成先団体
NPOのキャパシティビルディング支援

 


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2013年8月 アーカイブ