Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:第8回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県浪江町立津島小・中学校 安達太良高原で開催~

英語ブログ

日本:第8回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~福島県浪江町立津島小・中学校 安達太良高原で開催~

 ワンダーパナソニック.png  きっとわらえる2021.jpg    

津島コラージュ.jpg

2011年3月におきた東日本大震災の二次被害により、現在は福島県内をはじめ、他県にも避難生活をつづけてる福島県浪江町。その浪江町にありパナソニックの映像を通じた教育支援プログラム『キッド・ウィットネス・ニュース(以下、KWN)』の参加校であった浪江町立津島小学校も、立ち入り制限区域に指定され、学校は臨時休校扱いとなり2013年3月に休校となりました。 現在では県内、県外の別の小学校、中学校に通う子どもたち。バラバラになってしまった生徒達がリクレーションイベントの一環として久しぶりの再会、交流を行うこの機会に、東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を実施することになりました。

◆動画(チャンネルパナソニック)

        ■実施日
         2013年7月20日(土)~21日(日)
        ■会 場
         ふくしま県民の森 大玉村  フォレストパークあだたら 
         (住所:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68)

        ■参加人数 津島小学校・中学校生徒約35名 (現在小学校3年生~中学校3年生) その他保護者、教員約40名

※津島小学校・中学校は、浪江町全域が警戒区域などの避難指示区域に指定された為、2011年から2013年3月まで臨時休校、今年4月に休校が決定、在校生はそれぞれの避難地域に移り、バラバラに。今も避難生活が続いています。

    津島2.jpg  津島11.png   

7月20日。まずは教頭先生からお話しがあり講師の紹介が終わると、撮影方法のデモンストレーションが始まりました。皆はカメラや音声マイクに興味津々でした。

    津島12.jpg 津島20.jpg 津島21.jpg

3班に分かれて撮影開始。みんな役割分担をして、それぞれの撮影場所へ移動。久しぶりの再会でテンションがあがり、メッセージが上手に話せない子も。2時間かけて「今、伝えたいこと」と「2021年へのメッセージ」を無事収録しました。

津島19.jpg7月21日。家族と一緒に、みんなで作ったメッセージ「今、伝えたいこと」の上映会をしました。上映後、保護者の方からも「こども達がこんなにしっかり考えていることを知ることが出来た。良かった」と感想をいただきました。作品の出来上がりに、みんな満足気でした。

《こども達が制作した「今、伝えたいこと」》

 

津島15.jpgそして上映終了後、パナソニック(株)ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化グループ 理事の小川理子さんから「2021年へのメッセージ」が収録されたタイムカプセルが津島小学校の代表児童に進呈されました。受け取った代表児童は「10年後みんなで見るのが楽しみです」と笑顔で語ってくれました。

 

津島17.jpg  津島18.jpg

特別授業はパナソニック(株)ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化グループ 理事の小川理子さんが「夢を持ち続けることの大切さ」についてお話いただきました。そして今回 小川さんには映像制作で津島小学校・中学校の生徒たちが収録した「今、つたえたいこと」のメッセージを引用した歌詞に曲をのせた歌を作って頂きました。タイトルは皆で「WE LOVE津島」と名づけ、ハーモニカやタンバリン、コーラスも付けて、みんなで何回もこの歌を歌い特別授業を終了しました。こども達の「夢」や「希望」のたくさんこもったすてきな歌が出来ました。最後に先生方からも「校歌と同じように、歌い続けていきたい。受け継いで行きたい」とお話がありました。津島集合写真.jpg


 ―参加者からの感想として―
  新しい学校に転向し、辛いことがたくさんあるが今日皆にあえてホントにうれしい。
  新しい生活に慣れたけど浪江の生活も大切。悩んでいる。
  校長先生:帰る時には生徒・保護者から笑顔が消えていたのがとても辛い。みんなで頑張って乗り越えたい。
  担任の長谷川先生:出来た歌はこれから受け継いでいこうと思う。
  皆いろんな所に避難して、自分達の住んでいた地名を心苦しくて名乗れなかったが、こうして堂々と言葉にして大きな声で
  言えたのは、気持ち良かった。こども達の正直な言葉で作れたことは期待以上でした。
  保護者の方からも、「こどもがこんなに考えているなら・・私達も頑張らなくては・・」と改めて思いを共有する
  ことの大切さを感じました。

  ― など他の被災地とは違う、問題の大きさを改めて実感した第8回目となりました。

 次回は 9月25日 岩手県釜石市鵜住居小学校で実施いたします。

 

◆関連サイト

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ