Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > スキルを活かした社会貢献活動「プロボノ プログラム」 2013年度に向けた説明会を開催(東京)

英語ブログ

スキルを活かした社会貢献活動「プロボノ プログラム」 2013年度に向けた説明会を開催(東京)

pr130319a.jpgパナソニックは、2011年より社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を実施しています。
2013年度の活動に向けてボランティア参加者を募る社員向け説明会を3月19日に東京で開催しました。

本プログラムは、社員が仕事で培ったスキルや経験をさらに広く社会の中でお役に立てるボランティア活動として、社会課題の解決に取り組むNPOの事業展開力の強化を支援し、NPOの活動がさらに大きな成果をあげることを目指しています。
また、社会課題の解決に取り組むNPO支援の体験を通じて、社員が地球市民としてのイノベーションマインドとスキルを向上することも期待しています。

pr130319b.jpg説明会では、本プログラムの協働パートナーである特定非営利活動法人サービスグラントの嵯峨代表より、プロボノの概念や背景、プロジェクトの仕組みや具体的な支援内容等の詳細説明が行われました。

pr130319c.jpg続いて、パナソニックの担当者が本プログラムのねらい、これまでの取り組み、支援事例について紹介しました。
本プログラムの特徴は、NPOの事業展開力の強化に向けてあらかじめ具体的な目標設定を行い、4〜6名がチームを組んで週5時間程度、約6ヶ月間取り組み、成果物を納品するところにあります。
支援先は、パナソニックのNPO支援プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」で助成したNPOを中心に選定しています。
これまで43人の社員がボランティアとしてプロボノを実践し、NPO9団体の事業計画立案支援、営業資料作成、ウェブサイトの再構築を支援しました。

pr130319d.jpg説明会の最後に、実際にプロボノを体験した社員が、参加のきっかけや、気づき、感想等の体験談を披露しました。
被災地で活動するNPOの営業資料作成に取り組んだ経験者からは、
「プロボノの活動期間に普段では知り合うことのない人と出会うことができました。
NPOの人、プロボノチームのメンバー、ヒアリングした企業の方など、この短期間に50人位の人との出会いがあり、濃密な時間を過ごすことができました。
自分たちの作った営業資料がNPOのお役にたっていると聞き、プロボノに参加して良かった」
との話がありました。

2013年度は、4月に2つのプロジェクトがスタートする予定です。

●関連情報
Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
【プロボノ事例レポート】日本初!パナソニック社員チームが「気候ネットワーク」の事業計画立案を支援
【プロボノ事例レポート】被災地NPOにパナソニック社員チームが営業資料作成を支援
【プロボノ事例レポート】パナソニック社員チームが「花と緑のネットワークとよなか」のウェブサイト再構築を支援
NPOの組織基盤強化
Panasonic NPOサポート ファンド


ページの先頭へ