Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム 第3回集合研修を開催

英語ブログ

NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム 第3回集合研修を開催

np130316a.jpgNPO の組織基盤強化を支援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の組織診断助成を受け、集合研修形式で組織診断を実施する「Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム」の第3回集合研修を、2013年3月16日にJICA地球ひろばで行いました。
この日は、研修に参加する5団体と、団体の担当コンサルタントや、研修事務局、助成事務局などの21名が参加しました。

np130316b.jpg研修の最初に、2011年から現在にかけてサポートファンドの助成を受け組織基盤強化に取り組んでいる「特定非営利活動法人プレーパークせたがや」事務局の大垣内さんより事例発表がありました。
プレーパークせたがやは、2011年に第三者の組織診断を受け、外部コンサルタントの協力を得て「お金を生み出す仕組みづくり」と「人財育成」をテーマに中期計画を策定し、その実現に取り組んでいます。

大垣内さんからは、「この組織基盤強化事業を通じて問題点を個人で留めず全体で共有することで法人に関わる一人ひとりの意識の変化が見られました。
皆で作った中期計画の達成に向けて、組織としてパワーを発揮している感じがします」と、試行錯誤を重ねながらも組織で乗り越えようとする前向きで力強い事例を聞くことができました。

np130316c.jpg続いて、各団体がこれまで行ってきた組織診断の結果を報告し、お互いに共有しました。
組織診断では「内部環境分析」「外部環境分析」「ステークホルダーの意見収集」を行い、団体の強み、弱み、外部を取り巻く環境におけるチャンス、脅威から、団体が取り組むべき課題を抽出します。
そのうえで、抽出された課題の優先順位、解決の方向性を検討します。

今日の研修では、ステークホルダー調査の報告と、重点課題と解決の方向性について発表・共有し、助成先団体同士でディスカッションを行い、解決の方向性についてさらに深く考える機会となりました。

これからの2ヵ月半で担当コンサルタントの意見を取り入れながら、課題と向き合い、解決の方向性についてブラッシュアップして、具体的な組織基盤強化の計画を策定していきます。

■「Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム」とは、2012年11月から2013年5月までの7ヶ月間にわたって、座学・ワークショップ・ピアラーニングを組み合わせた集合研修と、個別 コンサルティングを受けながら、参加団体が自ら組織診断を実施していくプログラムです。

■関連情報
NPOのキャパシティビルディング支援
Panasonic NPOサポート ファンド
組織診断助成とは
NPOサポートファンド贈呈式
キャパシティビルディングフォーラム ~組織診断のすすめ~


ページの先頭へ