Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ボランティア シンポジウムでプロボノの取り組みを紹介

英語ブログ

ボランティア シンポジウムでプロボノの取り組みを紹介

PRO130120a.jpg千葉県主催の「プロボノ」をテーマにしたシンポジウムが2013年1月20日(日)に開催され、パナソニックの社会貢献担当者が会社における取り組みと自身のプロボノ経験を紹介しました。

近年、仕事のスキルや経験を活かしたボランティア活動「プロボノ」が広がりを見せています。
このシンポジウムは、市民・企業・NPOが、それぞれの立場から、プロボノ活動の事例報告やディスカッションを行い、プロボノの価値や魅力、今後の可能性について考える機会として開催されました。

冒頭、プロボノについての基本的な解説があり、その後プロボノ活動に参加したビジネスパーソン、プロボノ活動を行うNPO、プロボノの支援を受けたNPOが、それぞれの立場から、取り組み事例を発表しました。
最後に、広がりを見せているプロボノについて、各地の取り組みを共有し、企業・行政・NPOの三者で、プロボノの今後の展開と可能性についてディスカッションを行いました。

会場には100名を越える参加者があり、新しいボランティアのカタチである「プロボノ」について、熱心に耳を傾けている姿が見られ、関心の高さが伺えました。

<プログラム>
第1部:オープニングトーク
 仕事のスキルや経験を活かしたボランティア『プロボノ』とは
  嵯峨生馬さん(特定非営利活動法人サービスグラント 代表理事)

第2部:事例報告&ワークショップ
 紹介事例
 1. NPOの業務フローの改善
    上原哲哉さん(日本マイクロソフト株式会社)
    鍋嶋洋子さん(特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ )

PRO130120b.jpg 2. NPOのウェブサイトの構築
    東郷琴子(パナソニック株式会社)

 3. 中小企業の技術支援
    松本武さん(特定非営利活動法人NPOテクノサポート)

第3部:パネルディスカッション
 テーマ「プロボノが目指すもの~その展開と可能性~」

 コーディネーター
  嵯峨生馬さん(特定非営利活動法人サービスグラント)

 パネリスト
  松原朋子さん(日本マイクロソフト株式会社)
  岩永幸三さん(佐賀県 くらし環境本部 男女参画・県民協働課)
  鍋嶋洋子さん(特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ )

■パナソニックのプロボノプログラム(Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム)
パナソニックは、2011年4月より社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。社員のボランティア活動として、社会課題の解決に取り組むNPOの事業展開力の強化を支援し、NPOの活動がさらに大きな成果をあげることを目指しています。
2012年度は、29名の社員が参加し、5団体の中期計画策定や営業資料作成、ウェブサイト再構築などを支援。昨年度との累計で43名の社員がプロボノを実践しています。

■関連情報
Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
日本初!パナソニックのプロボノチームが気候ネットワークの事業計画立案を支援【事例レポート】
プロボノのインタビューが組織内部の一体感を醸成「プロボノ フォーラム OSAKA 2012」【活動レポート】
NPOのキャパシティビルディング支援


ページの先頭へ