Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム 第2回集合研修を開催

英語ブログ

NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム 第2回集合研修を開催

NPO130119a.jpgNPOの組織基盤強化を支援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の組織診断助成を受け、集合研修形式で組織診断を実施する「Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム」の第2回集合研修を、2013年1月19日にJICA地球ひろばで行いました。
この日は、研修に参加する5団体と、それぞれの団体を担当するコンサルタント、研修事務局の20名が参加しました。

研修の前半は、昨年から約2ヶ月取り組んできた「内部環境分析」について団体ごとに発表し、参加者で共有、意見交換をしました。

発表内容は、団体の「活動目的」「活動概要」「組織体制」「活動ビジョンと中期目標」「組織診断シートの回答結果と分析、組織内での共有状況」「内部環境の分析結果」「課題と解決の方向性」についてです。
発表後、質疑応答、アドバイスなどの意見交換を行い、今回の分析結果、課題や解決の方向性について、さらに深く考える機会となりました。

組織診断のプロセスでは、このあと「外部環境分析」「ステークホルダーの意見収集」を行い、「内部環境分析」とあわせて、団体の強み、弱み、外部を取り巻く環境におけるチャンス、脅威から、団体が取り組むべき課題を抽出します。そのうえで、抽出された課題の優先順位、解決の方向性を検討していきます。

NPO130119b.jpg研修の後半では、
○外部環境分析について
○重要なステークホルダーの意見収集について
○SWOT分析について
○重点課題の抽出と優先順位づけについて
の講義があり、その後、今後のステークホルダーへの意見収集の計画を策定するワークを団体毎にコンサルタントを交えて行いました。

■「Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム」とは、2012年11月から2013年5月までの7ヶ月間にわたって、座学・ワークショップ・ピアラーニングを組み合わせた集合研修と、個別コンサルティングを受けながら、参加団体が自ら組織診断を実施していくプログラムです。


■関連情報
NPOのキャパシティビルディング支援
Panasonic NPOサポート ファンド
組織診断助成とは
NPOサポートファンド贈呈式
キャパシティビルディングフォーラム ~組織診断のすすめ~


ページの先頭へ