Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:2012 年度パナソニック提供 龍谷講座in 大阪レポート 第16回

201212061.jpg

龍谷講座 第16回目は株式会社福市(LOVE&SENSE) 代表取締役 高津玉枝さんをお招きしました。
高津玉枝さんは、民間企業を経て、1991年にマーケティング会社を設立し、大型商業施設のアドバイザー、商品企画、新規事業の立案や販売戦略を手掛けてきました。その際、多くの商業施設が安価な商品を大量に販売する状況に違和感を持ち、2006年にフェアトレード商品を扱う株式会社福市(LOVE&SENSE)を興します。一つの商品には、世界中の多種多様な文化や伝統だけではなく、経済格差、貧困、搾取といった困難を乗り越えるための知恵や工夫など、様々な物語が背景にあります。高津さんは、フェアトレードを通して、製作に関わった人たちに思いを馳せ、新しい買物への価値観を購買者に提案することを目指しています。

第16回「"フェアトレード"で世の中を変えられる??」 
日時:11月7日(水)  午後7時~午後8時30分
会場:龍谷大学 大阪梅田キャンパス 研修室
講師:高津 玉枝
株式会社福市(LOVE&SENSE) 代表取締役
高津玉枝の最新フェアトレード情報  

-講座概要-
講座では、フェアトレードの形態と途上国への企業の進出との違い、輸入コストをあえてかけてフェアトレードを行う意味、そしてフェアトレードラベルの課題について、御自身が事業を立ち上げる際に抱えていた疑問を提示しながら、高津さん自身が考える"フェアトレード"の概念や意義について説明いただきました。また、東日本大震災の被災者支援事業についてもお話しいただきました。講座は、途上国での人々の暮らしや貧困の背景、フェアトレードに関わる人たち、被災者支援活動といった株式会社福市の取り組みなどを通して、私たちが漠然と持っていたフェアトレードに対する知識を深め、新しい国際協力や社会貢献の枠組みを提示するものでした。


フェアトレードってなに?
フェアトレードが必要とされる要因は、途上国内の問題と国際的な背景があげられます。前者については、仲買人による生産者への不当な扱い、劣悪な労働環境、行政の腐敗といった要因であり、後者については、一時産品の不安定な価格、国際商品協定の崩壊、新自由貿易主義、そして援助の限界や失敗といわれています*。高津さんは、こうした背景を理解しながらも、フェアトレードに対する疑問も同時に抱きます。例えば、フェアトレードという概念を用いなくても、途上国に産業を興すことで解決できるのではないか、輸入コストをかけて遠隔地で販売する意味があるのだろうか、そして、フェアトレードラベルを付けることにお金と労力が求められる場合、弱者を救済するという本来の趣旨と異なるのではないかといった点です。そうした疑問を解決するため、実際にインドのフェアトレード団体を訪問し、そこで日本では想像できない現地の苛酷な貧困の現状を視察しました。また、施しではなく正当な労働の対価として商品を販売したいという生産者の強い思いや、人として尊厳を持って仕事をしたいという生産者の意思を感じます。ネパールでは、地政学的に非常に不利な場所にあるため、効率を優先する現在の貿易システムから完全に疎外された場所であることを目の当たりにし、そうした地域の生産者に新たな枠組を設定する必要を実感しました。さらに、ヨーロッパのフェアトレード認証団体を訪ね、認定ラベルやマークが、購買者にフェアトレードを周知して弱者が被っている問題へ関心を向ける有効な手段であることを確認し、課題があったとしても、現状では必要なシステムと考えるようになります。


日本のフェアトレード事情と事業としての成立させることの難しさ
2006年にフェアトレード事業に特化した株式会社福市を興します。当時のフェアトレード市場をみますと、認知度はわずか3パーセントにすぎず、主に現地で活動するNGO関係者のみが関心を寄せているといった状況でした。また、多くの商品については、東南アジアの土産物的な扱いにしかすぎません。こうした状況を打開するために、フェアトレードを周知し、購入できる環境を整えること、またフェアトレード商品の質を向上させ、一つの新しい価値観として提示することを目的として事業に取り掛かります。そのために、福市では、市場調査の実施をはじめ、マス・メディアや企業にも積極的に商品のアピールを行いました。また、集客力の高い百貨店の担当者や各種流通業界にも働きかけ、イベントスペースにおける商品の販売も継続して行いました。失敗も多く、事業として必ずしも成功してきたとはいえません。ここ数年、国内フェアトレード認証製品の市場は拡大しており、現在では、ようやく多く店舗でフェアトレード商品を見受けられるようになりました。
しかし、継続的な支援を行うには、フェアトレードを事業として成立させる必要があると考えています。フェアトレード認証製品の市場拡大を背景に、購買者の関心が高まっていることも事実ですが、安定した商品の供給を始め、事業継続に向けて多くの課題が山積しています。今後、オリジナルブランドの開発や世界各国のフェアトレード企業と提携を進めながら、デザインを含め高い質の商品を提供し、日常の生活の中でフェアトレード商品が活用できる展開が求められます。こうしたことが、事業として成功する重要な鍵になるといえます。


201212062.jpg東日本大震災被災者支援EAST LOOPプロジェクト
福市は、フェアトレード事業と並行し、東日本大震災の被災者支援の一環として、EAST LOOPプロジェクトを2011年に始動しました。現在は、陸前高田市、釜石市、大槌町へ作り手が広がり、届けた収入は総額2,185万円(2012年10月末時点)になりました。また、 経済産業省 の『ソーシャルビジネス・ケースブック (震災復興版) 』*にも掲載されています。これは、自分のペースで参加できる手仕事を被災地に提供し、少しでも元気になってほしいという思いからスタートしたプロジェクトです。収入を得るだけではなく「前を向いて生活するため」の被災者の気持ちを大切に考えています。
フェアトレードという概念だけで貧困や被災地の問題が解決するわけではありませんが、フェアトレードやEAST LOOPプロジェクトに関心を持ってもらうことが、途上国の方々や、被災し困難な状況にある人々が抱える問題を知る第一歩になります。こうした商品の販売や購入を通じて世界や被災地の問題に思いを馳せることの重要性については、受講者にとっても同じ思いであると考えています。

*「ソーシャルビジネス・ケースブック(震災復興版)」

EAST LOOPに関する情報
HPFaceBook

*11月14日 阪急デパート 梅田本店10階 LOVE&SENSEの直営店がOPEN *

アフリカ:(特集)パナソニックグループのサブサハラ・アフリカ諸国における企業市民活動の取組み

ランタンと子ども.jpg

パナソニックグループは、企業市民活動を通じてサブサハラ・アフリカ諸国など開発途上地域における社会課題の解決に貢献し、国連ミレニアム開発目標*(MDGs)達成の一助となることを目指した活動を推進しています。 サブサハラ・アフリカ諸国は、貧困や飢餓の問題とともに、教育や保健医療などの分野においても様々な課題を抱えており、その解決が求められています。そこで、当社は国連機関やNGOなどと連携し本業の技術、ソリューションを活かした企業市民活動を展開しています。
 

1.ライフイノベーションコンテナ(LIC): タンザニア
LIC.jpg 
 LICは、パナソニックの「創エネ」「蓄エネ」の技術を20フィートコンテナにフルパッケージ化した独立電源 システムです。無電化地域の課題である耐久性・盗難防止・機動性を確保しつつ、学校・医療・店舗などの既存施設への電力供給と多様なパナソニック機材の組合せで、コミュニティに新たな価値を提供するものです。18枚のソーラーパネルにより1日平均9.9kWh(タンザニアの場合)の発電を可能とし、その内部に 48個の蓄電池と電力制御装置が設置されている為、無日照の日が3~4日間続いても給電が可能です。
タンザニアは、1968年より当社の乾電池製造・販売事業を営んでいることもあり、パナソニックグループにおいて縁の深い国となっています。
2011年10月、タンザニア内陸部のムボラ村へ寄贈し、子どもたちの視聴覚教育や村人の情報へのアクセスの向上。また携帯電話の充電ビジネスといった所得創出活動などへの利用が開始されています。今後、さらなる暮らしの改善と持続可能な社会の実現への一助になることに期待がかかっています。
 
2.ソーラー LED ランタン: タンザニア
 暗闇での学習.jpg
 ソーラーLEDランタンは、太陽光で発電した電気を蓄電池に蓄えて夜間照明に使う小型の照明器具であり、使用に伴いCO2を発生しない、環境に配慮した機器です。LICを寄贈したムボラ村にも1千台を寄贈し、三洋電機時代からの累計で1万台近くを寄贈しています。ムボラ村のソーラーLEDランタンのユーザーからは、「ソーラーLEDランタンのおかげで夜間も家の中が明るくなり、子どもが勉強することできるようになった」など感謝の声をいただいています
  
3.Panasonic NPO サポート ファンド for アフリカ
 
本プログラムは、日本に拠点を置き、アフリカ諸国で活動するNPO/NGOの広報基盤を強化するものです。団体の活動や現地の状況を多くの人に広くお伝えして、理解の深化につなげる広報活動の継続的な展開は、会員・支援者の拡大や財源の強化などに繋がり、経営基盤の強化に資するものとなります。2012年は特定非営利活動法人 ADRA Japan、公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン、特定非営利活動法人 ロシナンテスと、昨年に引き続き、特定非営利活動法人 テラ・ルネッサンス、特定非営利活動法人 道普請人の計5団体への助成を行っています。
 
4.TABLE FOR TWO (TFT)
 TFT.jpg 
 2009年8月よりTABLE FOR TWO(TFT)の取り組みに参加しています。TFTとは、飢餓・栄養不足に悩む途上国と、生活習慣病・肥満に悩む先進国の「食の不均衡」の解消を目指した日本発の社会貢献活動です。具体的には、食堂において提供されるヘルシーメニューや募金により、アフリカの子どもたちの給食一食分に相当する約20円程度が寄付されるものです。
 
 
5.アフリカ開発会議(TICAD)
 
来年2013年6月に、第5回アフリカ開発会議(TICADⅤ)が横浜で開催されます。これは、1993年以降、日本政府 が主導し、国連機関、世界銀行などと共同開催されるアフリカの開発をテーマとした国際会議です。アフリカ開発において日本企業が果たす役割に期待が高まるなか、この場において、当社のアフリカ諸国での活動が紹介されるよう努めています。

日本:第11回 こどもエコクラブ「エコアイディアキッズびわ湖『アイキッズ』」活動報告

日本:キッド・ウイットネス・ニュース(KWN)2012年度 ワークショップ レポート(福岡市立箱崎中学校)

キッス+KWN.png

箱崎1.jpgKWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)2012年度参加校へのワークショップ。今回は福岡市立箱崎中学校で実施しました。

福岡市立箱崎中学校
実 施 日:11/19(月)9:00~12:00
参加人数:放送部14名

  箱崎4.png 箱崎5.png 箱崎6.png

箱崎中学校は2回目の参加。
今回の講師は映像作家の井手広法さん,映像クリエーターで演出家の 朴 正一さん、映像制作プロデューサーの萩原 淳です。  

昨年ワークショップに参加してくれた生徒が2名参加、今年のワークショップを楽しみにしていてくれた様子でした。

ただ、ほとんどの生徒が映像制作が初体験で、いったいどんな事を するのか興味はあるけど、まだイメージがつかめない様子でした。そこで、これまでのKWNの参加している学校の作品の中から、いくつか選んで、観てもらいました。 作品を作るときに一番大事な事は、まず「何を作るか」のイメージをしっかり作り上げることです。
 
この点をいい加減に決めてしまうと、後でみんなのモチベーションを低下させてしまうことにつながります。

今回の目的をとイメージをしっかり持ち、それを脚本にして、みんな で共有し、それをカメラによって切り取る(撮影する)と決めました。

講師の数も普段より多かったので、全体を構成、演技、撮影の3つのグループにわけてそれぞれ練習を行いました。構成のグループでは、「何を作りたいのか?」という問に対して 「ドラマ」という答えが返ってきました。 その答えを実現させるために、他 のグループにその「ドラマ」の撮影を行うためのノウハウをそれぞれ伝えました。

箱崎3.png撮影では、カメラの基本的な構造とその特性をまず最初に学び、つ ぎにその生かし方を学びました。撮影は映像としての「見えるもの」だけでなく、「見えないもの」としての音をしっかり録る練習を行いました。

演技では、伝える側としての、セリフやコメントを話すテクニックや、どんな練習を行ったらいいのか?の練習を行いました。

それぞれの練習を行った後、いよいよ本番を撮影しました。
役者の位置や、カメラの位置などを監督とカメラマンが支持し、それに従って、みんなが動きます。制限時間が迫る中「用意、、スタート!」の声が部屋に響き渡り、 ある種の緊張感が漂います。

4カットの本番を撮り終わり、みんなホッとする中、一体どんな映 像になったのか? 講師が簡単に編集してつないで、それをみんなで観ました。

短い時間でしたが、皆が集中してそれぞれの役割を分担して学んだ為、始まる前は「わからないこともわからない状態」でしたが、見事一つのミニミニショートドラマを撮り切ることに成功し、一気にみんなの顔が明るくなりました。

 

《関連サイト》

日本KWN(キッド・ウイットネス・ニュース日本)

パナソニックキッズスクール

KWN(キッド・ウイットネス・ニュース)

 

 

 

 

日本:キッド・ウイットネス・ニュース(KWN)2012年度 ワークショップ レポート(石岡市立園部小学校)

 キッス+KWN.png

園部1.jpg

KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)2012年度参加校への本年度最後のワークショップ。今回は校での開催レポートです。

石岡市立園部小学校
実 施 日:11/27(火)13:45~15:30
参加人数:6年生35名

園部小学校は初参加。

今回の講師は映像作家の井手広法、映像クリエーターで演出家の朴正一さんです。  

園部5.jpg田園が広がるのどかできれいな空気の中に、園部小学校はありました。担任の先生とまずは打ち合わせに入ります。

先生は、まだあまり生徒さんたちと導入を行なっていないので、上手くいくかどうかが大変不安を感じているとのことでした。でも、最初は誰でも不安だし、それがあるから達成した時の喜びは大きいものです。

教室では生徒たちが一体どんな授業が始まるのか、興味津々な面持 ちで待ち構えており、いい意味での緊張感が走ります。

今回は人数が多いので、構成(監督・助監督)、撮影(カメラ、音 声)、役者の3班に分かれ、それぞれ指導を行いました。それぞれ初歩の段階から行ったのですが、本当に園部小学校の皆さ んは元気が良くて、何をやっても大きなリアクションがおきます。

時間はあっという間に経っていき、構成班は議論の末、お題を2つ決定し、それを役者チームに伝え、撮影部と一緒にアングルを考えました。

最初はバラバラだったこのチームも、カットが進むに連れ、だんだんと動きが良くなってきます。 やはりイメージをきちんと共有するということは何においても必要な作業なのでしょう。

なんとか時間内にお題を撮り切り、無事ワークショップは終了しました。

これから色んな状況に対応していかねばなりませんが、このチームがもっている元気で是非乗り切ってほしいです。

 

《関連サイト》

日本KWN(キッド・ウイットネス・ニュース日本)

パナソニックキッズスクール

KWN(キッド・ウイットネス・ニュース)


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年12月 アーカイブ