Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > アメリカ:シアトルマリナーズとの協業によりパナソニックキッズスクールを実施しました

英語ブログ

アメリカ:シアトルマリナーズとの協業によりパナソニックキッズスクールを実施しました

キッズスクールロゴ.jpg

 

 

 

2012082920.jpg

パナソニック・エナジーカンパニー傘下の米国子会社・サンヨーノースアメリカコーポレーション(SNA)は、2012年08月21日に米国メジャーリーグのシアトルマリナーズと共同で、同球団の本拠地であるセーフコ球場において、パナソニックキッズスクールを開催しました。

これは、同球団とのスポンサー契約に基づき、今年の4月初旬に同球場のスカイブリッジ(球場と駐車場を繋ぐ歩道橋)に設置されたパナソニックHIT太陽電池システム(32.76キロワット)の認知促進と、パナソニックが有する環境関連技術、および環境革新企業にむけた企業の取組み姿勢を訴求するために実施されたものです。

2012082921.png今回のキッズスクールは、球団が日本文化を紹介するために毎年開催している恒例イベント「Salute to Japan Night」のプログラムの一つとして位置付けられ、地元の中高生(11歳から16歳)20名とその教師を招待して行われました。

 

 

 

 

講師役2012082926.jpgを務めたSNAのMegumi Marshさんは、限りある枯渇エネルギー資源に頼っているアメリカの現状と将来を説明。また太陽電池などによる持続可能エネルギーを創出することの重要性と、そのエネルギーを蓄えて活用する充電地システムの優位性などを、加西グリーンエナジーパークでの取り組みを実例として紹介しました。

キッズスクール参加者は、ポータブルソーラー充電器を教材として使い、太陽光による発電と充電の仕組みなどを体験しながら、持続可能エネルギーの有効活用について楽しく学びました。

 

Panasonic Eco Solutions Energy Management North America(PESEMNA)の寺川幸之社長のコメント―
当社の持続可能な技術を紹介する次世代教育は、将来のパナソニックファンを養っていくための大切な長期投資です。今回のメジャーリーグとの協業を通じて、北米における環境革新企業としてのブランド認知訴求、地位向上を図れればと考えています。」

その後、参加者は、スカイブリッジに設置された168枚のパナソニックHIT Double太陽電池システムを見学。年間4万キロワットアワーの電力を同球場に供給する当社の太陽電池システムが、二酸化炭素削減と節電による経済効果をもたらしていることについて説明を受けました。

―シアトルマリナーズ・球場管理部門責任者のScott Jenkinsさんのコメント―
マリナーズは、現在、球場のグリーン化にむけた環境活動に取り組んでいます。4月に設置されたパナソニック製太陽電池システムは、環境意識の高いシアトルの人々への強いメッセージとなったと感じます。」

尚、別途、同イベントには、米国で太陽電池の販売をおこなっているPanasonic Eco Solutions Energy Management North America(PESEMNA)が、インストーラーや代理店などの顧客を招待し、太陽電池の拡販にむけて当社の取組みを力強くアピールしました。

SNAでは、代替エネルギーによる創エネ・蓄エネの有効性や、3R(省資源、再利用、再資源化)を基本としたライフスタイルの啓蒙を目的に、2010年より、北米各地で環境授業を実施しており、過去2年間で累計約70回の授業が開催され、述べ2,100名の子供たちが参加しています。

《イベントに併せ球場に表示されたブランドスローガン》

2012082923.png

《今回のイベントでは日本の子ども達の和太鼓演奏も披露されたました》

2012082922.png


 


ページの先頭へ