Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 中国:地域貢献活動として植樹活動を実施(広州、厦門)

英語ブログ

中国:地域貢献活動として植樹活動を実施(広州、厦門)

2012062145.jpg

                                                     広州での様子

2012年5月20日、パナソニック・万宝APビューティ・リビング広州(有)は鐘村奥園学校と連携して、植樹活動を行いました。活動のスローガンは「地球を愛し、手を繋いで木を植えましょう」です。
パナソニックの従業員、学校の先生、生徒、保護者のほか、地域団体、「関心 下一代委員会」なども参加しました。参加者がチームを組んで、マグノリア、マンゴーなどの木を20数本植えました。数は少ないですが、参加者一人ひとりが学校の緑化に貢献しました。

告白の日、(中国語の520は「愛してる」の発音に似ているので、5月20日は告白の日と呼ばれる)その美しい日に、私たちは植樹によって地球に愛を伝えました。
5月26日、火炬グループとパナソニック マニュファクチャリング厦門(有)  (PMX)共催の植樹活動を実施しました。参加者は火炬グループの経営幹部、そしてパナソニック台湾の中谷総経理とPMX林総経理、そしてPMX課長以上の幹部総勢102名です。今回の植樹活動の目的は社員全員の環境保護意識を強化し、地球と共存していく企業になることです。
PMXは既に環境革新企業をめざし、子どもたちへの環境教育と地域の環境保護活動に力を入れ、経営面でも常に革新を追求し、CO2排出削減活動にも取り組んでいます。アモイは非常に綺麗な都市で「海上の花園」と呼ばれます。1997年に「国家環境保護モデルシティー」と評価されて以降、環境保護に力を注いでいます。

今回の植樹で、ブーゲンビリア41本と扶桑41本、全部で82本を植えました。火炬グループとPMXの未来がアモイ市花ブーゲンビリアの様に美しくて輝くことを期待しています。

20120062146.jpg                                                     厦門での様子

ページの先頭へ