Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > UAE:アルアイン文化遺跡群で世界遺産環境学習を実施しました

英語ブログ

UAE:アルアイン文化遺跡群で世界遺産環境学習を実施しました

20121186.gif

 

 

 

2012060111.jpg2012年4月15日〜18日の4日間、UAEのアルアイン文化遺跡群において環境学習を実施しました。これはパナソニックとユネスコ世界遺産センターとのパートナーシップに基づく活動の一環です。アルアインの文化遺跡群は2011年にユネスコ世界文化遺産として登録。暑さと乾燥の厳しい生活環境の中で生き抜いた古代の人々の知恵が、文化遺跡群として残っています。

 

この4日間で8校、356人の子どもたちが環境学習に参加しました。まずはアブダビ文化遺産庁歴史環境部門長Mohammed Neyadi氏より子どもたちへのご挨拶、そしてアルアイン文化遺跡群の説明がありました。その後、Panasonic Marketing Middle East FZEのナタリーさんが、世界遺産と地球温暖化について環境授業を実施しました。

子どもたちは積極的に授業に参加し、一生懸命メモをとっていました。
この世界遺産の一番の特徴は、紀元前1000年という大昔に作られた「Faraj」と呼ばれる貴重な水路。ファラジは水路の考え方の発祥の地となっているそうです。ファラジのお陰で乾燥地帯のこの地にオアシスができ、農業が盛んになりました。山の水源から平地の農地まで、高低差を利用して水を誘導していたそうです。3D映像を通じて最新技術に触れた子どもたち。

学んだこと、見学ツアーで見たことをエコ絵日記に書いて、一日を振り返りました。

終了後、Mohammed Neyadi氏は、「パナソニックのエコアイデアの取り組みを大変素晴らしいです。
この環境学習の活動についても、子どもたちの環境意識の向上と持続可能な社会への発展に貢献していると思います。」との感想を寄せてくださいました。

◆関連サイト
 世界遺産環境教育プログラム

 


 


ページの先頭へ