Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:第1回 いきものあふれるゆめのもり~オオムラサキの飛来をめざして~

logo1.jpg

 

 

 

 

201206281.jpg

 

6/24「いきものあふれるゆめのもり~オオムラサキの飛来をめざして~」を兵庫県立やしろの森公園で定例で行っている 里山保全作業(森もりの日)に参加する形で実施しました。

ギフチョウをはじめとする里山のいきものの生活環境の現状を知り、単なる作業にとどまらず、いきものの生態や森の仕組みについて学び、私たちの暮らしとの関わりや生命のつながり(生物多様性)を体験を通じて考える機会にします。

―プログラムのスケジュール―
第1回2012年6月24日(日) ギフチョウの食草を育てよう  ヒメカンアオイの定植作業 ギフチョウの暮らしを学ぶ
第2回2012年10月14日(日) 池干し いのちを肌で感じる体験  ザリガニの駆除から考える生物多様性保全
第3回2013年2月24日(日) オオムラサキの食草を植えよう  森林整備・エノキの植樹 オオムラサキのくらしを学ぶ
第4回2013年4月28日(日) ギフチョウの暮らす環境を作る保全作業  ギフチョウ観察会

第一回が無事に終了しましたので簡単にリポートいたします。

201206271.jpg今回はパナソニックのアプライアンス社ホームアプライアンス事業グループ キッチンアプライアンスビジネスユニットから エコリレーの一環で4名が参加してくれました。


ギフチョウの食草である「ヒメカンアオイ」の保全
  ①種の採取 と
  ②苗の植え付け をします。

  写真は①種の採取

 

201206272.jpg

 

 

「ヒメカンアオイ」
この位に育つには3年以上かかります。


 

  

201206273.jpg 

 

「ヒメカンアオイの花」
この中に種があります。

取り出して乾燥させてしまうと二度と発芽しません。

 

201206274.jpg

 

 

 

桑の実を食します
鳥を呼ぶ為に植えた桑に実がたくさん久々に桑の実を食べました


 

  

201206275.jpg

 

 

 

 ギフチョウとオオムラサキの生態についてお勉強

 

201206276.jpg

 

 

 

解説者(小倉先生)が門外不出のオオムラサキの標本を持参 
小さいのがオス


 

201206277.jpg 

  

 

作業終了後に何となく全員で散策
池でロブスター級(?)のアメリカザリガニ発見とてつもなく大きかったです

秋には池干しで一網打尽?

 

 

 

日本:東日本大震災被災地区における2012年度の学校支援活動スタート

図1.png

2012062158.png

2011年3月に起こった東日本大震災で被害を受けた学校は1,000数校余りあり、社会文化グループでは、地震発生直後の物資支援に加え、学校教育支援を中心に復興支援を行ってきました。2011年度は、岩手、宮城、福島の3県で「きっと わらえる 2021」を実施。本プログラムは、子どもたちが映像制作を通じ、笑顔と元気を取り戻すというもので、2012年度も実施エリアを拡げ、実施いたします。

また、当社は被災地の学校を長期的に支援する「学校スマイル応援プロジェクト」にも参画しています。2011年度は、大船渡市・陸前高田市の小中学校15校の運動会を支援。
運動会用機材の貸出に加え、当社の社員による現地でのサポートや学校への応援メッセージ寄贈などで、1,500名を超える当社の関係者が本活動に参加しました。
2012年度も引き続き、大船渡市・陸前高田市の小中学校18校の運動会を支援するとともに、新たに"キャリア・チャレンジデイ"として、当社からも社員が授業に駆けつけ、
大船渡市内全中学校の中学校2年生(380名)を対象にしたキャリア教育を支援していきます。

 ◆関連サイト

   「運動会サポートキャラバン」活動レポート

  「きっと  わらえる  2021」

 

 

日本:中学校を対象にキャリア教育教材の提供をスタート

20121186.gif

 

 

 

  

    201201233.jpg201203061.jpg

 パナソニックグループでは、「育成と共生」を活動理念に「環境」と「次世代育成支援」に重点をおいた企業市民活動を展開しています。
中でも、「環境革新企業No1」の実現に向けた環境教育は、グローバル活動として力を入れており、2011年は、環境教育プログラム「Eco Learning Program」等を使った従業員による「出前授業」や「エコ絵日記」等の活動によって、44万人以上の子ども達に環境教育を実践しました。また国内では、理数離れ・学力低下が深刻な状態となり、複雑化・多様化する教育の課題には社会総がかりでの対応が必要とされ、産業界に対して、その持てるノウハウ・人材・技術・施設等を活かした教育支援への要請が強くなって来ております。
こういった環境下、社会文化グループでは、独自の教材「エコモノ語」を作成し、2009年度から本格的に出前授業を開始しました。

様々な部門・ドメインからの協力をいただきながら現在までに、のべ117名の従業員が445校の小中学校で出前授業を実施しており、2011年3月には、経済産業省の「キャリア教育アワード」で最優秀賞を受賞しました。
更に2011年には、三洋電機と共同して、社会的に関心の高まるエネルギー問題を題材とした「エネマネ博士になろう」を作成。
今年度からは、子どもたちの日頃の勉学と仕事とをリンクさせるキャリア教育教材「私の行き方発見プログラム」の提供をスタートしています。このプログラムは、全国の中学校で必修となっている職場体験学習をより効果的に進めるために作成されたものです。

今後も、社会文化グループでは、こういった社会の要請・ニーズに応えると同時に、パナソニックグループの未来の人材確保の意味からも、ますます幅広い教育貢献を推進していきたいと考えております。            

  

      20120626.jpg 

   エコモノ.png            エネマネ.jpg              生き方発見.png                                               

 

      201206262.jpg 

     ELP.png

                   

                                                                                                                                                                                                            

 

 

日本:第3回 こどもエコクラブ「エコアイディアキッズびわ湖『アイキッズ』」活動報告

2012052221.jpg

 

 

2012062137.jpg

「アイキッズ」とは、びわ湖岸で、パナソニックの社員が設立した市民環境ボランティア団体『びわ湖エコアイディア倶楽部』が運営する、こどもエコクラブ『エコアイディアキッズびわ湖(愛称アイキッズ)』、パナソニックアプライアンス社(以下HA社)の地元、滋賀県草津市の小中学生が参加するこどもエコクラブの一つです。

キャンプをしたり、田んぼで稲を育てたり、地元の狼川でハイキングや水質調査、草津市のこども環境会議に参加するといった、さまざまな環境活動を通して、「水のつながり・いのちのつながり」について考えることを目的にしています。

今回は6月17日に実施した「第2回  びわ湖の恵みを頂く!」をご報告します。

2012062126.png

201206215.png

201206219.png

You Tube 動画はコチラカラ

2012062132.png

               【詳しくは滋賀県HPをご覧下さい。ナマズがジャンプして遡上する動画もあります!⑧トピックスへ】

 2012062123.png

2012062124.png

201206216.png

 

日本:「第41回日本伝統工芸展近畿展 大阪展」を開催

2012062030.jpg

6月20日、「第41回日本伝統工芸展近畿展 大阪展」がJR大阪三越伊勢丹で開幕しました。
今年はさらに厳しい審査を通過され近畿在住の作家の方の240点が入選致しました。そのうち、木工の中川勝之さんが欅拭漆稜線飾盆(けやきふきうるしりょうせんかざりぼん)で受賞されました「日本伝統工芸近畿賞」など10点、「新人奨励賞」3点、合計13点が入賞となりました。

是非すばらしい作品の数々をご覧ください。

        2012062027.png     20120626.png

 

<大阪展> 会期:6月20日 ~ 25日
      会場:JR大阪三越伊勢丹 10F催物場、6F美術画廊
      入場:無料


受賞作品一覧

近畿賞作品解説


松下幸之助創業者の時代から伝統工芸は日本のものづくりの原点であるという思いを受け継ぎ、当社は日本伝統工芸展を支援しています。

 


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年6月 アーカイブ