Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:復興担う中学生が職業体験 ~大船渡でキャリアチャレンジディ実施

2012062920.png2012年6月22日(金)、大船渡市の未来を担う子どもたちが職業について学ぶ「キャリアチャレンジディ」(大船渡市教育委員会主催、学校スマイル応援プロジェクト共催)が同市の文化市民会館で開かれました。当日は、県内外から21の企業・団体と大船渡市の全中学2年生382人が参加。生徒たちは、企業・団体の代表者から直接話を聞き、それぞれの職業の役割や、それに必要な能力との関係について考えました。

開会式は、主催者を代表して、今野洋二教育長がご挨拶されました。「このような学習活動で、市内の全校が集まるのは初めて。貴重な体験であり、職業や生き方を考えるきっかけや、将来に向けてどんなことを頑張ればよいかを考える機会にしてほしい」と生徒たちに呼びかけました。

2012062921.png

 

-藤原和博氏による [よのなか]科スペシャル一斉授業-
東京都初の民間人校長として杉並区立和田中学校で2003年から2008年まで5年間、教育現場に携わられた藤原和博氏がスペシャル授業を実施しました。

2012062923.png

ワークショップでは、企業講師も生徒たちに交じって、課されたテーマに対し、熱い議論を繰り広げ、「これらの時代を切り拓いていくためには、"情報処理力"だけではなく"情報編集力"を身につけることが大切。人が納得できる『納得解』を導き出せるよう柔軟な発想を」と呼びかける藤原氏の話に耳を傾けました。ワークショップの最後には、「たいへんな災害を受け、欠けているものがあるからこそ、そこを埋めようとクリエイティブな考え方が自然に出てくる。新しい時代へ新しい創造の知恵がふき出してくることを期待したい」と生徒たちにエールを送りました。

-企業によるスペシャルトークセッション-
大船渡の地元企業6社を含む21企業・団体がそれぞれのブースで職業の役割やそれに必要な能力との関係について話をしました。

当社のブースでは、家庭用燃料電池を開発している田中あおいさん、元々スピーカーなどの開発を行っていた小川理子さんが、研究開発の経験を元に授業を実施。パナソニックの創業者である松下幸之助に関するクイズなどを交えながら、企業の役割やそれぞれの職種に必要な能力について話をし、学校生活でいろんなことにチャレンジしてほしいと生徒たちへメッセージを贈りました。

2012062925.png

  他のブースの様子2012062930.png        大船渡消防署                  サントリーホールディングス(株)                大日本住友製薬(株)

                     

   ―閉 会 式―
201206296.jpg
 
閉会式は、日頃市中学校の女子生徒が全生徒を代表して挨拶を行いました。生徒たちによる感謝の大拍手はいつまでも鳴り止まず、大変感動的な一日となりました。

最後に、キャリアチャレンジディに参加した小川さん、田中さんを紹介したいと思います。

201207031.png  
講師としての自分が、中学生に伝えるメッセージのうち、一つでも子どもたちの心に残れば、それを5年後、10年後、20年後に思い出してくれる、気づいてくれる時がくるのでは、との思いで、授業を実施しました。

自分が中学生のときに先生がくださったメッセージで今なお私の心に残っているのはどんなことだろう、これまでの会社生活で3つの役割をたどってきましたが、自分の仕事に対する意志とは、どのようなものだっただろう、と自分自身も振り返ることができ、企業人としても有意義な活動だったと思います。

これを機会に、今後も被災地での教育支援に関して、企業や自治体の連携が広がれば、真に創造的な復興を担う次世代育成に結びつくものと信じています。

 

 

201207032.png今回縁あってキャリアチャレンジディ2012の講師として私は研究開発の役割・意志について話をさせていただきました。
メーカーの研究開発という仕事は、水産業・水産加工業が主な産業である大船渡市の中学生にとって身近ではない職業だったかもしれません。
ただ、いつの日か、この日のことを思い出し、「こういう仕事を通じて社会に貢献したい!大船渡市の役に立ちたい!」など、自分の将来や未来の役割について考えるきっかけにしてもらえればと思います。中学生は朝7時半というとても早い時間から会場入りし、一日中多くの授業を受けました。
私の授業も真剣に話をきいてくれていました。そんな姿を見ていると、大船渡市の中学生に恥じることのないようにせねば、と改めて思いました。
創業者の言葉にもある「自分の役割に懸命に打ち込む姿勢が大切」ということを忘れず、日々新しいことにチャレンジしていきたいと思います。 

動画レポート

                  

◆ 関連情報
当社の次世代育成支援活動について


学校スマイル応援プロジェクトの活動について



 

日本:パナソニック教育財団 平成24年度助成金贈呈式

2012062147.jpg

 

公益財団法人パナソニック教育財団は5月25日、平成24年度の「実践研究助成」の助成金贈呈式を東京江東区のパナソニックセンター東京にて開催しました。
全国の初等中等教育関係者等約140名が参加しました。

 「実践研究助成」は初等中等教育の教育課題の改善に、ICTを効果的に活用して取組む教育実践に対して助成を行う制度で、今年で38回目を迎えます。今までに2,500件を超える助成を行っています。

 

2012062148.jpg当日は遠山敦子理事長の開会挨拶、文部科学大臣祝辞、下田昌嗣事務局長による審査経緯の説明の後、助成先の研究代表者1人1人に遠山理事長から
奨励状が授与されました。その後の「くるま座ディスカッション」では、18のグループに分かれて、互いの取組み概要を発表し合いました。
それぞれの助成先の発表に対し、教育現場に詳しい研究者の方々から今後の研究の方向性や手法についての助言が行われるとともに、アイデアの共有が図られました。
尚、昨年度の「実践研究助成」の成果報告会が8月6日、東京荒川区のホテルラングウッドで開催されます。
平成24年度助成先 

2012062149.jpg

中国:地域貢献活動として植樹活動を実施(広州、厦門)

2012062145.jpg

                                                     広州での様子

2012年5月20日、パナソニック・万宝APビューティ・リビング広州(有)は鐘村奥園学校と連携して、植樹活動を行いました。活動のスローガンは「地球を愛し、手を繋いで木を植えましょう」です。
パナソニックの従業員、学校の先生、生徒、保護者のほか、地域団体、「関心 下一代委員会」なども参加しました。参加者がチームを組んで、マグノリア、マンゴーなどの木を20数本植えました。数は少ないですが、参加者一人ひとりが学校の緑化に貢献しました。

告白の日、(中国語の520は「愛してる」の発音に似ているので、5月20日は告白の日と呼ばれる)その美しい日に、私たちは植樹によって地球に愛を伝えました。
5月26日、火炬グループとパナソニック マニュファクチャリング厦門(有)  (PMX)共催の植樹活動を実施しました。参加者は火炬グループの経営幹部、そしてパナソニック台湾の中谷総経理とPMX林総経理、そしてPMX課長以上の幹部総勢102名です。今回の植樹活動の目的は社員全員の環境保護意識を強化し、地球と共存していく企業になることです。
PMXは既に環境革新企業をめざし、子どもたちへの環境教育と地域の環境保護活動に力を入れ、経営面でも常に革新を追求し、CO2排出削減活動にも取り組んでいます。アモイは非常に綺麗な都市で「海上の花園」と呼ばれます。1997年に「国家環境保護モデルシティー」と評価されて以降、環境保護に力を注いでいます。

今回の植樹で、ブーゲンビリア41本と扶桑41本、全部で82本を植えました。火炬グループとPMXの未来がアモイ市花ブーゲンビリアの様に美しくて輝くことを期待しています。

20120062146.jpg                                                     厦門での様子

中国:拡がる環境教育活動 (広州、蘇州)

20121186.gif

2012062144.jpg

パナソニックAPエアコン広州(有)(PAPAGZ)の環境教育活動は実施以来、地元地域から高評価を得ると同時に環境保護を重要視している学校からも共感を得ています。この活動をさらに効果的に展開するため、PAPAGZは広州市番禺区石壁小学校の提案に応じ、長期合作協議を締結しました。
5月25日、松実総経理をはじめPAPAGZの一行は石壁小学校で行われる子ども環境教育長期合作協議締結の式典に参加しました。

式典ではまず、総経理が会社を代表して、学校側にたくさんの環境・科学関連の本を贈呈しました。
学校からは謝意を表すため、校長からPAPAGZに記念の旗および「恩返し」という書道作品を贈呈しました。その後、松実総経理はスピーチの中で、環境保護の重要性を強調し、子どもは未来の宝物であり、企業として、パナソニックは社会に報いることを忘れず、この環境教育活動を会社のCSR重点活動の一つとして継続していくと語りました。まさに学校から贈呈された記念旗にある「企業・学校共に実を結び 環境意識を人の心へ」の通り、PAPAGZは社会各界との合作に努め、環境保護を推し進めます。


また、5月17日、パナソニックシステムネットワークス蘇州(有)(PSNS)は蘇州平江区の崇道小学校で、「地球温暖化&エコライフ」をテーマに環境教育の授業を行いました。授業では社内講師が、環境映像の観賞、地球温暖化の原因および人類にもたらされた影響の説明などを通じて、子どもたちに地球温暖化防止の重要性を説明しました。
その後、子どもたち自らが、地球温暖化防止のため、どんな環境保護活動ができるかを考えお互いに発表しました。
この環境教育の活動は子どもたちのエコ意識を高めるだけでなく、「低炭素エコ・エコライフ」という考え方を実際の行動に移すことに役立ちます。
PSNSは5月末までに5,171名の子ども達に環境教育を実施しました。この環境教育活動により、蘇州の子どもたちは今後、身の回りの小さいことから、人類生存のための地球を守っていきます。

2012062142.jpg

ベトナム:ホーチミンでエコラーニングプログラム実施

 20121186.gif

 

 

2012062140.jpg5月14日から16日にかけてパナソニックベトナムとパナソニックAVCネットワークスベトナム社はホーチミン市内の小、中学校で600人の子どもたちにエコラーニングプログラム(ELP)を使って環境教育を実施しました。

授業内容は、子どもの年齢にあわせてゲームや映像も組み合わせて構成。ELPの「地球温暖化編」と「生物の多様性編」を通じて、人類がつくってきた環境汚染の影響など環境について学び、環境保全のためにどのような行動をとることが大事かを考えます。

授業を受けた子どもたちは、電気製品の電源をこまめに切る、節水する、環境を考えた製品を使う、学校には自転車や公共機関を使って登校するなど、自分たちにできるエコアクションを書いて、エコ宣言をしました。
パナソニックの経営理念に「事業を通じて社会の発展に貢献する」とあるように、パナソニックベトナムは次世代育成支援をメインに様々な社会貢献活動を展開しています。
今年度はホーチミンの他、他の地域でも積極的に推進していきます。

2012062141.jpg


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年6月 アーカイブ