Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:学校スマイル応援プロジェクト「運動会サポートキャラバン」           〜陸前高田市立小友小学校運動会を実施

図1.png

 

 

  

201205317.jpg                                  ●実施日:2012年5月26日(土)
                                  ●開催校:陸前高田市立小友小学校
                                  ●生徒数: 74名 教員数:14名


5月26日、陸前高田市立小友小学校の運動会が実施されました。当社からは、6名の社員が“スマイル支援スタッフ”として現地へ駆けつけ、運動会の準備から撤去作業までをお手伝いしました。
学校へ伺ったのは、運動会前日。準備をはじめるにあたり、全校児童を代表して、6年生の児童がスマイルスタッフに対し、挨拶と感謝の言葉をおくってくれました。これには、スタッフも感動でした!
運動会の準備は子どもたちと一緒に行いました。重たいものは大人と高学年が担当。 
 

2012053130.jpg

 

小学校のある小友地区は津波被害の大きかったエリアで、高台にあった小学校も1階まで浸水しました。そのため、震災から1年以上たった今でも、グランドには小石やガラスの破片などがまだ落ちています。安心して運動会を実施するために、低学年の子どもたちが中心となり石やゴミを拾いました!

201205318.jpg

 

運動会当日。 前日の夕方から振り出し雨もすっかり止んで、運動会にふさわしい、すばらしい晴天となりました。赤白代表による元気よい選手宣誓で運動会がスタートしました。

2012053140.jpg                                  各学年の徒競走。
                       少人数の学校の特権、一人ひとり児童の名前がフルネームで
                                          読み上げ られ、子どもたちの士気も高まります!      

2012053111.jpg                                低学年によるソーラン。
                    高学年のお兄さん、お姉さんも音楽がかかると自然に体が
                    動き出してしまいます。
                    まさに、会場一体となってソーランを楽しみました。

2012053112.jpg

                 午後は、高学年による「田束(たつがね)剣舞」でスタート。
                 保存会の方による笛と太鼓、歌とコラボ。会場も迫力のある舞に息をのみました。  
             

2012053113.jpg                              低学年による玉入れ。
             競技のお手伝いをした当社のスタッフもかわいいダンスにめろめろになりました〜。      2012053114.jpg           学校側のご好意により、当社のスタッフも、借り物競争や応援合戦の審査員、
           用具係のお手伝いなどで運動会に参加させていただきました。
           本当に楽しかったです!ありがとうございました。       
2012053115.jpg

                最後に、運動会サポートに参加した当社の社員スタッフを紹介します!

2012053116.jpg左から、柿崎 博之さん、野村 洋さん、永倉 晋也さん、佐藤 春信さん、事務局の中田 紗也子

2012053117.jpg●仙台から参加した柿崎さん

前夜の雨もやみ、青空のもと運動会を開催することができました。
我々ボランティアは、子供たちがそれまで練習してきた競争、演舞、応援をサポートできて大変嬉しかったです。先生方はもちろん、地域の皆様とも、作業を通じて協働することができ感謝しております。 
お話を聞くと、子供たちにとって様々な行事や勉学の支援が重要であることをはじめて理解しました。同じ東北地域に住む人間として、継続してサポートしなければならないと改めて実感しました。
今回はこのような機会を与えていただき、ありがとうございます。

 

2012053119.jpg● 福島から参加した野村さん

昨年の東日本大震災以降、ボランティア・市民活動への参加意識が増す中、陸前高田市運動会支援ボランティア募集があり、早速、申込みをしました。初めてのボランティア活動参加となりましたが、皆さんの協力の下、大成功に終えることが出来たのではないでしょか。

3.11震災以降、何度もTV報道された陸前高田市周辺の被害状況が、実際に現場・現状を目の当たりにすると如何に悲惨な状況であったか、実感させられました。
震災1年過ぎた現況は、進まぬ行政、ガレキ処理とは裏腹に、先生方と子供たちの運動会への取組み意欲と元気さには、敬服させられました。子供たちに負けないよう、「大成功させよう!」と一緒に準備・応援をさせていただきました。少しは、明るく、元気になった子供たちと接することができたかな?と思います。
震災からの復旧・復興は、何年もかかるでしょう。これからも引き続き、ボランティア活動を通じて、
すこしでも社会貢献できればと考えます。

2012053120.jpg● 仙台から参加した永倉さん

貴重なボランティア活動に参加することができました。当方の母校を思い出させるような小友小学校のボランティアに参加出来て非常に満足しております。
東北エリアはまだまだ、ボランティアを必要としており、又の機会があれば時間調整可能な限り参加したいと考えています。

 

 

2012053122.jpg● 仙台から参加した佐藤さん

2日間に渡り、準備から後片付けまで、子どもたちともふれあいながら、私自身楽しく運動会開催をお手伝いできたと思います。運動会を終えて、小友小地域の子どもたち、先生方、保護者のみなさん、地域のみなさんがお互いに顔を合わせた時に、「運動会楽しかったね」って自然と心に浮かんでいたら何よりと思います。
活動の中、先生方を始め、多くの方々から幾度となく感謝と労いと恐縮の言葉をいただきました。この日のために集まった私たちは、できることは何でもやろうと当然のように全力を投じましたが、震災からこれまで、そしてこの先何十年とこの土地で生きていく地元の方々にとっては、ボランティアに対してきっとさまざまな印象や受け止め方があるのだと気付かされたような気がしました。
また、昨年度もこのプロジェクトに参加し、それから10ヶ月間経ちますが、市内ではようやく瓦礫が整理され始めてきたところで、復興と呼べるまでには気の遠くなるような莫大な時間と労力が必要であり、これが私たちの日常には伝わり切らない現実なのだと実感しました。
今後も自分に何ができるか考え続けていくと共に、限られた条件の中でもできることには取り組んで行こうと思います。


2012053123.jpg● 大阪から参加した中田

私はパナソニックで「運動会サポートキャラバン」の事務局をつとめています。
運動会サポートキャラバンは、今年で2年目を迎えましたが、昨年と同じようなニーズが本当にあるのかどうか、実際に現地へ行くまでは確信を持てませんでした。
現地に行きますと、被災したままの建物があちこちに残っており、まだまだ復興までに時間がかかることがわかりました。震災直後は、全世界から届けられていた物資や応援のメッセージも、2年目に入りすっかり落ち着いてしまったそうです。長引く復興を考えると、これからが精神的にしんどい時期であり、継続した活動を行っていくことの大切さを改めて感じました。
今年度は、前回の運動会とともに、パナソニックから12名が現地で運動会のお手伝いをしました。「現地へ行き、現地の方の思い・状況を知り、それを周りに伝える」というのがシンプルで、かつすべての支援につながる糸口であると感じております。

これからもスマイルスタッフ一同、現地の学校を応援していきたいと思います。


◆関連情報
東日本大震災における当社の支援内容


学校スマイル応援プロジェクトについて


昨年度の小友小学校 運動会の様子はこちら

日本:パナソニック リスーピア ベトナムで「手づくり乾電池教室」の定着へ エナジー社講師が遠隔授業

20121186.gif
201205311.jpg  エナジーデバイスビジネスユニットは「パナソニック リスーピア ベトナム」において5月27日に開催した第2回「手づくり乾電池教室」を  パナソニックセンター大阪の  HD映像コムシステムを使用し、遠隔授業としてサポートしました。

当日は、事前に募集したベトナム・ハノイ市内の小学校高学年から中学生の生徒19人を対象に遠隔授業を実施しました。20人の保護者の方も授業の様子を見学されました。
第1回目は3月にエナジー社EDBU・PRチーム社員が講師となり、パナソニックセンター大阪と共に授業のサポートを実施しましたが、今回は既に夏休み休暇に入ったベトナムで「子供の日」の企画として2回目を実施したもの。
今後は「パナソニック リスーピア ベトナム」のスタッフが定例企画として実施しているワークショップのプログラムのひとつとして運営、定着化していく予定です。

201205313.jpg生徒達は全員が非常に熱心に授業に参加し、楽しみながら電池について学習。日本からのPRチーム社員講師の授業を直接大画面で受けることができ、とても感激し、また最後にオリジナルの乾電池を完成し豆球が点灯したことを大変喜んでいました。


201205312.jpg参加した生徒からは「とても面白い体験だった。たくさん電池について勉強することができた」「停電の時に、この電池と豆球を使いたい」などの感想をいただきました。

エナジー社は、「手づくり乾電池教室」のグローバル展開として、これまで2007年のパナソニックエナジータイでの開催を皮切りに、イラン、北京、上海で開催。現地会社やショウルームと連携してグローバルにPanasonicのファンづくりの活動として推進しています。

201205315.jpg【お問合せ先】
パナソニック(株) エナジー社 
エナジーデバイスビジネスユニット
コンシューマーリレーショングループ PRチーム
松川・末次まで
TEL :06-6994-4351 / Fax:06-6993-6415

日本: 2012年 日本国際賞 授賞式を開催しました


2012060133.jpg4月25日、国際科学技術財団は、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、2012年(第28回)日本国際賞(ジャパンプライズ)の授賞式を東京の国立劇場にて開催しました。式典には野田内閣総理大臣他、政界、官界、財界、学会並びに在日外国大使など約850人が参加しました。

 「健康、医療」分野では、がん特異的分子を標的とした新しい治療薬を開発した、シカゴ大学のジャネット・ラウリー博士、オレゴン健康科学大学のブライアン・ドラッカー博士とブループリントメディスン社のニコラス・ライドン博士が、また「環境、エネルギー、社会基盤」分野では、世界最高性能ネオジム・鉄・ボロン系永久磁石の開発と省エネルギーへの貢献が高く評価された、インターメタリックス社の佐川眞人博士が受賞しました。

授賞式や受賞者による記念講演の模様は財団ホームページでご覧いただけます。

国際科学技術財団


日本国際賞は、日本政府の国際社会への恩返しの意味で、日本にノーベル賞並みの世界的な賞を作ってはどうかとの構想に、松下幸之助創業者が“畢生の志”のもとに寄付をもって応え、実現したものです。
国際科学技術財団は日本国際賞による顕彰事業のほかに、 若手科学者育成のための研究助成事業や、一般の方々を対象とした”やさしい科学技術セミナー”の開催など科学技術のさらなる発展に貢献するための活動を行っています。
 

社員プロボノチームが「NPO法人 気候ネットワーク」を支援

kiko1.jpg
パナソニックの社員が仕事のスキルや経験を活用してチームを組んでNPOを支援するボランティア活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」の「気候ネットワークチーム」のキックオフ事前ミーティングが2012年5月18日に行われました。

「気候ネットワークチーム」はパナソニックの社員6名で構成され、地球温暖化防止に取り組むNPO法人気候ネットワークの中期計画策定の支援に約6ヶ月間取り組みます。

プロボノ プログラムの新たな支援メニューである中期計画策定は、NPOの事業環境を把握し客観的に分析したうえで、社会課題をめぐるさまざまな外部環境の変化を捉えながら、社会課題の解決に貢献できるよう中長期的な視点で事業計画を検討していくプロジェクトです。

この日は、企画、技術、広報、営業、経理などの職種からなるチームメンバーが初めて顔を合わせ、NPOへの理解、プロジェクトの目的、目標、今後の進め方についてメンバー間で共有しました。

支援先となるNPOは、パナソニックのNPO助成プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」で過去に支援したNPOの中から選定しています。
2012年度は4団体のNPOを社員チームで応援する予定です。

■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラムとは
2011年4月よりスタート。
社員が仕事で培ったスキルや経験をさらに広く社会の中でお役に立てるボランティア活動として、社会課題の解決に取り組むNPOの事業展開力の強化を支援し、NPOの活動がさらに大きな成果をあげることを目指しています。
また、社会課題の解決に取り組むNPO支援の体験を通じて、社員が地球市民としてのイノベーションマインドとスキルを向上することも期待しています。
2011年度は社員14名が参加し、4団体(うち、2団体が社員チーム)のウェブサイト再構築を支援しました。

■関連情報
社員プロボノチームが「NPO法人 エスビューロー」を支援
Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
社員チームが仕事のスキルを活かしてNPO支援
NPOのキャパシティビルディング支援

【ご案内】通信講座で学ぶ!NPOマネジメント 第1期申込締切6月7日

lec02_title.jpg主催:パブリックリソースセンター  協力:パナソニック

NPOのマネジメントについて体系的に学ぶことのできる日本で唯一の通信教育講座です。eラーニングで、忙しい方でも時間や場所に制約なく学ぶことができます。

2009年度の開講より計5回実施し、これまで200名を超えるNPOスタッフ、NPO支援センター、財団、企業の社会貢献担当者にご受講いただいてきました。
好評にお応えし、本年度より年4回開講いたします。4回とも同じ講座です。
毎回先着20名にパナソニックの奨学金制度があります。
2012年度第1期の申し込み締め切りは、2012年6月7日です。

★こんな方におすすめ★
・NPOで働くスタッフ、事務局長、理事の方
・社会貢献・社会的起業・コミュニティビジネスに関心がある方、組織運営を勉強したいと考えている方
・普段は企業で働いているけれど、NPO運営に関心がある、関わってみたいと考えている方

【定員】30名 ※先着順です。

【受講料】2万円
 ※先着20名様にはパナソニックより1人あたり4000円分補助の奨学金制度があります。

【講座概要】
本講座では任意選択した4科目についてインターネットを介したeラーニングシステムを利用して、2種類の課題を提出していただきます。
課題1はテキストで学んだNPOマネジメントの基礎について、各科目10問の問題に答えていただきます。(選択式・記述式)
課題2はケース事例におけるマネジメントの課題や問題点を読み取り、具体的な解決案を考える問題になっています。
講座全体の学習時間は26時間を想定しています。

★選択科目★
ミッション・ベースト・マネジメント、ガバナンス、中期計画、ファンドレイジング、人材開発、財務会計、広報戦略、非営利組織の評価、企業の社会貢献とNPO

【第1期講座スケジュール】
6月14日:テキスト到着
6月25日〜7月8日:課題1の回答期間
7月25日:課題1の返却
7月25日〜8月13日:課題2の回答期間
9月6日:課題2の返却

★講座詳細および第2期以降のスケジュールについては
こちらをご覧ください。

【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 パブリックリソースセンター 事務局 担当:田中
電話:03-5540-6256 FAX:03-5540-1030 eメール: course@public.or.jp
ホームページ:パブリックリソースセンター

【申し込み方法】
★お申し込みは、次の項目を記載して、eメール( course@public.or.jp )でお願いします。
・お名前 ・ご 所属 ・メールアドレス ・住 所 ・日本ファンドレイジング協会認定ポイント希望の有無 

本講座は日本ファンドレイジング協会の認定・準認定ファンドレイザー資格のための認定研修となっています。全行程を終了すると、認定・准認定ファンドレイザーの受験資格※取得に必要なポイントのうち、選択研修について、その全て(15ポイント)を獲得することができますので、ふるってご参加ください。(※受験には別途必修研修の受講が必要です)
★認定・準認定ファンドレイザーの資格取得との関係について★
認定・準認定ファンドレイザーの受験資格取得に必要なポイントの付与をご希望の方は、必ず 申込み時に明示してください。
ポイント付与希望者については、氏名とEメー ルアドレス、講座終了記録が日本ファンドレイジング協会に開示されます。
個人情報は認定ポイント付与や認定ファンドレイザーに関するご案内に使用されます。
認定ファンドレイザーの資格取得の流れについて詳しくはこちらをご覧ください。

■関連情報
NPOマネジメント講座
NPOのキャパシティビルディング支援
Panasonic NPOサポート ファンド
組織診断助成とは


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年5月 アーカイブ