Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

インド:農村部の職業訓練校にライフイノベーションコンテナを提供

2012042720.jpgインドの非営利団体で質の高い教育を全ての層に広めることを目的としているEveronn IndiaFoundation(EIF)に、太陽光発電による独立型電源ソリューション「ライフイノベーションコンテナ」を寄贈しました。
寄贈したライフイノベーションコンテナはタミルナドゥ州政府が運営する職業訓練校に設置され、衛星を使った遠隔訓練プログラムの提供などに活用されます。この取り組みは、州政府・非営利組織・当社の三者のパートナーシップにより実現しました。
4月17日にはチェンナイ近郊の準農村地域にある同職業訓練校にてプレスイベントを実施し、多くのメディア関係者が集まりました。
2012042721.jpg

冒頭の挨拶でパナソニックインドの伊東社長は、「パナソニックは世界中で政府・NGOとの協業を通じて持続可能な社会の実現に貢献すべく尽力しており、今回の協業を非常に嬉しく思う」と述べ、グローバルで持続可能な社会の実現に向けて活動する姿勢を示していました。

2012042722.jpg

続いてEveronn SkillsのThimmya CEOからは、「ライフイノベーションコンテナは、機会に恵まれない人々へ質の高い教育を提供するという私たちの活動をより強固にするものだ」として、今回の寄贈に関して感謝の言葉が述べられました。
今回ライフイノベーションコンテナが設置されたのはチェンナイから約30kmの郊外農村部にあるSIPCOT Training Centerという職業訓練校で、女性の自立支援を目的に就業能力開発を行っています。

2012042723.jpgライフイノベーションコンテナ

とあわせて、プラズマテレビ、プロジェクター、ノートPCを寄贈しました。EIFはこれらを活用して衛星教育システムによる職業訓練プログラムを同施設で提供していきます。

2012042724.jpg

インドでは電力供給が不足している地域が多く、今回の寄贈は官民パートナーシップによる再生可能エネルギーを活用した能力開発支援という、持続可能な地域開発のモデルケースとなる取り組みになりました。

2012042725.jpg

日本:春休み電池教室を開催

20121186.gif

 

 

 

 

 

2012042621.jpg

3月29日(木曜日)にエナジー社(大阪府守口市)のエナジーホールで、パナソニックキッズスクール「春休み電池教室」を開催、57名の親子に参加していただきました。

エナジー社の紹介の後、電池の用途や種類、歴史などをクイズ形式で楽しく学習。カエルが電池の原理だと知って子供たちは驚きの様子でした。またエボルタくんがチャレンジしたハワイの「トライアスロン」のCMも紹介しました。

手づくり乾電池教室

        2012042618.jpg2012042619.jpg

真剣な表情で電池づくりに挑戦、最後はオリジナルのラベルシールを貼って完成させました。全員無事に点灯し、点灯式では大きな拍手と歓声が上がりました。

  2012042620.jpg

 

電池ものしり○×クイズでは、正しい使い方や電池に関する豆知識について学習。ショウルームでは、パソコンゲームなどで楽しく電池について勉強してもらいました。
参加者からは「電池のことがよくわかり、いい勉強になりました」「また電池を作りたい」などの声がありました。

       2912942616.jpg2012042622.jpg

 

日本:春休み電池教室In 科学技術館で開催

20121186.gif

 

 

 

 

 

 

2012042614.jpg

4月4日(水曜日)、大阪技術科学館にて、「春休み電池教室」を開催、総勢約71名の親子に参加していただきました。
電池の学習や、電池ものしり○×クイズ、じゃがいも実験など、まずは電池の基礎学習からスタートです。

                       2012042615.jpg

手づくり乾電池教室
電池 の基礎勉強をした後は、自分達の手でひとつひとつ部品を組み立て世界に一つの電池作りにchalleng!! まずは、電池が完成した後に巻きつけるラベルシールに絵を描いてから電池づくりをスタート。

                      2012042611.jpg

参加者から、「電池の知らないことがたくさん知れて良かった!」、「クイズをしながら楽しく勉強ができて良かった!」、「外国の電池を初めて見て感動した!」など、喜びの声をたくさんいただきました。

  2012042613.jpg     

日本:第1回 科学の甲子園全国大会で総合競技にエボルタを提供

 

201204264.jpg独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の主催する第1回 科学の甲子園全国大会が、3月24日〜26日、兵庫県立総合体育館で開催されました。この大会は、科学好きの裾野を広げるとともに、トップ層のさらなる学力伸長を目的として、2011年度に創設されたものです。当社は、本大会が科学技術立国を目指す 日本の次世代を育成することにつながり、当社の目指す方向性と合致することから、企業協働パートナーとして本大会に協賛しました。

大会では、各都道府県の選考を経て選抜された全国48チーム、363名の高校生たちが、学校対抗で科学の知識・技能を競い合いました。筆記競技、実験競技、総合競技の得点を合算した総合成績の結果、埼玉県立浦和高等学校のチームが優勝、滋賀県立膳所高等学校のチームが第2位、愛知県立岡崎高等学校のチームが第3位となりました。

クリップモーターカーを製作しタイムレースを行う総合競技では、当社が単三のアルカリ乾電池エボルタを提供。レースで優勝した滋賀県立膳所高等学校のチームにパナソニック賞が贈られました。

科学の甲子園全国大会が、今後、産業界と教育界をつなぐ場としての役割を果たし、科学技術系人材育成の新たな場となることが期待されます。当社は、本大会への協賛を含む様々な取組みを通じて、 科学技術立国日本を担う次世代の育成を引き続き支援していきます。
20120425.jpg

日本:パナソニックセンター大阪でハイブリッドカー工作教室を実施

20121186.gif

 

 

 

 

 

 

               201204267.jpg         

 3月4日(日) パナソニックセンター大阪「ハイブリッドカー工作教室」を開催しました。 
前半の工作ではハイブリッドカー模型が、走行状況に合わせて「太陽光発電」と「乾電池」の2つのエネルギーを上手に切り替えて走ることを学んでもらいました。  

               201204269.jpg

           

また、後半はスマートシティのジオラマを使い、「太陽光発電」や「蓄電」の仕組み、そしてエネルギーを上手に使う「街のくらし」について説明を行い、自分達がつくったハイブリッドカーをスマートシティで実際に走らせることで楽しみながら理解を深めてもらいました。
スマートシティの説明は保護者の関心も高く、お子様に交じってジオラマを囲み、MCの説明に聞き入る方々も多くみられました。

                  2012042610.jpg

 


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年4月 アーカイブ