Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:Panasonic NPOサポート ファンド for アフリカ 2011年報告会 & 2012年贈呈式を開催

2012年1月25日に「Panasonic NPOサポート ファンド for アフリカ」の2011年助成団体の報告会、2012年助成する団体の贈呈式を開催しましたので、ご紹介します。

パナソニックでは、2010年にアフリカ諸国への支援を通じてグローバル企業としての責務を果たし、国際社会の公約である国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けた一助とすべく、日本の民間助成制度では初のアフリカを対象とした本ファンドを立ち上げ、広報基盤に特化した助成をしています。

all.jpg

2011年助成した3団体からは、それぞれに取組んだ内容を発表しました。

京都に拠点を置きコンゴ民主共和国やウガンダで活動するテラ・ルネッサンスは、今回の助成により外部の専門機関でWEBサイトについて学ぶことが出来、サイトのユニークユーザー数、そして団体が期待していたキーワード「子ども兵士」の検索での訪問数が大幅にアップしたこと。さらに、これまで一人であった広報担当を3名に増員することが出来た結果、情報発信の頻度が改善され、大口寄付を受け取ることにも成功したと発表しました。

その他、アフリカ地域開発市民の会(CanDo)は、電子ブックを発行することで広い範囲で読むことが出来る、閲覧数が上がった、アフリカについての関心が高まる、と成果があり、「土のう袋」を用いて道作りを展開する道普請人では、一般の方を対象とした活動報告会を実施できたと発表しました。


2012年の助成団体は、下記5団体となります。

特定非営利活動法ADRA Japan 「フォトボイスを通じて住民の声を聞く活動」

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン 「モバイルアプリの開発」

・ 特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス(継続助成2年目) 「ウェブサイト映像コンテンツの充実化」

特定非営利活動法人道普請人(継続助成2年目) 「土のう袋を活用しケニアの人々の声を届ける活動」

特定非営利活動法人ロシナンテス 「小中学生への活動紹介DVD作成」

各団体の活動や、アフリカ諸国の現地の状況を多くの人に広くお伝えして理解を深めていただく広報活動の継続的な展開は、会員・支援者の拡大、さらには財源の強化などに繋がり、経営基盤強化に資するものになると考えます。

弊社では、今後も本助成を継続して参ります。

2012年助成団体先の活動

adra.jpg

ADRA Japanは、南スーダンとジンバブエで活動を行っており、今回の申請では現地住民自らが写真を媒体に情報を発信する「フォトボイス」を通じ、現地の紹介を行ったり、写真をもとにコミュニティ内の問題や課題を認識する住民同士の話合いの場を設ける。

care.jpg

ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向けて、アフリカなどにおいて、災害時の人道支援を行うとともに「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、人々の自立をサポートを行っているが、団体の会員の高齢化という課題を優先的にとらえ、アフリカに高い関心を寄せる若い世代にリーチ出来る広報チャネルの確立を目的に、スマートフォン市場に着目しモバイルアプリを制作する。

terra.jpg

テラ・ルネッサンスは、コンゴ民主共和国及びウガンダにおいて、紛争被害者や社会的弱者のエンパワーメントプロジェクト、元子ども兵社会復帰支援、小型武器不法取引規制キャンペーンを行っている。両国が抱える課題などについて映像を通じて紹介し、「次世代への責任」を一人ひとりの市民に認識していただくこと、そして新規会員の獲得、会員の定着化、さらに安定的な財源の確保に取組む。

michibusin.jpg

道普請人の活動は、日本の「普請」という精神と「土のう」という技術が、アフリカの人々の暮らしに豊かさと、持続的な発展につながるという気づきを与えるユニークなものである。日本とアフリカの「違い」ではなく、子ども達や日常生活など「共通点」に焦点をあて、アフリカに暮らす人々の声をより多くの方に直接届けることが重要との視点に立ち、ビデオレターを用いた発信で、アフリカに親しみを感じてもらい、理解促進を図る。

rosinantes.jpg

ロシナンテスでは、アフリカが抱える問題は大きく、大人世代だけで解決できるものではないとの考えに立ち、次なる世代である子ども達がアフリカの現状を知るための機会として、団体の活動状況やスーダンの人々の日常生活を収めたDVDを作成する。単にDVDを制作するだけでなく、それを小中学校での講演会につなげることまでを目的としている。                                                  撮影:内藤順司

日本:「出前授業〜エコモノ語」社員の活動取り組みを紹介

20121186.gif20121181.gif

         

          201201232.jpgのサムネール画像

 

当社が出前授業を開始したのは2008年。

単発のイベントとして終わらないよう、工業生産の流れを学ぶ5年生の社会科単元と連動させた教育支援プログラム「エコモノ語」を開発し、現在ではパナソニックグループ社員65名が全国約200校の教壇に立ち、子ども達に工業製品の生産に関わる人々のエコへの思い、仕事への誇りについて伝えています。

     201201221.jpg  201201233.jpg

        ◆取材を受ける子ども達                    ◆教壇に立つ社員

この取り組みが読売新聞「教育ルネッサンス 企業が狙う」の3回目で紹介されました。是非この機会にご覧下さい。

 

◆読売新聞 教育ルネッサンス 「企業が狙う」 掲載記事はこちら

読売新聞のwebサイト「ヨミウリオンライン」はこちら
 

 

 

群馬県でNPO支援の講演とワークショップを開催

gunma1.jpg群馬県庁昭和庁舎で1月18日、NPO・ボランティアサロンぐんま主催の「中間支援組織支援力強化事業2012 NPO支援のための連続講座 第1弾」が開催され、群馬県内各地のNPO支援センターやNPOのスタッフら28名が参加しました。
同サロンから依頼を受けたパナソニックの金村が講師を担当し、NPOのキャパシティビルディングについての講演とワークショップを行いました。

はじめに、2001年設立以来一貫してNPOのキャパシティビルディングを支援してきた「Panasonic NPOサポート ファンド」を事例として、キャパシティビルディングの重要性と課題についてお話した後、「キャパシティビルディングのための中期計画骨子作成」をテーマにワークショップを行いました。

gunma2.jpgワークショップ終了後の交流会でも、キャパシティビルディングやNPO支援についての質疑や情報交換が活発に行われました。

■参加者感想
 ・キャパシティビルディングはNPO支援の有効な手段だと思った
 ・キャパシティビルディング助成が他にも増加することを期待する
 ・ワークショップを通して、活動の課題や目標が明確になった
 ・課題を深く見つめることの必要性を感じた
 ・多様な意見、第三者視点の大切さがわかった

■関連情報
NPOのキャパシティビルディング支援
Panasonic NPOサポート ファンド

NPO・ボランティアサロンぐんま

中国:様々な環境活動を実施

201201173.jpg

<1>11月27日、杭州のパナソニック6社が清泰実験学校の先生、子どもたちと一緒に杭州植物園で環境活動を行いました。往復の交通手段に「ハイブリット車」を使い、在杭州6社の社員がハイブリット車の原理や運転するメリットを説明しました。

子どもたちはそれを聞いて、環境保護のためにとても良いことだと感想を言い合っていました。

次にみんなで環境保護をテーマにした絵を10メートルの横断幕に描きました。また子どもたちは緑の小さな環境大使となって、積極的に植物園に来ている観光客に環境知識を伝え、環境のためのライフスタイルについて話をしました。

その中で、子どもたちが作成した「環境保護保証書」を読んで、サインした観光客も大勢いいました。
この活動の中で、三つの優秀チームが選ばれ、パナソニックHA杭州(有)(PHAH)木嶋総経理は優秀チームの代表にトロフィーを授与しました。

学生たちも自分が描いた「最後の水は涙にならないように」という絵を木嶋総経理に送りました。最後は「明日はもっと美しくなる」という歌を歌って、環境保護活動を終えました。この歌で「皆の努力で、地球はもっと美しく、素晴らしくなる」という気持ちを表しました。

201201176.jpg

<2>生物多様性保護に貢献し、会社に美しく快い環境を作り、会社のイメージをアップする事で、
パナソニックエレクトロニックデバイス江門(有)<PEDJM>ではガーデニング委員会を設置し、ロビー玄関前に様々な草木でお庭を作ることにしました。

総費用は15,000元(約18万円)で、10月19日にツツジ、ヒマワリ、コノテガシワ等総710本を植えました。 ガーデニング委員会の中で担当者を決めて毎日水やりをしています。今回の活動を通じて社員の環境意識を高めて、環境保護活動をやり続ける事で、地域の生物多様性保全にさらに貢献をしていきます。

20120114.jpg

イギリス:欧州地球市民活動支援プログラム活動レポート

 

20120117.jpg2009年から欧州で展開している「パナソニック地球市民活動支援プログラム」は、社員が行うボランティア活動や市民活動を資金支援するものです。
今回はイギリスでの活動事例を紹介します。

20121172.jpg

パナソニックUKのPrattさんはファースト・エンブルック・スカウトグループに5年間所属し、会計担当として活動しています。

ファースト・エンブルック・スカウトはワールドワイド・スカウト連盟の一員として90名の8-14才から構成される団体で、今回パナソニック地球市民活動支援プログラムの支援により、ハンモックとテントを購入しました。

スカウトの子どもたちは夏の間ハンモックとテントを活用し、森でキャンプを行っていますが、新たなテントとハンモックにより、彼らの活動がより活発で有意義なものになりました。

 


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2012年1月 アーカイブ