Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)鈴木一也さんが  「第3回 ファウストA.G.アワード2011」W受賞

英語ブログ

日本:パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)鈴木一也さんが  「第3回 ファウストA.G.アワード2011」W受賞

2011121610.jpg「第3回ファウストA.G.アワード2011」授賞式・記者発表は、12月5日に行われ、会場には、テレビ・雑誌・新聞・WEB各メディアから多くの報道陣が詰め掛けました。
パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)鈴木一也さんは、休日にライフセービング活動やオーシャンアスリートとして活躍している経験を生かし、東日本大震災後、台湾から多額の義援金が寄せられたことに感謝の気持ちを伝えるために、発起人となって「日台黒潮泳断チャレンジ」を企画。震災義援金の御礼を台湾へ仲間と一緒にリレー方式で泳いで伝えたことが評価され、「ファウスト社会貢献活動賞」にノミネートされており、表彰式に出席しました。
 

     2011121611.jpg 2011121612.jpg

表彰式では、主催者の堀主知ロバート氏が挨拶。続いて、各賞の表彰とスピーチが行われました。鈴木さんはじめ、パリダカ日本人初の総合優勝の篠塚建次郎氏、北極冒険家・荻田泰永氏、フリークライマーのアラン・ローベル氏らが各賞を受賞。元F1レーサーの片山右京氏より記念品が手渡されました。
鈴木さんは「この晴れの舞台は私一人だけで立つべきではなく、一緒に泳いでくれた仲間やサポートしてくれたクルー、国内外からご支援いただいた皆さん、温かく受け入れていただいた台湾の皆さんこそ、この場にふさわしいと思っています。日本と台湾が非常に友好的な関係にあり、困ったときに助け合った思いが次の世代に伝わっていくことを願っています。スポーツというプロセスを通して、私たちも架け橋の一助になることができれば、とても嬉しいです。」と喜びを語りました。

 

この模様は、国内外の新聞・雑誌で掲載されました。
鈴木さん、W受賞おめでとうございます!

       
本年度、世界最高の冒険者は鈴木一也!
日台黒潮泳断プロジェクト参画の鈴木一也さん、無事台湾に(e−PMCニュース)


ページの先頭へ