Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ビジネススキルを生かしたNPO支援「プロボノ」の報告会を開催

英語ブログ

ビジネススキルを生かしたNPO支援「プロボノ」の報告会を開催

pro1.JPG 社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動であるプロボノ プログラムの報告会「プロボノ フォーラム OSAKA 2011」を11月23日に大阪で特定非営利活動法人サービスグラントと開催。
企業人やNPO関係者など120人が参加しました。

「プロボノ」とは、ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Publico)」に由来する言葉で、“専門的なスキルや経験をいかしたボランティア活動”を意味します。企業人ボランティアは、企画、開発、営業、マーケティング、広報など、日ごろの仕事で使っているスキルやノウハウを活かして、社会課題の解決に取り組むNPOがより発展することを支援します。

当社は、2011年4月末より社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。本年は14名の社員がボランティアとして参加し、NPOの情報発信の強化に、週5時間程度、約6ヶ月間、チームを組んで取り組み、支援している4団体へウェブサイトのリニューアル等の成果物を納品します。

prb2.JPG本フォーラムは、大阪で初めて展開されたプロボノプログラムを中心に、プロボノ参加者の生の声や、支援先NPOから見たプロボノの魅力、多面的な視点からのプロボノの可能性について、トークセッションを中心に行いました。

第一部では、今年度のプロボノのプログラムについての報告と、実際にNPO支援に取り組んだボランティアによるトークセッションが行われ、「社会課題の解決に取り組むNPOの現場の人と話し合い、自ら支援することを通じて、自分の視野が広がった。また、ひとつの目的に向かって取り組む仲間ができた。この半年で社会をより身近に感じ、学ぶことがたくさんあった。ぜひ多くの方にチャレンジしてほしい」と、プロボノの魅力が語られました。

第二部ではプロボノ支援を受けた6団体が活動を振り返り、「自分たちの活動はもちろんのこと、ステークホルダーへのヒアリング等を丁寧に行ってもらい、自分たちのことを親身になって一緒に考えてくれたその真剣さに自分たちが勇気づけられた。企業人のノウハウや、第三者の多様な視点が入ったことで多くの気づき、学びがあり、得るものが多かった」と感想が語られました。

最後のトークセッションでは、中国や被災地でのプロボノ活動の紹介や、プロボノのさらなる可能性について語り合いました。当社の社会貢献担当者も参加し、今後に向けて、「NPOへの支援メニューを増やし、一人でも多くの社員に社会課題に取り組むNPOの現場を体感し、自ら動くことで社会に変化を起こす機会を提供していきたい」と締めくくりました。

prb3.JPGトークセッションの後の交流会では、プロボノをキーワードに参加者間で情報交換やネットワークづくりを熱心に行っている姿が見られました。

◆関連情報
Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
プロボノプログラム 4団体への中間提案を実施

NPOのキャパシティビルディング支援



ページの先頭へ