Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 中国:「Panasonic環境小衛士ECO学院」が「第26回全国青少年科学技術革新コンクール」で受賞

英語ブログ

中国:「Panasonic環境小衛士ECO学院」が「第26回全国青少年科学技術革新コンクール」で受賞

 

093012.jpg「第26回全国青少年科学技術革新コンクール」が、2011年8月1〜7日 内モンゴル自治区・フフホト市で行われ、パナソニックグループ上海地区7社が浦東新区青少年活動センターと連携して実施してきた子ども環境教育啓発活動「パナソニック環境小衛士ECO学院」は、同コンクールで「青少年科学技術実践活動 一等賞」に選出されました。

青少年科学技術実践活動の受賞団体は合計350チームで、うち、1等賞は53チーム、2等賞は123チーム、3等賞は174チームです。一等を受賞した53チームの中、パナソニックグループは唯一環境教育を実施している外資企業です。  

8月3〜7日にパナソニック国際商事上海(有)(PITSH)企画部の唐敏係長が代表として、浦東新区青少年活動センターの陳棟先生と共に同コンクールの現場活動に参加しました。PITSHの唐さんによりますと、今回の受賞で社会各界から当社の子ども環境教育活動への関心と積極的な反響が感じられ、また大切な経験も積み重ねることができたとのことです。093013.jpg


パナソニックグループ上海地区7社による「Panasonic環境小衛士ECO学院」を通じ、2009年12月から2010年度末にかけてすでに上海地区60校 1万人強の小学生を対象に子ども環境教育活動を実施しました。

今回の受賞はパナソニック上海7社13名の活動メンバーにとって、大変励みとなりました。毎回の活動で子供たちの積極的な反応を見たり、真剣に学ぶ姿を見て、環境教育は子どもの時から実施することの大切さを痛感すると共に、これも「企業は社会の公器である」という当社経営理念の反映であり、まさに社会と会社が我々に与えた使命であると感じました。


10年間の子ども環境教育プロジェクトは、まだほんの一歩を踏み出したばかりで、今後たゆまなく努力して、事業の持続可能な発展と人類の生活向上に必要不可欠な美しい環境に貢献したいというのが、メンバーの気持ちです。

 


ページの先頭へ