Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ロシア:政府が開催する「Seliger Forum」でエコ啓発

英語ブログ

ロシア:政府が開催する「Seliger Forum」でエコ啓発

 
ro081.jpgパナソニック ロシア(PRA)は、ロシア連邦政府青年局が主催する「Seliger Forum」において、エコ啓発活動を実施しました。「Seliger Forum(セリゲール フォーラム)」はロシア政府の青年局が開催しているキャンプ方式のフォーラムで、16才〜24才の若者を対象に、毎週、「政治」「起業」「報道」といったテーマを決め、将来その分野をリードする人材の育成を目的に行っています
 
参加者は1週間、テントでのグループ生活を送り、セミナーやグループ討議などを通じて将来の目標達成に向けた学習をします。今年は、7月1日〜82日の期間に、約2万人の若者が参加して行われました
 
PRAは昨年11月に実施した「エコアイディア宣言」において、次世代育成支援をテーマに子どもたちへの啓蒙活動を中期的なエコ活動の柱にすると表明する中、ロシア青年局の理念に共感し、パートナーとなることを発表。
早速、今年の「Seliger Forum」に参加し、717日〜24日に行われた「Eco WeekのメインパートナーとしてPRA社員によるエコセミナーの開催(10回延べ400人の若者が参加)、最優秀エコプロジェクトの表彰、キャンプ敷地内でのエコ活動推進を行いました。
エコプロジェクトとは、フォーラム開催前に「Eco Week」参加者からエコ活動のプロジェクト計画を募集し、優れたプロジェクトを表彰し、実現のための支援を行うもの。
 
今回は、応募のあった40件の中から、3件を優秀プロジェクトとして選びました。 エコ活動は723日に行われ、参加者全員がフォーラム会場付近の森でゴミ拾い、集めたゴミの量が多かった上位20人には、PRAから賞品を贈呈しました。
 
PRAはこうした表彰式において、ロシアの将来を担う若者の、エコに対する理解と実践が何よりも重要だと訴え、その理解と実践をパナソニックがサポートすると明言しました
 
 
ro082.jpg

ページの先頭へ