Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本の2010年度表彰式を開催

英語ブログ

キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本の2010年度表彰式を開催

kwn1.jpg 長野県松本市の中学校が最優秀作品賞を受賞

2月26日、「2010年度キッド・ウイットネス・ニュース(KWN)」の日本表彰式が、応援、保護者、プレス関係者含め約120名が見守る中、パナソニックセンター東京(有明)で開催されました。

今回この模様は、同時にパナソニックチャンネルで初めてライブ中継されました。

kwn4.jpg今年度は、日本全国から小・中学校83校が参加し、厳正な審査の結果、8作品の部門賞と7作品の佳作が選出され、さらにその中から長野県松本市立奈川中学校が制作した「水底の記念写真」が最優秀作品賞に選ばれました。奈川中学校は初参加、初受賞となります。

キッド・ウイットネス・ニュース(KWN)は、パナソニックが1989年にアメリカで始めた教育支援プログラムで、現在では、世界26の国と地域で年間約1万人の子どもたちが参加しています。
ビデオ撮影機材と制作ノウハウを提供し、子どもたち自らが自由な発想で映像制作に取り組むことを通じて、創造性やコミュニケーション能力を高め、チームワークを養うことを目的としています。 プログラムは、国・地域ごとに運営されており、日本では2003年より始まりました。

今回、最優秀作品賞を受賞した「水底の記念写真」は、奈川渡ダム開発の為に、今は水底に沈んだ旧奈川村の水没地出身者の方々への取材や水没直前に撮られた最後の記念写真を収めたアルバムとの出会いを通し、郷土にあるダムの歴史と、たくさんの人の思いを訴えた作品です。今まで意識することのなかったほど身近であったダムや湖について考え、そのダムで発電され普段何気なく使っていた電気の大切さに気付くといった内容になっています。
本作品は、7月に開催される「KWNグローバルコンテスト2011」の審査に日本代表としてエントリーされました。

入賞作品つきましては下記のサイトよりご覧頂くことができます。

キッド・ウイットネス・ニュース日本 ホームページ
入賞作品紹介ページ
動画レポート「審査会・表彰式」
キッド・ウイットネス・ニュース グローバル ホームページ


ページの先頭へ